No.0477「ツールドニッポン2003に関するお知らせ」- Organisation Voice 2002/12/28

ツールドニッポン2003追加募集のご案内

12月25日をプレエントリーの締め切りとしておりましたが、予定の参加最低人員60名に申し込みが達しなかったため、さらに追加して1ヶ月間、申し込み期限を延期することといたしました。早々に申し込みをされた皆様には大変申し訳ありませんが、かかる事情をお汲み取りください。また参加を検討されて時間切れで断念された皆様、またそうでないみなさんもこの機会にぜひお申し込みください。

SSER ORGANISATION
山田 徹

2002年最後のOVをお届けいたします。いろいろな出来事があった2002年も残すところあとわずか、となりました。振り返ってみると2002年はパリダカから始まりました。例によって忙しい合間をぬっての参戦だったので、マイナートラブルだらけで、闘わずして「何とか完走!」でした。毎日いっしょに走った片山右京さんが2003年も出場してるんで応援!!また菅原さんはもちろんのこと、ゼッケン15をゲットした、三橋ジュン!昨年は毎日ビバークで世間話に花を咲かせたものでした。菅原さんのガレージと、アシスタンスのシステムをフルに活用してる彼は、僕の予想だと総合4位!メカが良い上に、さらに近くにカイザーっていう、もう一枚すごいメカがいるわけです!トラブルがない限りこれは保証します。

もう一人、佐野新世君。5年計画の一年目で、日本ではガストンが浜岡砂丘でコーチし、オランダの砂浜でもみっちり走りこんでます。あー、やっぱパリダカ行くんだった。僕だってフランストヨタから「ワークスマシンに乗らないか」ってオファーがあったんだい。ただしお金は払わなくちゃいけないんだけど。お金をもらって乗るのとお金を払って乗るのとの差は、とても大きいねえ。

で、MITUBISHIはまあ増岡が頑張る!問題はNISSAN!移籍の篠塚、4輪最多優勝のアリ・バタネン!そして昨年の屈辱に燃えるヒールのシュレッサー、エンジンでルノーともめて、違うエンジン!まず間違いなくトラブル。僕の予想だと増岡の順当勝かなあ、だって NISSANはそれはマシントラブルばっかだったからなあ。どこまで対策をしたか?あとね、ペテランセル!MITUBISHIだってことじゃない!MITUBISHIの 1-2の確率 60%かなあ。パリダカトトカルチョでもやりますかねえ!新春の第1号のメールマガジンとHPをご期待ください!!

 ところで40人ほどのエントリーで、プレエントリーの受付を締め切ったTDN2003SW!ちょっと待って!って1月25日まで受付延期。昨年不評だった点は、クリアに次ぐクリア!もうフラットダート走り三昧!の予定。どうですか、奄美でお会いしませんか。先を急ぎつづけた第一回大会。たっぷりと伸びやかに走る!第2回。どうかご参加を今からでもご検討ください。

 新春にはミニ・ハブ酒と奄美産黒糖焼酎などが当たる(当選確率高し!)クイズ大会をしますので、お見逃しなくね。

 それから、2003年はSSERはマンスリーキャンプをします!1月から始まります!参加自由、集合時間も解散時間もない、フリーなキャンプをすることの大予告を最後に今年最後のメルマガを、終了。どうかご家族様ともども良いお年をお迎えください。


OVバックナンバー

No.0476 – Organisation Voice 2002/12/26

奄美から帰ってきました。20度からいきなり吹雪の九州を走り、大揺れの時化のフェリーに揺られながら松山に帰り着きました。それにしてもなんと日本の広いことでしょう。短パンにTシャツの奄美と、日本本土の驚くべき気候の違い、同行のモンゴル人ムッホ君もビックリ!でした。それにしても奄美のダート、この機会にぜひお試しください、エントリー数が定員割れしており追加募集を開始いたしました。試行錯誤の第一回をばねに大きく変わろうとする第二回大会、どうしても皆さんの参加が必要なのです。今日の写真は奄美のレポートです。

また新春プレゼントに奄美の黒糖焼酎やハブ酒、バナナの皮でできたノートなどを買ってきました。プレゼントクイズは近日中にね。

きょうの一枚
奄美編 (解説は上から)

その1.
これは、東シナ海に面した小さな湾。人影はなく静謐そのもの。水は美しく温かいです。

その2
試走用の車両のカップホルダーには、黄色のハイビスカスとゴーヤ茶というトリッキーな組み合わせ。この季節でもハイビスカスはいっぱい咲いています。ブーゲンビリアは少なかったんですが、驚いたのはポインセチアの木、クリスマスを彩るあのポインセチアはなんとトロピカルな木だったとは。

その3
デイゴの木、です。TDNの季節には咲き乱れていることでしょう。また野鳥の数、美しくめずらしい蝶の乱舞も楽しめることでしょう。

その4
こうしたジュラシックな大シダが、ゴジラのロケ地だっいたことを思わせますねえ、美しい林道にたくさん生えてます。ジャングルの中を走る!とても素敵な感覚に包まれます。


OVバックナンバー

No.0475「奄美のクロウサギvsマングース」- Organisation Voice 2002/12/25

なんてタイトルで書き出したら、「なんだ?」とお思いでしょうか。実はイマ奄美におります。奄美はすごいです。本当にすごいです。なにがってオフロードパラダイス。われわれ試走の2日間、どんなに朝早くから繰り出しても決まってダートの中で日没を迎えます。そんな奄美ステージは、なんと90KMのダートがあります。第1回のツールドニッポンの1日当りの最長ダートディスタンスを、あっさりと更新してしまいました。

それにしてもなんとも濃厚な奄美のダート比率。フラットですばらしいダート群、ゴジラの撮影現場で有名な金作原、はどうしても体感していただきたいスンゴイエリア。30KMの長さのある奄美中央林道は、国内屈指!2日くらい前から奄美入りして、マングローブの森のカヌークルーズ、ダイビングもおすすめ。そしてスタートしたらダート三昧、いよいよです。TDN2nd.クロウサギのお話はまた今度。


OVバックナンバー

No.0474 – Organisation Voice 2002/12/18

みなさん!年の瀬も押し詰まってまいりました。こうしてる間にもフランスはルマンで菅原さんたちは、パリダカのスタート準備に余念がないことでしょう。なんともうらやましい。今年で21回連続出場ということは、すくなくとも21年間は日本の年の瀬と、お正月を知らないんですねえ、信じられますか?その菅原さんのガレージは、ルマンからミュルサンヌの直線を全開で駆け抜けて、そのあと5分くらいのところにあります。テロシュという静かな村です。夏場は、ルマン24時間で賑わい日本人の有名なポルシェ・チームにガレージを貸しています。大きなガレージは、カミオンを3台入れても作業ができるくらいに大きくて、設備も充実しています。「ここまでやらなきゃ勝てないんだろう!」と思いマスねえ。とにかくこの時期に、頭は競技に向けてフル活動しているのはいいことです。競技者としての生活は、体の細胞の隅々まで、規律が整い、おそろしく活性化されるわけです。

常に競技者としての生活をしたいと思ってスタートした、グローブコンペティションという僕の会社も、その前身から数えれば、もうじき20年を迎えようています。時間というのは、こうして誰の頭上にも非情な重みで、自らの成したことを時には厳しく嘲笑しているかのごとくです。「おーい、20年の年月を、おまえは結果を残しているのかい?」と。みなさんはどうですか。来年こそがんばろうと、フランスに行かなかった時はいつもそう思う、年の瀬でした。


OVバックナンバー

No.0473 – Organisation Voice 2002/12/09

世界は、どうなるのか?」最近の最大の悩みというか関心事である。ひとり勝ちだったアメリカ経済は、すごいことになっているようだし、「戦争でもしなきゃ」気分であることは間違いない。まあ、その前に日本はどうするのか、ということである。未曾有の国難というか経済破綻にあって、国民がその実感を果たして持っているのか?ということも重要だと思う。

国家をひとつの家庭としましょうか。Jさんのおうちでは、お父さんの年収の13倍近い借金を作ってる(これは13年度税収47.9兆円に対して、国債発行残高 627兆円、つまり 13倍!ちょっと数字はウル覚えでごめんね!)なのにお母さんはまだ「やっぱシャネルかしら、そうそう今年はベンツも買わなきゃあ、0.9%だしね」とやってる姿なのですだ。つまりお父さんの年収 1000万円に対して借金が1億3千万円もあるんですねえ。しかも、もうお父さんの年収はもう増えないどころか、リストラのリスト(ダジャレ)の上位にランクされているってのに。

それでもお母さんは「うちの人は結構こう見えても優秀なの、今度取締役になるかも」とか思ってるわけで。「ナントカが先進 7カ国の最下位にランクされてる」って聞いてもも「へんねえ」って済ませてる。いや興味がない。この状況を見れば、これよりひどい状況の企業なんて、そんなに存在しないのではないか!と思う今日この頃である。

21世紀初頭の世界は、さまざまなことが、変化とか変革という緩やかな表現では諮れないほどに、激しく動いてる。それは「衝撃的」なんて言葉も、普通の常套句になってしまってるほどだ。

僕たちはこれから、何を考え、どう行動するのか。

20世紀を生き、21世紀を生きる僕たちの、使命はなんだろうか。とにかく旅に出て考えて見ようかねえ。というわけで、結論はSSER-TOURS!アメリカ経済が破綻して、強烈な円高が早いか。日本の国債格付けがどん底まで落ちて超高金利時代でもって、強烈な円安が早いか。いずれにしても先行きは、たいしたことないぞ。


OVバックナンバー

No.0472 – Organisation Voice 2002/12/06

その朝、新聞を読みながら僕は叫んだ「タマちゃんだとォー!?」今年の流行語大賞である。もうひとつが「ワールドカップ」で、まったくなあ!って感じ。で、だいたい流行語なんてモンに大賞をつけてるのは、「現代用語の基礎知識」の販促じゃなかったのか。だから「該当ナシ」なんてできないんだろうなあ。

おそらく、よく使われた言葉や、時代を反映した言葉が選ばれるんだろうけど。タマちゃんは、広い意味では地球環境の異変を行ってるんだろうか?と思っていると、愛媛県大洲市の肱川にサケが、登って来た、と言っても1匹だけど。ワールドカップは、世界の中の日本、というポジショニングに着目したわけだ。しかも受賞者は中津江村だそうで、もうこれは歳末恒例のジョーク大会だったのかもしれない。それはそれでいい。その他のノミネートの流行語を見ても、時代が十分読み取れないなあ、などと考えていたら、実はこの一年は5ヶ月近く日本にいなかったということを思い出した。僕の選ぶ世界の流行語は、なんといっても「悪の枢軸」なんですが、日本じゃノミネートされなかったか、やっぱり。日本人はイマ「タマちゃん」とか何とかいって迫り来る危機から逃避してるんじゃないでしょうなあ。


OVバックナンバー

No.0471 – Organisation Voice 2002/12/04

つらいことの多かった2002年もあと一月を切ってしまいましたね。JRMの菅原さんたちは12月5日の飛行機でフランスへ向けて出発!いよいよ2003年のダカールです。サポートのカミオンのドライバーは、モンゴルのバイラーさんが務めます。で、サポートカーのドライバーはラリーレイドモンゴルで活躍の近藤聡子さん!モンゴルで菅原さんのパイロット(ホンダ)のメカニックを務めた、ドイツ人のカイザーさんもメカとして昨年に続き参加!とてもうれしいチーム構成で、応援のし甲斐があります。皆さんも応援メールを書いてくださいね。

http://www.j-r-m.co.jp

バイクで走る姿からは、想像もつかないくらい(失礼)飛ぶように走る!菅原さんを、皆さんにもお見せしたいものです。今年はエジプトステージが後半戦の大部分を占めて、長くフアラオラリーの日本事務局をされている菅原さんには、ちょっとだけ有利かなあ?などと思っています。それにつけても62歳のモンスターは、最多出場記録だけでなく、最年長出場記録へも挑戦するようです。でも何年か前に日本人の80歳の古賀さん(でしたっけ)の記録までは、まだ18年もありますよ、菅原さん。さて、その菅原さんは、ツールドニッポンのフルエントリーも済ませ「 スゴイバイクで参加する」という不敵なメールを最後に、フランスへ旅立っていくのでした。

きょうの一枚
(HONDA-PILOTでモンゴルを走る菅原さん、操作系がラジコンに似ていることから、ラリー関係者はラジコンカーと呼んでいたんだけど、てっきり僕はパイロットはカミオンからラジコンでも走らせるのか?と思っていたんですねえ。ってそんなことはないか)


OVバックナンバー

No.0470 – Organisation Voice 2002/11/29

奄美大島に行くと、田中一村という画家に出会います。日本画壇を飛び出して放浪した挙句、50歳にして奄美に住み着いたそうです。あっ、もちろん故人です。日本のゴーギャンとも言われています。生活のためには紬の泥染めの職人をしたりしながら描きつづけたそうです。その作品がが実にすばらしいのです。

島にたくさん自生するアダンの木を、多くの作品には描いていますし、日本画というより現代のデザイン!なのです。のこれほどの画家が日本画壇に居たと知らなかった自分が少し恥ずかしいくらいなんです。その一村が、なぜ数ある南の島の中から、奄美を選んだのか、なぜか?「名瀬です。」あっ、これは駄洒落なんですけど、そのなぜかは、なんとなく僕にはわかるんですが、いまだに「なんとなく」としか言いようがありませんけどね。なぜか!その絵が、どんなものなのかは、また近々。


OVバックナンバー

No.0469 – Organisation Voice 2002/11/25

21世紀初頭は、たとえば「文明の衝突」などの予測どおり不穏な日々が続いている。そういえば、もうすぐパリダカールである。1年前には自分も参加してたのに、もう遠い過去のようになってしまったのはなぜだろうか。

それはおそらくこの半年間の僕の多忙さにあるんだろう。そのパリダカール。オリンピックほどではないにしても、このイベントも実にテロの標的になりやすい。それは有名税みたいなものかもしれないけど、主催者はさぞ頭の痛いことだろう。ラリールートは、いやがうえにもイスラムの土地なのだし、その土地を走るのは西側の最先端技術であるという、強烈な皮肉も同時にこめられている。

このラリー、いまから10年前の1991年は、湾岸戦争に翻弄された。そしてこの10年間、世界は東西冷戦後の新しい枠組みに向かって、煩悶している。つまり衝突がさまざまな形となって続いている。その 10周年?の今回のラリーは、なんとゴールに選ばれたのはエジプト、しかもスエズ運河を渡り、シナイ半島の南端シャルム・エル・シェイクという町まで行くんである。

紛争の絶えないパレスチナや、不穏なイラクもすぐそこだ。こうしてこの季節になるとよく考えることなのだが、「世界が平和で安定した時代を迎えるのはいつのことなのだろうか。」あまり誰も気づいていないように見えるのだが世界の何カ国もをつないで開催されるこうしたイベントが、背負ってるというか果たしている役割。そんなものも一つ考えてみようではないかと思うのである。


OVバックナンバー

No.0468 – Organisation Voice 2002/11/20

月でラリーレイドを、と書いたんだけど、それもまんざら遠いことじゃなさそうだよ。月の土地を販売しているルナエンバシーという会社の法律的な権利と主張

http://www.lunarembassy.jp/law/law.html

の項目の中に、「現在、多くの企業が月などの天体資源の営利目的の利用に向けて、準備を進めています。これは悪いことではありません。あらゆる点で、私たちはこれが良いことだと考えます。

ルナ・ローバー(月面車)を例にとって見ましょう。NASAとロボティックス・インスティチュート(研究機関)、ルナ・コープ社は、月に向けた最初の「私的」なロケットを2002年に打ち上げる計画を立てました。計画では、いくつものリモコンで動くバギー車を月に届けることになっています。そして、人々は遊園地のような場所に行って、そこで、お金を払い、バーチャル・リアリティー(仮想現実)ヘルメットをかぶって、自分のリモコン・バギー車を操縦して、月面を疾走することができます。もし、月を営利目的に利用することが、協定によって禁じられているのなら、これらの企業にこんな真似はできません。」と書いています。宇宙協定や月協定についての説明の中に、「車を走らせる」という行為の一例が示されていますね。もちろん実体験とバーチャルな世界では、あまりにも違いがありすぎるのですが。


OVバックナンバー

No.0467 – Organisation Voice 2002/11/19

今日はとてもいいお天気だ。久しぶりの抜けるような青空!と思いきや、山の端は「かすみたなびきたる」という初夏の季語状態。そう季節はずれの黄砂飛来なのです。世界規模での気候の異変は、この状態が「普通だ」いう状態です。つまりすべての事象に「予測できないほどの変化」が普通で、「安定した状態」が異常なのだということが判明したわけです。だと「今年の冬は、

数十年前と同じように寒く、ほどほどに雪が降ってるという異常な状態に、日本各地は見舞われています。」なんてTVで久米 宏なんかが、まことしやかに話すんだよ、きっと。こうして考えると、同じことを同じように続けていくことが、常軌を逸した行動で「聞くたびに、新しいことをやってて、今までやってたことはやりっぱなし!」な状態が人の正しい行動パターンになってくる。「えっ、まだパリダカやってんの!」そうです、これこそ異常です。その菅原さんは、世界一異常で、ついに今年で21回連続出場、ギネスブックに載らなきゃいけないほどの異常ぶりです。ヨーロッパでも世界ひろしでも、右に出るものはいなくなりました。今回は、僕と共通の友人の提案で、さらに輪をかけた異常ぶりを発揮、「月の土地の所有権を!買う!」という「チヤレンジ 38万キロ」というのを、個人スポンサー募集としてやっています。

http://www.j-r-m.co.jp/pd/index.html

これも、夢があるという点では「夢がないのが普通で、夢があるのが異常」な状態となった昨今では、異常な話です。が、月の土地を1エーカー買う!という原野商法ここに極まれり!なお話しですが、今じゃあその原野も都市に近く「ああ、あの時だまされてよかった。」ってことになってる人も多いとか(ウソ!ゴメンナサイ)で、将来月でラリーレイドを主催するようになったときのために!みんなで月の土地を、買っといておくれ!1エーカー12000円!と見るよか12000円出して、21世紀21回出場!に精一杯の応援!をみんなしよう。だって62歳になってもなお、ツールドニッポンの2回大会のエントリーは第一号だし、1150GSで雪の林道は走って行っちゃうし、とんでもなく異常な人なんです。

きのうの一枚
昨日の写真に、説明がない!のでした。答えは「ポイズンリムーバー」奄美に行くだけじゃなくって、普段からも林道に行くときなどに携帯しておくと良いかもですよ。1000円!近々SSER-BOUTIQUE(通販サイト)にも登場予定!MICHELINのタイヤも買って!


OVバックナンバー

No.0466 – Organisation Voice 2002/11/18

実は、社内のコンピュータが調子が悪くてようやく以前の調子にもどりつつあります。この数日間にメールを頂戴した方にご返事を書くどころか、ちゃんと受信していないありさまです。「おかしいなあ、SSERってば、ナシのつぶてじゃないか?」とお怒りのあなた、おゆるしください。

さて、今日のテーマは(そんなもんあったんかいな)

「カフェのたそがれ」

昨今、カフェとやらがが、やたら増えてきてるそうであるね。スタバも地方都市に出店攻勢はじめたあるね。そのスタバは、今期は赤字に転落するらしい。ナスダックに上場して130億ほどのお金を手にして、出店単価7000万程度で進撃中!だが、ちょっと待て!

プラスティックの使い捨ての容器に、氷と泡のたった牛乳とコーヒーを入れて「大ですかとか中ですか」とか聞けばいいのに、「トールですか?グランデですか?」と聞くん。で430円とか平気でいうもんだから、おじさんにはちょっときつい。ホットを頼むと紙コップに検尿よろしく、なんか書いてる。「そういえばここんとこ検査行ってないよな」と思わず反省する。そのうえ、都心じゃあ「こんなにあっちもこっちもスタバばっかりで、純喫茶(ってなんだ)はどこへいった!な状態。郊外型のショッピングセンターにもシアトルだかなんだかが!デフレの中で430円の紙コップ入りのコーヒーを飲む主婦たちって!もうやめよう、アメリカ資本のカフェに無駄なお金使うのはよ!で、昨今はさらにヘンテコなムーブメントが地方都市で進行中!民家の奥にカフェがあったりしてる。なんか日本独自の文化を何とかしなきゃならんのではないのか。カフェブームのおかげで、僕はすっかり右よりになっちゃったさ。で、僕がやろうとしてたカフェ・レゴラリータがどうなったかは、続報を待て!

連絡事項

1.アンケートのハイカ抽選会がまもなく

2.テルクンとの話で、パリダカが盛り上がらないのはマシンのせいだ!ということでマルヒSCORE系モンスターマシンで戦うパリダカプロジェクトを進行させよう!会員というか賛同者でチーム名と募集!ここに書いたけど、秘密だからね。

3.SSER2002ランキング、まもなく発表!

4.2003モンゴルツーリングってもコマ図使うわ、けっこう激しいツーリング決行、マシンは新車KTM640ADV、520、250EXCてなラインアップ、ガントルガが先頭を走るそうな。全ゲルホテル泊で、台数に限りありでお早目のお問い合わせとご予約を!またルートは、とっておきの「まだお目にかけていないモンゴル」

5.ヨーロッパツーリングはBMW-GSを用意したよ。モナコまで行くよ!すばらしいルート古いヨーロッパがそのままに!もちコマ図を使うです。こちらは全泊HOTEL!ガストン・ライエやワークスのメカ達がサポートして走る。

という風に徐々に2003のSSERは元気です。ああ奄美!


OVバックナンバー

 

No.0465 – Organisation Voice 2002/11/05

ガストンライエ・ミーティングにご参加の皆さん、思わぬ大雪で大変でしたが、いかがでしたか。走り足りなかった人もそうでなかった人も、また来年お目にかかりましょう。実は僕はこのイベントは、参加者になりきってやろうと思ってて、みんなにまかせっきりで、ルートさえ知らないという按配。で、次からはしっかり事前には知ってもっと面白く、そして愉快なものにするぞっと心に決めました。

これからはもっとバイクに乗ろう!と菅原さんのR1150の後姿を見ながらそう思うのでした。


OVバックナンバー

 

No.0464 – Organisation Voice 2002/10/31

明朝は関空にガストンらをピックアップ、そのまま白馬へ入ります。モンゴルからガントルガたちも到着済み。イギリス人も 2名参加します。いよいよ今年もガストン・ライエ・ミーティング、最終的には、昨年を少し上回る参加者のかたがこられる事となりました。大変ありがとうございます。ガストンも大喜びの事でしょう。

先月から実施しているWEB上のアンケートには、いろいろ貴重なご意見を頂戴いたしておりますので、この 1週間後くらいにまとめて、またハイカなどをお届けします。まだ未記入の方もどしどしお書き込みください。その中に今回のミーティングに関して「参加料が少し高いのでは?」また「屋外のキャンプでも良いから、安く出来ませんか?」とのご意見もあります。全くその通りでもあります。もう少し鋭意努力しなくては!と、いつもいつも思います。それにつけても日本国内の、高速道の通行料や国内の航空運賃、などなどこの高コストぶりはいかがですか。TDNを主催する際の最大の悩みはまさにこれなのです。もちろん今回のミーティングでもこのことは重大な関心事。四国から出て行くと、本部経費のそれは恐ろしくかかること、なのです。BIG-TANK誌の苦悩もそういったところにあると思います。みんなで力を出し合って、ささやかな自分たちの楽しみのテリトリーを、充実した方向に進めなきゃあならない!なのです。その春木さんもミーティングにこられます。パリダカ前の多忙の菅原さんもR1150GSです。僕は50肩で、右肩の激痛に苦しんでます。バイクに乗れるのか?

きょうの1枚
奄美特集:マングローブの森とジュラシックな大きなシダの木、いいでしょ。


OVバックナンバー

 

No.0463 – Organisation Voice 2002/10/30

奄美へ行ってきました。温かくて、ビックリ。鹿児島から屋久島の上をひとっ飛び、あっという間のフライト!でも普段あまり乗ることのないSAABやMD機に乗ることが出来ておおはしゃぎ!でした。で、奄美。すっかり好きになってしまいました。金作原という原生林の圧倒的な存在、そのジュラシックな佇まい。そしてマングローブの森。この島は東洋のガラパゴスとも呼ばれて不思議な生態が残っています。林道を走ってまたビックリ!美しい蝶が群舞しています。

本当に1日、走りに走って300kmあまり、なんとまだ走り足りないんであります。島唄も聞いていないし、マングローブの森のカヌーツアーも出来なかったし、やり残したことがいっぱい!そのうえ打ち合わせも何にも出来ていないのでした。今度は試走用のクルマを持ち込みます。プロシードのバイク2台積んで、出撃です。

きょうの1枚
今日はその時の写真から


OVバックナンバー

 

No.0462 – Organisation Voice 2002/10/25

「奄美から、北アルプスまで!そして芦別から知床を巡り、再び信州まで!」

2003のツールドニッポンの概要が決定しました。エントリーフォームおよびレギュレーションは来週UPする予定です。既にご案内にあるとおり、2003年の第2回大会は次の通りの2部構成になります。

THE2ND TOUR DE NIPPON 2003

SW(1部) 2003年4月28日(月)~5月4日(日)
NE(2部) 2003年7月20日(日) ~7月26日(土)

エントリー費は、198000円 1部または2部のみへの参加ははそれぞれ118000円です。プレエントリーは、全ておよび1部のみは12月20日までとし、エントリー費の50%を持って申し込む事になります。2部のみのプレエントリー受付は 3月 20日までとなります。いずれもハイシーズンのため、相当に早い手配が必要となってくるのです。ご理解とご協力をお願いいたします。エントリー費には全ての宿泊とフェリー代は含まれます。また今年は、有料道路。高速道路の走行は少なくなりますので、参加者の負担は相当に削減されると思います。

試走や一部折衝が始まっていない部分もありますので、最終的な詳細は公式的な通知によりますが、ここではスケジュールおよび簡単なルートプロフィールなどのコンセプトと内容をご紹介いたします。


パート 1: SOUTH・WEST(SW)テーマ「日本の美に精神を解き放つ」

4.28DAY-1 「島唄に乗せて」
奄美大島にて車検・プロローグ・前夜祭・奄美大島内の HOTEL泊、

奄美大島をスタートポイントとしたのは、ひとつには東京・大阪・神戸・鹿児島からフェリーがダイレクトにアクセスしており車両輸送・搬入に便利だという点、この島出身の歌手“元ちとせ”の島唄に乗せてエキゾチシズムと日本の古来からの心を感じてみたいと、前夜祭などには島のアーティストの参加も呼びかけたいと考えております。様々な意味で注目の島です。また4月27・28日の連休最初の土・日はTDNのオンスケジュールに入っておりませんので、移動やご家族での島内の観光や滞在が可能です。美しいさんご礁、マングローブの森の探険、ダイビングやクルージングなどのアクティビティがたくさん用意されています。どうかご家族やご友人とお出かけになることをお奨めいたします。

今人気急上昇中の奄美は、GWにはかなりの混雑が予想されますのでお早めのお申し込みとご準備をお願いいたします。

4.29DAY-2 「南海の楽園・絶景の道が続く」 

奄美大島内にふんだんにある林道や広葉樹林の道、真っ青に広がる珊瑚の海のそばの道を行きます。眼下に広がるコバルトブルーの海を見下ろしながら行く、美しく素晴らしい林道、それはまさに驚きの連続でしょう。まだあなたたちの全く知らない美しい日本のひとつがここにも。夜のフェリーで鹿児島に向かいます。船室テゴリーなどのアップグレードは各自負担で、自由に選べるようにしようと思います。つまり1等や特等に家族とのご利用も可能というわけです。フェリーに乗るまでは携帯のポイズンリムーバー(ハブ咬傷毒の吸引注射器)の携行が義務付けられる予定です。ブリーフィングでは、これらの対策の説明も行われます。この夜はフェリー約11時間の静かなクルージングです。

4.30DAY-3  「美しく豪快な薩摩路」

夜明けのデッキから、開聞岳が、そして桜島が見えるはずです。まるで日本に辿り着いた旅人のような朝でしょう。8:00鹿児島港上陸、かつて厳しく人を拒んだ薩摩藩の領土に広がる、美しい山そして森を行きます。この日は鹿児島県内にビバークが用意されます。

5.1DAY-4  「天孫降臨・日本神話の地を行く」

霧島・韓国岳・高千穂と日本神話のふるさとの山々をじっくりと走る。まさにニッポンというひとつの原型に触れてみる。薩摩路を後に宮崎・熊本・大分、走っても走っても走り足りない美しく華麗なニッポンが、ここにもある。草原のような、神話の世界に出てきそうなそんなビバークにゴールする。

5.2DAY-5 「遍路の道へ、空海の開いた心の島へ」

四国である。われわれSSERのふるさとである前に、こうしたラリーレイドの原型、それは空海が拓いた四国八十八ヶ寺の巡礼の旅である。いつの時代にも、人は様々な苦悩を持つものであり、それらと向かい合い時に癒され時に励まされる、それは四国が持つ魅力でありエネルギーだ。それに向かい合ったとき、人は再び立ち上がり、歩き出す勇気を与えられる。美しい歴史的な清流・大河のほとりに静かなビバークが用意される。

5.3DAY-6 「熊野路は静謐な深山の中」

インスピレーションはさらに高められる。本州に渡った旅人たちは、紀伊半島深くに設えられた古道を行くことになる。ここも日本の深部だ。静かに胸の高まりを聞き、精神の静まるときを知る事になる。黒潮の洗う海で最後のビバークに集う。ゆったりと、深く静かである。

5.4DAY-7 「到達点。それは日本の中央部。安曇野の原風景に」

熊野路を後に中部地方そして木曽路に足を踏み入れる。熱帯から帰ってくるとまだ春の信濃・安曇野だ。北アルプスの清冽な雪解け水の中を3500kmを超える日本の旅の半ば、それが到達点。美しい風景の中にあるホテルに最後の旅装を解く。

*スケジュール調整上、閉会式が翌日5月5日午前にずれ込む事があります。閉会式終了まで車両は保管されますのでご注意ください。最終地点は長野県です。

 

 

NOTH・EAST(NEパート 2:)テーマ「日本の美に精神を解き放つ」

後半戦は北海道をスタートする、それはGWでは味わうことの出来なかった深い北の大地。3日分の行程を、たっぷり北海道で過ごすのだ。釧路湿原や知床岬、最北端の地は、豊な大自然の短い夏の生命に輝いているだろう。そのパート1の奄美や南九州と正反対の位相にあるものを感じるのである。それが日本だ。

7.20DAY-8 「芦別のまつりの夜」

芦別市において車検・前夜祭・プロローグこの日、芦別は短い夏の祭りの日だ。町を疾走する山笠、踊りとまつり一色。ツールドニッポンもこの祭りの中ののひとつのよびものになるかもしれない。そんなにぎやかな北の夜が始まりの日だ。この日は芦別のキャンプ場で大いに語り合う事になるだろう。

7.21DAY-9 「大雪を超え、根釧原野に。日本の北端の美を探訪して」

芦別を後に雄大な北の大地を、東に向けて縦断する。根釧原野まで数々の美しいダートと、山々と丘陵に出逢う。47kmのフラットダートを抜けるとすぐに、26km、30kmとため息が出るような美しく長いフラットダートとの出会いに全身が粟立つ。素晴らしいの一言に尽きる。

7.22DAY-10 「知床岬、オホーツクの道」

この日は北方領土を望みながら、オホーツクの道を行く。たびたび仕組まれたダートが、気分を高揚させる。最果ての地の最果ての林道群だ。こんな日々に子供の頃から憧れていたのだとも言える。北のはて、海を見下ろすビバークが用意される。

7.23DAY-11 「いよいよ南下がはじまる。それすらダートでつながる道」

もう1日、そう、もうまるまる1日、北の大地を走り続ける。少しずつ南下をはじめるのだ。それすらダートを繋ぐ旅なのだ。1000kmのダートをこの北の大地で走ろう。これがパート2を夏にした理由だ。春のパート1ではハブ対策を、そしてこのパート2では、ヒグマ対策がレギュレーションに盛り込まれる。なんという広さだ、ニッポンは。

7.24DAY-12 「夏の奥入瀬と八甲田、涙するほどの日本の感性」

ねぶた祭りの近づく青森は、一年でもっとも熱気が漲る季節だ。青森に上陸した後ラリーは八甲田山に登る。昨年第1回大会で感動的だった初春の奥入瀬の盛夏の様も愛でようではないか。その後ラリーは日本海へ一路進路を変える。

7.25DAY-13 「白神山地から出羽三山まで、震えるほどの日本に」

日本海側の山々を駆け巡ろう。秋田、山形となんか。出羽三山の麓、最上川に芭蕉の足跡を見る。露天の名湯には事欠かない。豊で情緒的な東北路の旅に、心も癒されていく。

もうすぐだ、約束の地まで後一日の行程。

7.26DAY-14 「約束の地、北アルプスの山ろくへ」

長い旅も、やがて終わる。パート1でゴールした約束の地までひた走る。妙高を越えればもうすぐだ。長く夢のような日々が、ここに結実する。ただし実は楽しみはゴールした後から、一生かけて思い出となり容易に甦る記憶を、呼び覚ましては愉悦に浸ることなのである。誰もが通ってきた道のようで、実はまだ誰も通らなかった道、南海の孤島からヒグマの生息する深い森まで、旅の記憶は永遠にあなたのものだ。

 


OVバックナンバー

 

No.0461 – Organisation Voice 2002/10/24

僕たちはいま、きわめて難しく厳しい「決断の時代」の只中にいるんだと思う。金融システム改革竹中アクションプランの発表問題が、それを如実に表してる。決断するということは実に難しい。その判断は常に血なまぐさい匂いすらする。「その判断をしてもし上手くいかなかったら、誰が責任を取るのか」と詰め寄る者は、どちらにしても責任を取る位置にいない事が多い。いつも自らを安全なところにおいて批判する事が、実に多い。僕は竹中さんが良いというほど、その内実に精通していないし、反体制力を云々するほど彼らの中身を知らない。だからこれ以上は言わない。

一方、今日の日経新聞の一面では、トヨタの半期の経常益が 7600億円!という史上最高益!ニッサンだって倍増 3200億円!と書いてる。なんとこれだけを見ると空前の好景気!しかしその実は血の出るような調達コストの 3割削減だとか、いずれにしても決断に決断をした末に、実りある今を迎えている。それとて単に今!だけに過ぎず。そう遠くない未来を見据えれば、かすかな戦慄を覚えているに違いないと思う。北朝鮮問題も同じ。不安定な今を取るか、不確かな未来を取るか、行くも地獄帰るも地獄的政治的決着に時間に押し流されながら「決断の時」をむかえる。こうして日々に諸行無常の感を強く覚えるのである。たとえば銀行なんて僕の友達のいたナントカ銀行が、今なんていう名前になったのかさえ分らないし、「彼が元気に勤めてるのか」さえ調べるために電話する先すら分らない。本当に困って銀行にお金を借りに行くと全く「不動産の質屋」だし。

と久しぶりにこのOVにボヤキを書いてみた。書いたところで何にもならない。やるしかないんで、僕は再び立ち上がる。「ってたってやりたい事をやりたい放題やってきてるじゃないか」のだが、僕としてはやりたいことの3%くらいしかしてないんであります。

きょうの一枚の代わりにきょうの一言。
「言うは易し、行うも易し。ただ継続する事、決断する事はことのほかに難し。」


OVバックナンバー

No.0460 – Organisation Voice 2002/10/22

ガストンライエミーティングが近づいてきましたねえ。今回はパーティをもっと盛り上げよう!ということもあって、RRM2002のVTRショウの準備や、オークションの準備に余念がない今日このごろです。で、僕の出品物の一部を今日の一枚で、リークしてしまおう!TAMIYA製のガストンライエの乗ったパリダカマシンの未組み立て品を何点か放出!!!もちガストンのサインは当日しますね。

ところでサインといえば最近残念?なのが、僕のマシン(限定の)に燦然と輝いてたガストンライエのサインが、やたら目に付く様になったことだい。これはもちろん、ガストンを日本に招いてる僕が、自身の希少性を弱めてしまってるという 皮肉な結果を招いてしまってるわけなのが、でも「あの人はいま!?」状態になってたガストンを、こうしてしばしば日本に呼べるようになった事を心から喜んでいます。白馬で開催されるようになって3年目、確かに彼の招聘費用がカウントされて少し高い参加費のどうイベントですが、こうした交流の灯を、いつまでもともし続けられるように僕も努力します。

そこで、ぜひ皆さんも誘い合わせて参加してください。「あまり林道を走った事がないんですが!」という問い合わせも多いんですが、「大丈夫ですよ!」最後から僕たちスタッフもクルマやバイクで走りますから!助け合いながら行きましょうよ!困った事があれば、すぐに声を掛けて下さいね。そしてパーティでは大いに盛り上がりましょう!

きょうの一枚
そのプラモ、合計5個出品予定!いまから受付しましょうかねえ!ただしミーティングの参加者のみ!


OVバックナンバー

No.0459 – Organisation Voice 2002/10/21

ツールドニッポン2003の概要がまとまりつつあります。今週中には発表が出来ると思いますので楽しみにしておいてください。スタートは屋久島になるかもです。屋久島は鹿児島からフェリーで3時間半、洋上アルプスとして名高い、日本100名山の最南端の宮之浦岳、そして世界遺産の地です。北海道は、やはり利尻島へも行ってみたいと思っております。ここらあたりの詳細な調査にしばらく時間がかかりそうです。

きょうの一枚
ガストンライエミーティングに向けて調整中の菅原さん。富士山の5合目だそうです。いつも思うのですが「世界の菅原さん!」とにかく何事においても、周到な準備をします。それは驚くばかりです。写真に添付されたコメントを読むと「ガストンライエミーティングに向けて、11月の信州と同じくらいの気温の富士山の5合目にて、新しく買った防寒具のテスト」とあります。


OVバックナンバー

No.0458 – Organisation Voice 2002/10/18

鈍りに鈍った身体をナントカしなきゃ!と先週からはじめた自転車通勤。往復約20kmの道のりを、愛車ROCKY-MOUNTAIN OXYGENは快調にひた走ります。周囲の「どうせ3日坊主」呼ばわりのそしりも追い風にして走り続けています。が今週はお休み。週末からひどい風邪を引いてしまうわ、筋肉痛がひどくて階段を下りれないわ、の大騒動。で、この通勤路、帰り道は下りが続いてそれは快適なんですが、出勤路は全部登り。「反対ならいいのになあ」と、すべからく人生とはこうしたもんです。

1年半もほったらかしてたHP上の「彼方へ」も昨日から続きを書き始めました。この「ゲキニチ」 もまたがんばって盛り上げていこうと思ってます。「継続は力なり」をまさに痛感しています。

しかしそれにしても、日本の現状のなんとも情けなさはどうですか。苦しいときこそ、新しいささやかな夢の実現に向かおうと思います。あと、アンケートにたくさんのご返事を頂いております。心より感謝。初心に戻り、もう一度元気良く取り組んでいきます。ミシュランタイヤの通販は、おかげさまで「安い!便利!」と好評です。継続してやっていきますので、どんどんご利用ください。いまならステッカーなどを適宜同封して発送してます。


OVバックナンバー

No.0457 – Organisation Voice 2002/10/17

信州の紅葉の便りを待ってるうちに、ガストンライエ・ミーティングも近づいてまいりました。今年はガストンのほかに、オランダ人ライダー(ガストンの友人)1名と、モンゴルからガントルガらモンゴル人が2ないし3人やってきます。

早いもので、ガストンを日本に呼ぶようになってから4年が経ちます。ガストンと走って速いライダーの変な秘訣がひとつ解き明かされました。それは停まっても絶対ヘルメットを脱がない、とか、とにかく先を急ぐ、などです。で「みんな、ガストンと一緒に走るのを楽しみに来てるのにどうしてそんなに急ぐんだ。」と叱る?と「そうか!そうだ。」と妙に納得してペースを落としました。さて今年は、そのお約束が守れるのかガストン!みんな今年はゆっくり走ろう。ということで11月2日のスタートは、ちょっと早めだぞ。


OVバックナンバー

No.0456 – Organisation Voice 2002/10/15

昨日からはじまったガレージセール、思わぬ反響に驚いています。どんどんとリリースしていこうと思っていますが、いかんせんタマ数が少なくて、どなたかご協力いただける方はご連絡ください。

さて、来年2003年のSSERの活動計画について素案がまとまりました。この段階で発表するのもあれですが、あくまでも「案」です。皆さんのご意見などもお聞かせ下さい。

ツールドニッポンは2部に分かれます。

第1部はGWに7日間かけて開催。佐多岬または屋久島から、あの恐ろしく林道の密生する九州南部ステージを2日~3日。四国を2日。山陰中部一帯を2日。信州でゴール。エントリー費は98000円を予定。

第2部は7月に開催。信州のゴール地より、中部甲信越ステージ2日、東北ステージ2日北海道ステージ3日、ゴールは宗谷岬や知床を回って芦別市。最終日のファイナルステージは芦別市の広大な山野を使って。こちらもエントリー費は98000円を予定。

1.2部通しての参加費は178000円の予定です。スタート会場とゴール会場はホテルですが、途中はすべてビバークです。それぞれの表彰と、2イベント2週間通しての表彰に分かれます。

SSERのシリーズ戦は、3戦となります。3月スーパーN、9月Y2E、11月ガストンライエクラシックです。6月には「ガストンライエ・インビテーション・ヨーロッパツーリング」を予定しております。フランス・スイスを走ります。価格は未定ですが、11月末までにはご案内いたします。

いずれも問い合わせ仮予約は可能です。

まだまだ、内容及び金額の変更は考えられますが、来年もSSERから楽しいイベントを発進できるように頑張ります。

ご意見・お問い合わせは support@sser.org にまでお寄せ下さい。


OVバックナンバー

No.0454 – Organisation Voice 2002/10/10

秋が深くなってきました。何台かあるバイクを整備し始めました。果たして、年内に乗ることになるのかどうか、といったところなんですが、「持ってないのは寂しい、持ってて乗れないのはモット寂しい」と思いながら、クラウチングのきつい80年代末のイタリアンバイク・マーニ-アルチューロなんかに久しぶりに乗ってみたら、首は痛い肩は痛い!

で、85年製R80GSなんかに乗ってみると「やっぱりいいなあ!」と改造してた部分をすっかりノーマルに戻して、すっかり上機嫌。なんて書くとヒマそうに思われてしまうんですが、実はこうして、ちょっぴりの事を大げさに書いて、秋を楽しんでるんですねえ。

きょうの一枚
マーニ・アルチューロとBMW-R80G/S-P/D。この2台が事務所のロビーに停まっているのは初めてのことです。興味のある方はお早めにお越しください?このマーニ・アルチューロは89年製モトグッツイの1000cc Vツインにパラレログラモにオーリンズが奢ってあります。フロントはフォルセラのフォーク、キャブはケイヒンの FCR、当時の主流のモディファイがなされてます。シートは野口君に再成型してもらい、黒のバックスキンに赤糸で縫い上げてもらってます。素晴らしい乗り味が楽しめます。

と BMWのフラットツイン。これはパラレバーになる前のモノレバー時代のもの。軽さがウリですが、まもなく博物館行き寸前。こちらは WPが!そういえば GSベーシックが WPを純正装着してリリースされたときには、少なからずショックを受けたものです。この 2台もちろんフィールドも違えば、個性は違いますが不思議と共通点も少なくありません。で、このGS、果たしてガストンライエミーティングで走るのか?

※ガレージセール2002は終了しています(2017/03/28) 


OVバックナンバー

No.0453 – Organisation Voice 2002/10/09

おまたせー!第2回SSERネット・フリマの開催!

前回は超絶的人気を呼んだフリーマーケット!あれから2年。今回もガストンライエ・ミーティングとガストンライエ・クラシック参加予定者を対象に、今日からスタートしまーす。今回はどんなのが出てくるんでしょうねえ。ところで、11月8日「ガストンライエ・クラシック」の前夜には久万町「ふるさと村」で「囲炉裏を囲んで、夜がふけるまで、いろんなことを話そう」という催しを予定しております。もちろんガストンライエやガントルガらも参加します。モンゴルからはムッホ(伝も知らない人も多いか)もやってきます。参加は無料です、での定員あり。鍋などはあの有名な山田製をご用意。お酒などは各自分をお持込ください。


OVバックナンバー

 

No.0452 – Organisation Voice 2002/10/08

週のCP  ガストンライエ・ミーティングってどんな感じ?って問い合わせの回答のために、昨年参加されてた田中さんのHPから、レポートを紹介しますね。

http://akihumi.hp.infoseek.co.jp/bike/GRM2001.htm

で、その方のHPでガストンライエについての情報はこちらから

http://home.t-online.de/home/AC-Tom/dakar.htm#1985%20-%20Vierter%20BMW-Sieg%20in%20funf%20Jahren (現在リンク切れ)

というサイトがなかなか、いいんです。こうして「今週のCP(デキニチLINK)」は今週ならず「今年のCP」となりかけていたところを救われたのでした。また、大勢のリクエストにお応えして、来週あたりからは「ツールドニッポン2003」その構想についてを書き記す事にします。どうか、お楽しみに。そして、まずは白馬でお目にかかりましょう。


OVバックナンバー

No.0451 – Organisation Voice 2002/10/07

松山は秋祭りで、お休み。子ども神輿の掛け声が遠くから聞こえる静かな一日です。いよいよ今年を締めくくる2つのイベントが、本格的にスタートしました。どちらも言わずと知れた「ガストン・ライエ」もの。ガストンは今年はオランダ人の友達と二人で来日します。で、ミーティングは白馬です。僕たちは11月1日にガストンたちと既にホテルに泊まってます。前夜はアンチャンとガストンの「気でも違ったの?」というようなカラオケタイカイ。おかげで当日は「あいにく本日はカラオケはお断りしてるんです」とホテルの支配人!ついでにモンゴルからは、ガントルガとゼッケン72の二人がやってきます。でも彼らは、国際運転免許の取得に難儀してます。なんとアメリカ大使館でとるんだそうな!で合計4人の外国人がミーティングに参加します。

で、翌週ののクラシックには、ガントルガはじめ3名が走ります。バイクの手配しないかんので困ってます。誰か貸して!くれませんか。それに彼らの参加にはオブザーバー的な参加者が必要です!希望者(なんていないかな?)はご連絡ください!エントリー費は彼らに負担させますから!限定3名!あっ、バイクも貸してくれる人なら言うことないんだけどなあ!

あと、ミーティングでは「オークション的フリーマーケット」を予定!参加者は少なくとも一点以上の出品が必要です。売上は70%が出品者!30%がまたチャリティとしてBMWクラブを通じて寄付されル予定です。大物は事前にホテルにガストンライエミーティング気付けで、送っといてください。楽しいパーティをタノンマス。またモンゴルの夕べコーナーもあります、バイクがまだ帰ってきてないんでバイクがないよー!という方も、気軽にお問い合わせください。ADVENTURE!もあるし。

さあ、シーズン到来ですよ!

きょうの一枚
そうです、ガストンライエミーテイング解散場所の○○山から見た、諏訪湖と諏訪の町でスワ。


OVバックナンバー

No.0450 – Organisation Voice 2002/09/30

モンゴル高原は、もう晩秋の気配。少しシベリア寒気団が勢力を増すと、吹雪いたりします。そのさまは凄絶で、そう遠くない厳しい冬の事を意識させずにはおきません。今夏は、雨が少なく全国的に草原が茶色くて「今年の冬は厳しそう」と遊牧民は口々にこぼしています。世界的な洪水禍と、乾燥化が両極で蝕んでいます。1ヶ月におよんだ米津誠さんの捜索には、この夏RRMに参加された皆様から、たくさんの善意が寄せられました。本当にありがとうございました。本当に参加された皆様の熱い心が、捜索に冠する励ましになったことを感謝いたします。また、RRMの覇者ガントルガは、1人でロシアンジープに、米津さんの捜索のビラを貼って、広大なゴビを何日も「探したり、遊牧民に聞いて回ったり」しているところにバッタリ。「とても心配でじっとしていられない」と彼。われわれ捜索チームの心を打ちます。そんなガントルガは、いま11月に予定のガストンライエクラシックに参加を表明。日本にやってきます。

またラリーレイドモンゴル 2002の映像は、 11月 2.3日と開催予定の「ガストンライエ・ミーティング」にてご紹介を予定しております。晩秋の信州路を楽しく走りましょう。ルート設定とクイズ形式の設問は、大西英樹氏が担当。GSクラブの澤田さんたちも共催で、応援していただいております。「始めて林道を走る方にも」安心してご参加いただきたいと思います。もちろんBMW-Japanも後援いただいています。FLATさんもね?このスペースをお借りして協賛依頼です。ところで、このミーティングに参加する方は、オークション出展品をご用意くださいな。僕は「・・・」を出展するんだい。


OVバックナンバー

No.0449 – Organisation Voice 2002/09/10

連日寄せられます皆様からの熱い激励、ありがとうございます。心より御礼申し上げます。捜索も4週間目に入りました。いろいろとご心配をおかけしておりますが、最善の努力を傾けてまいります。こちらモンゴルはすっかり秋の気配です。特に主たる捜索エリアは、朝夕の冷え込みも厳しく、一段と危機感を募らせております。どうか、皆様の祈りの気持ちを背に、一刻も早く発見救出できますよう、さらに全力で取り組みます。

 

No.0448 – Organisation Voice 2002/07/28

2つの台風に翻弄された、YUSUHARA2DAYS SSERも無事に終了。チャンピオンの池田秀仁は1STで1時間のコースアウト&マシントラブルのストップ。優勝争いはおろかメダルにも手が届かない位置まで後退してしまった。同じく昨年目覚ましい成長を遂げた注目の、固定ゼッケン2を着けた岡本峰も1STのしかもSS1でコースアウト、早々に姿を消してしまった。午後にはあがると思われた雨は、2STの中盤まで残り、近年になく長めに設定されたルート上の参加者を、呻吟させた。

こうして18年の歳月を、歴史という重みに変えてSSERは閉幕。この2年ばかりはかなり手狭な太郎川公園での開催だったため、参加者の皆さんとのコミニュケーション不足が気になった。来年からは新しくなった大越グランドで快適に開催される事だろう。さて8月、8年目の大会で幕を下ろすRRMだ。ここにも幾多のドラマがあった。さあ、最後にどんなドラマが待っているのか。毎日の速報体制を整えたいもんだ。


OVバックナンバー

No.0447 – Organisation Voice 2002/07/27

8年目のラリーをもって、ひとまずラリーレイドモンゴルはその歴史に幕を下ろす。さまざまな憶測が飛んでいるのも知っているが、むしろ存在意義のそれなりの大きさがあったんだと、うれしい思いのほうが大きい。

今年を最後とする理由は、いくつかある。なかでも「安全上のもの」が大きい。あのオウムで一躍有名になった旧ソ連製の大型ヘリコプターの問題である。実はこの国にヘリはこいつしか存在しない。平気で70年代製だったりする。それでもジェットヘリだ。電子デバイスはまったくないから、ある意味では安心なんだが、年々その程度は悪くなる。経年劣化というやつだ。バイクなら浅間ミーティングに平気で出られるし、クルマならミッレミリアという手もある。で、こいつが昨年の冬、ついに事故を起した。冷害の取材に飛んで、ラリーでよくコースとして使ったウブス湖の近くで、着陸に失敗して室内の 予備タンクが燃えて、脱出に遅れたNHKのカメラマンと、モンゴル一の金持ち、エルデネットの金鉱山の社長が死んだ。航空当局は(そんなものがあるのか)室内の増設タンクを禁止した。禁止せずに、もっと他に方法を考えればよかったのに、たとえばラリーカーが室内に積むのは、もともと航空機用の防爆タンクなんだけど。そして、この規制によって、フライトレンジが極端に減ってしまった。つまり満タンで飛べる距離が、著しく減ったのだ。なんと2時間400キロである、これではラリールートを延ばすこともできず、緊急で回収してウランバートルに輸送する燃料を残したまま、ラリールート上を監視飛行することができないではないか。

それでもオペレーションが出来ないわけではない。事実、2001年はその制約のなかで、開催しているのだから。やっぱり問題は、空を飛ぶ安全性の限界だ。事故を起したモンゴル航空は、今年5月にヘリコプターを民間会社に売却してしまった。もちろん優秀なパイロットも、その会社に移ったりもしているが、このあとどうやってヘリをメインテナンスしていくのか、ロシア側にはどれだけのパーツの供給が可能なのか、疑問は疑問を呼び、それは図らずも不安に変わる。だいたい主催者が、こうした不安要素などを口にするのはよくない。この手のいかなる主催者も、こうしたネガティヴな発言はしない。唯一我々にその公言が許されるのは、最後だからということではなく、この問題が公然たる事実だからである。しかし、それとて今年で最終回とする絶対の理由でないことは、賢明な大多数は気が付いている。それはまごうことなく、経済的な理由だ。

大会が始まった当初の1995年、スポンサーにも恵まれ、まずは順風満帆の滑り出しを見せた。TVもNHKではゴールデンタイムに放送され、巨人阪神戦の裏番組にして、8コンマ何パーセントだかの高視聴率を収めた、らしい。どうもこの視聴率というのだけは胡散臭くて、その業界に少し首を突っ込む僕としては、何度か説明を聞いたけど、どうしてもいまだによく飲み込めない。こんなもんに右往左往させられるTV関係の人や広告関係の方は本当に気の毒だとしか言いようがない。てな事を平気で言うものだから、ってんではなく、時代は容赦なく費用対効果の時代に入ってくる。「そんなことをして何のメリットがあるのか、幾ら出したら幾ら返ってくるのか。」まあ数年前までは「企業として文化活動やスポーツ活動に貢献する、いわゆるメセナってんですかねえ」なんて言ってた企業の人たちは、みんな浪花のアキンドになっいてしまった。「アンサン、ナニゆうとりまんのや、そんなもんにゼニイイチモンも出せしまへんわ。」

という時代に突入してきたんである。しばらくすると、そんな風潮が一般市民にまで(つまり僕たちや、僕たちの仲間)広がりはじめた。それは自身のことまではいい、ようは人に意見するところに問題がある。たとえば、参加しようとした人の多くは、言われたことがあるだろうし、我々も言われ続けてる「そんなことして、どうなるの。お金になるのか、体は大丈夫か」ってことだ。つまり抑止圧力の増大である。そのうえ、開催には毎年おびただしい額の不足額が生じてきている。毎年数千万単位の不足である。「もはや事業やないで」「あたりまえや、儲けようなんて思うてやってない」「あほや、アンさんあほや」みたいな話で、先のヘリの安全性の問題も突きつめれば実は、資金力さえあれば片付けられるのである。

今回も試走をしながら思うのである。実は今ゾーモッドの井戸にいる。「この大会を終わらせるのは、実にもったいない。」と、なにがってやはり年月の積み重ねによって醸成されてるもの、たとえば人間関係や、ノウハウやそうした歴史や文化やっていう、いわゆる「かけがえの無いもの、得がたいもの」の連続性が途絶えること。なのである。

僕は、ラリーレイドモンゴルをエントリー費を20万円くらいにしたい。そしてエアも輸送費も含めてだけど。そうして、本当に多くの人にこのラリーを体験して欲しかった。「心血を注いで作ったから、みんな見て!」みたいな幼稚な発想で言ってるんじゃない。自身の感性の扉を、ほんの少しだけ開けて、この地を走れば、日本人のアイデンティティや、そのインディヴィジュアリティが見えてくる。20世紀に人類がなしたことがなんだったか、スターリズムがなんだったか、巨大ないまだに理不尽な考えを主義とする、一党独裁の国がわずかな距離を置いて存在する戦慄を。走り出すと、さまざまな思いが胸を射すくめ、ときに時空を曲げて、今走ってる道の先にあるものが、果たして現代なのか過去なのか。そこには過去にとらわれた自分がいるのか、未来に向かうう勇気があるのか、そのように自分に問いかける。そんな気持ちを得るひとつのきっかけにできれば、たとえば費用対効果を唱えるナニワショウニンにも「エエデンナ」と言わせられるに違いない。と思うからなのである。僕は試走に出る前の日、ある日本人のご婦人を日本からご案内した。ウランバートルの北にあるジャルガラントという元国営農場跡。彼女は1947年この地で捕虜として収容されてた父を亡くした。彼女はその時3歳。終戦直前に満州で民間人であった父親は前線に借り出され終戦、そして苛烈な大地の粗末な建物に収容された。待っていたものは死だった。「戦争とは何であったか」とラリーが始まってこの8年間、特に考えるようになった。そしてその戦後処理の問題点もたくさん目にしてきた。日本人としてアジアの中で、お金以外でどのようにして尊敬が集められるのか。その答えは今の日本人の「費用対効果」の考え方からは出てこない。


OVバックナンバー

 

No.0446 – Organisation Voice 2002/06/24

22日土曜日、横浜は本牧ふ頭でモンゴルに行く車両が終結して、保税倉庫に搬入されていくのを眺めながら、僕はと言うと、良く改造されたマシンや、HPN製GSを眺めたり、ラリーとは関係ないシトロエン2CVに乗っけてもらったり、また久しぶりに会う友達たちと、世間話を楽しんだりと日がな過ごしてました。全くこれで主催者の態度か?!モンゴルからも昨年の4輪部門で優勝したドライバーとナビがやってきてて、賑やかな夜が戸越公園の駅前の料理屋で更けて行きました。で、いよいよ明日から試走チームはモンゴルへ向けて出発です。

今回は参加者増によるメカニックの移動を視野に入れたルート設定にしなければならないのです。これが実に難しいんですねえ。本部隊の移動ルート、燃料の供給隊、X1トラックの移動ルートと時間の読み、ラリーのルート設定にはなかなかに熟練が求められますねえ。とはいえ、現地からのレポートも努力して送るようにします。


OVバックナンバー

No.0445 – Organisation Voice 2002/06/20

きょうのOVがUPされてる頃は、横浜へ向かう車の中です。そうRRM2002の船積みの検査です。本牧ふ頭のC4におりますので、遊びに来て下さい。えっと22日の午前中です。車検はウランバートルで行うのですが、予備検査のような事をします。

そのあと税関検査を終えて、天津に向けて船旅が始まるわけです。どうですか、冒険の旅に向けて、コンテナヤードで積み込みをする。ずっと前にも書きましたが、これほど胸踊る楽しい作業も、そうないのです。いったいどれほどの数の、こうした海外遠征に出かけたことでしょう。

こうして僕たちは、皆さんとともに素晴らしい経験をさせてもらってるなって思います。しかしその代償としての苦し実も少なくありません。そのうえそんなときに限って、忙しくて忙しくて心落ち着かせる時間が少ないのが難点。


OVバックナンバー

No.0444 – Organisation Voice 2002/06/19

あのツールドニッポンから、1ヶ月あまり。もう随分と前の出来事だったような気がします。それでも、道北の大地や北上川の情景などが、あまりにも鮮烈な記憶となっていまだに忘れられません。ツールドニッポンで駆け抜けた田舎の風景が、子供の頃の夏休みの記憶と重なって、いまでも甘く脳裏をくすぐります。夏の梼原ではそんな心を、大切に演出していきたいと思ってますし、これから出かけるモンゴルの草原では、日本人のDNAに問い掛けるような、そんなルート制作をしてまいります。と、つまるところ心です。日本の心だなあ、とやや右寄りに思う今年の夏です。

YUSUHARA2DAYS!皆さんの参加をお待ちしてます。


OVバックナンバー

 

No.0443 – Organisation Voice 2002/06/17

入梅してからというもの、四国では雨が降りません。このまま行くと夏場の渇水がまたもや大問題になります。ただいま松山の川は干上がったままです。だいたいこの松山は川遊びが出来なくていけない。僕の田舎は豊な大河が流れてて、毎日川で遊んでいました。

話は変わりますが、ウランバートルを流れるトーラ川からカヌーでバイカル湖まで漕いでみようかと思っていますが、どなたか「よっしゃア、一緒に行こう!」という方はいませんか、当方カヌーは初心者です。じつはかなり、とっても不安です。川は途中で細かな支流になっていて、主流のひとつはフフスブルグ湖に流れていて、バイカルに流れ込む本流に乗り換えるのはどうしたらいいんだろう、なんて夢を描いています。スゥエン・ヘディンが何度もタリム盆地を流れる川を、ロプノールを探して、いかだで下った100年前(確か1902年頃だった)20世紀初頭の危険な時代を思い起こしては忘我の境地に至っています。そうTVにも話をしてみよう、アッ恐竜発掘の話も、イトウ釣りの話も、どうも話が途中で途切れてる。ヨシッ2002年後半と2003年は冒険を再開するぞって、思ってます。梼原の夏ももうそこまで来ました。暑い夏は、子供の頃のように忙しいことです。


OVバックナンバー

No.0442 – Organisation Voice 2002/06/14

まもなくモンゴルへ向けてのシッピング!SSER2DAYS!ワールドカップも決勝トーナメント。ツールドニッポンは2年目に向けた「よーしっ、分った!見てろよな!」的なルート構築!試走の足にスーパー4×4を導入するぞ!という毎日です。モンゴルの試走も迫ってきて、梼原へも足繁く通う毎日です。こんな時に限って仕事が(って広告屋さんのご本業)どんどん入ってきて、すんごく忙しい。どうしてひまな時に仕事がこないで、こんなときにばっかり来るんだ。

話は変わりますが、「さまざまな危険が予見できるイベントの開催は、当局としては許可することが出来ない」という某お役所!ワールドカップを見てると、矛盾してるような気もするねえ。で経済効果もって言ったって、たった今のチュニジア戦の最中は町行くクルマもまばらな状況。経済効果の裏にある経済損失はちゃんと引かれて計算してあるのかねえ。プンプン!とはいえワールドカップには大興奮してる僕って!ナニモノ?


OVバックナンバー

No.0441 – Organisation Voice 2002/06/13

そうそうツールドニッポンの掲載雑誌がぽつぽつと、でてますのでご紹介しましょう。ガルルとか専門誌はともかく「ラピタ7月号」に近藤スパ太郎さんのレポートで掲載されてます。この方は故伊丹十三監督の「スーパーの女」に店員さんの役で出演してたのでスパ太郎っていうんだと、どこかで伺ったことがあるんですが、俳優さんにしてライダーです。でもレポーターでもあって、よくもまあ、あの忙しいツールドニッポンのさなか、あれだけラーメンを食べたもんだ!と思うくらい、ラーメン日本縦断紀行とも言える内容。感服いたしました。

でも僕もこのラピタは愛読紙で、ツールドニッポンの記事の後は、「魅惑の最新腕時計セレクション」をみては「パネライのラジオミール42mmが!(これイチオシ)」とか「ランゲ・アンド・ゾーネの1ムーンフエイズかHPNのラリーが同じ値段だ」とかわけのわからないことを考えています。ことほどさように封印してある男の子の趣味を、あまりにも何の考えもなくつまびらかにしてしまう雑誌って「むごい!」と思いません?バイクやクルマの趣味にしたって、ただでさえ切ない思いをしてるってのに。でもこういう雑誌が、不景気な日本を「何とかしよう」と思ってくれてるのだと信じたい。趣味だけたくさんあるあわれな中年に、景気対策として何年か前にアッた商品券みたいなやつ配んないかなあ。

さて、梼原!SSが16本?になりそうだよっ。大会本部は太郎川公園の山の中に用意しようと思ってます。ていねいなルートインフォメーションを用意してお待ちしてます。


OVバックナンバー

No.0440 – Organisation Voice 2002/06/04

お約束!

これからもっとまじめにOVを書きます。

で、今日は東京から届いた一枚のメール添付画像。先月で61歳になった菅原さん。モンゴル用のマシン、HONDA-PILOTをトラックの荷台に積み込んで、テントを持って夜中に自宅を出て、浜岡の砂丘へ。テントを張って夜が明けるのを待って、日がな一日マシンのテスト。一番気になるのが燃費!らしくて、念入りにチェック。積載スペースがないので、左右に」BMWのパニアケースのステイを取り付けて、パニアをつけるそうで、どうもすっかりFLATさんに入りびたりのようです。こんな61歳って、ステキでしょ!僕も一人旅をしたくて、準備すれども仕事が空かずに断念!今度こそ!


OVバックナンバー

No.0439 – Organisation Voice 2002/05/22

早いもので、RRM2002の船積みまであと1ヶ月となりました。これに先駆けて試走チームの貨物も横浜に搬入され、一足お先にウランバートルに向かいます。試走チームは先のパリダカールで使った競技車両を試走の1号車に、あとRCPで活躍していたニッサンパトロールのピックアップ、それにパトロール(白パトと呼ばれてます)とカミオンバレイのHINOの6輪駆動の大型トラックFUの4台で構成され、約 1ヶ月かけて、4500kmの道のりを走破して参ります。コマ図の作成はもちろんGPSデータの作成、ビバークの設営のための交渉やら、輸送手続き、燃料の確保、水や食糧の確保などといった作業も同時に進行します。ラリーの1日分の行程を平均して2日から3日かけて走ることになります。最高のルートを作ってきますのでどうぞご期待ください。また船積みは6月22日で、横浜です。イベント化はしておりませんが同かまたみんな覗きに来て下さいね。

さて、梼原2デイズ通称Y2E!ですが、本格的な準備が進んでおりますぞ。特に今回力を入れているのがギャラリーステージ。以前にもかきましたが、ここには自由に行き来出来るシャトルバスを、本部から運行させようと企んでます。さらに!観戦エリアは森の中のビアガーデン、デッキチェアーにパラソル、ドリンクサービス付き、ええーい焼肉もやろうかなあ、などと計画中!快適な森の中でエンデューロ観戦三昧です。またここには、各エリアでの進行状況が実況で聞き取れるようにもしたいと考えてます。「ゼッケン28番が、いまSSをスタートします!」なんてね。これでY2Eはググット、ギャラリーフレンドリーになっちゃう。18年目の新たなる挑戦だい。


OVバックナンバー

No.0438 – Organisation Voice 2002/05/14

ツールドニッポンの、後片付けもそこそこに、既に次の準備がピークをむかえつつあります。ひとつは、モンゴルの試走!6月に出発するので、それらの機材の輸出準備が始まりました。

それに18年目をむかえた!SSER「YUSUHARA2DAYS-ENDURO」が迫ってきました。今年からは、特に観戦をテーマに、ホスピタリティ性溢れるギャラリーポイントを設置しようと思っています。そこに、大会本部とを結ぶシャトルバス!まるでそこは深山のビアガーデンか、オープンカフェ!チビッコたちにはカブトムシの採れる夜の森、ロマンティックで美しいカクテルライトのステージ照明!ってこれ毎年考えてて、実現できてないんです。

今年こそ、ということで是非お楽しみに。夏休み最初の週末!ご家族連れで参戦に、観戦!SSERのエンデューロシーンが変わります。


OVバックナンバー

No.0437 – Organisation Voice 2002/05/13

ツールドニッポン&スマートエコチャレンジも無事に終了、後片付けに余念がありません。参加の皆様、応援して頂いた皆様に御礼申し上げます。

話は変わりますが、少し気になるNEWSをひとつ。5月3日ツールドニッポンのコンボイは、早朝に岐阜を出発し、先頭グループは日没直後に剣山スーパー林道に入りました。林道の中間部には徳島のチームが通過の確認のために張り付き、抜け出したところにも安全確認のスタッフが、待機。午後10時にはオフィシャルの数台がコンボイで進行。僕は林道に入る手前で所管警察署と携帯電話でやり取り。その後林道内では、大規模ながけ崩れが発生しはじめ、危険を察知したオフィシャル部隊は、それでも最初には、落石を取り除くなどしていたが災害の拡大を危惧し、後続車両に停止を命じ一箇所に取りまとめコンボイで引き返すことにした。その後迂回路から、林道の終点部に移動、待機の徳島スタッフと全車の通過を確認。逆走して林道中間部分へ、2台のオフィシャル車両が撤収のために走行、全ルート上の確認をした。

その中間部分の場所と崖崩れ地点の間で、その時刻の少し前に1台のキャンピングカーが転落していた。約80m転落して大破、お父さんと高校生の息子が遭難した。父親は携帯電話で110番通報をした、子どもは崖を這い上がり、再び父親の携帯の明かりを目指して崖を下り2人で夜を明かし、翌朝歩いて100mのところの崖くずれを超えて歩き林道内で救出されたが、父親は亡くなった。その100m先の崖崩れの向こう側には、われわれが居て、反対に少し歩けば深夜までオフィシャルが張り付いていたのである。新聞では、警察は転落場所の特定が出来なかったとあり、各警察署員を派遣した。とあるがわれわれは誰にも遭遇していない。

そういった情報をわれわれに、あの電話のときに与えていただいておけば、もしかすれば現場に一番近いところに居て、かつ救出するノウハウや救急機材と経験のある大勢の精鋭オフィシャルスタッフがいたのである。僕はその少年の心情を思うと、悲しくいたたまれない気分になる。


OVバックナンバー

No.0436 – Organisation Voice 2002/03/27

 

久しぶりにOVをかきます。「そーとー忙しくて、書く暇がないんだろう。」と思ってる皆さん。そのとおりなんです。いまは、ツールドニッポンのコマ地図の清書中!これが実に時間がかかるんです。ちょうど今北上川を渡る橋の上あたりです。このあと石川啄木の生誕地を通るところで、啄木の詩を記しておきました。「やはらかに 柳あをめる北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに 」まあ啄木ほど故郷を恋すればこのような気持ちになるんだろうなあ、と東京での対人関係や、仕事が上手くいかなかった不器用さに「そうだったんだろうなあ」くらいにしか思ってなかったんですが、あの岩手山や北上川、それらの持つ魅力には啄木ならずとも心打たれました。

今回の旅で一番気に入った町は、そう盛岡でした。ところでラリーレイドモンゴルも、日本人エントラントが80名に達しました。このまま行くと、夢の100名の参加が実現しそうで「思い残すことはない!」などと物騒な気持ちになってさえきてます。まだまだ、プレエントリーのメールが届いてます。


OVバックナンバー

No.0435 – Organisation Voice 2002/03/20

ov020320.jpg

実は僕、結構オンロードバイクが好きだったりします。(これBTMのHP-3.19付けのコラムの真似)若かりし頃はドカのNHRなどを持っていて、となりにTLRが停まっているなど、当時としても相当に変でした。その頃自分のガレージはドカが届いたときの木箱の、DUCATIとプリントされてるベニアを日曜大工で内装材として貼ったりしてました。先週の佐多岬では、モトグッチのV11SUPORTが美しくカスタマイズされてるのを「ほお」と眺めてたりして。で、モトグッチが今、気になったりなんかしています。

こうして自分的にはともかく、先日も書きましたが、世間ではオートバイブームがやってきているようです。新にバイクに乗り始める人、カムバックを決める人。なんともこの春の歳時記のようですらあります。で、多くの方がビッグオンロードに乗るのですが、そんな人たちもやがてブームが成熟期を迎える頃には、行きつけのショップに時々現れる、怪しいオフロードライダーの挙動に興味を持つようになる人も、ボツボツと出てきて、再び輝かしいオフロードの全盛期をむかえるのであります。ってそんなことはないか。

で、ツールドニッポン。千歳空港から車検会場へ、26・27日の両日、表彰式会場から5月6日の11時と11時30分の2便のバスを出す予定です。それぞれ片道2時間から3時間の予定です。鹿児島空港発は午後3時以降の飛行機の手配をお奨めします。出来るだけJTBにお申し込みください。

一方RRM2002、申し込みがどんどん届き始めました。出来るだけお早めにSSERのHPから、参加の意思表示のための申し込みをしておいて下さい。さまざまな事前の準備のためのプログラムが必要なのです。オリアスタイ-ホブド-ゾーモッドとモンゴル最深部へルートを延ばしていきます。モンゴル国内では飛行機もチャーターしなくてはならないと思っています。

きょうの1枚
ツールドニッポン試走・九州篇
あわや山火事に巻き込まれて!危機一髪と思いきやこれは実は野焼き。だったり楽しい光景に次々に出会う南九州の旅。ツールドニッポンの、最後のハイライトシーンの数々です。

 

No.0434 – Organisation Voice 2002/03/18

九州の最南端は、春真っ盛りでした。サクラどころかブーゲンビリアまで咲いて、トロピカルムードいっぱい。3度目の九州行で、ツールドニッポンの全てのルートが完成しました。思えば、昨年の10月から6ヶ月間、パリダカで留守をした1ヶ月を除き、全ての週末をこのルート制作に捧げました。昨日は佐多岬到着時には、ちょっと感慨深いものがありました。

またこの1ヶ月の間に、佐多岬周辺もなんとなく夏の様相になってきてますし、それにつけても日本の広さ、長さ、時間や季節のダイナミズムについて、考えさせられます。さあ、花咲き乱れる、GWのツールドニッポンへ!またモンゴル2002も大勢の参加申し込みが、続々と続いております。さあ、ゴビへ、そしてホブドへ、最後の深い冒険の旅へ。


OVバックナンバー

 

No.0433 – Organisation Voice 2002/03/14

いよいよツールドニッポンの試走も最終の週末を迎えました。思えば10月からパリダカとガストンライエクラシック&ミーティング以外の週末を、全てこの試走にかけた半年の日々に終止符を打つことになりました。まさに春爛漫、陽光溢れる九州路に3度目の出撃です。試走での延べ走行距離は、なんと10,000km!を越えてしまいました。さあ、いよいよです。でも僕はコマ地図の清書という、楽しいけど割りとハードな作業が残っています。

またモンゴルも徐々に最終章に向けての、胸の高鳴りが聞こえてきます。菅原さんはご友人と二人で2台の、クワドのようなバギーのような、ホンダPILOTで出場するそうです。FIAやFIMの車両規則に照らしあいながら、MOTO部門なのかAUTO部門なのか、喧喧諤諤とやっています。僕が先のパリダカで使った、ランクル77改ピックアップもミッションを新品にして、エンジンをオーバーホールして!どなたか希望者先着1名様にお貸し出しします!がいかかでしょうか。まさにフルスペックですよ。後必要なものといえば、ヘルメット位ですねん。その気になると早いしね。


OVバックナンバー

No.0432 – Organisation Voice 2002/03/13

オフイスの前の、まだ花の気配のない山桜の前に、1台のR1100GSが停まった。「誰だろう?」と訝しがってると、ヘルメットを脱ぐや笑顔の山口さんだ。北海道北見市からやってきた。ツールドニッポンのマシンセッティングとかで、こんな所まできてるのかと思えば「いやー日田の林道でガス欠して。」だって、九州も走ってる。でそんな彼の心配は「ツールドニッポンに参加される方の、北海道での寒さ対策だよー!」ということ。夕方からは、いやんなるほど寒いらしい、で今日はそんなことを皆さんにお知らせしておこう、と思います。

さて長らくお待たせしたトランスポートサービス!どうして日本は国内運賃が、異常なくらい高いんだ!と怒りながら、ありとあらゆる輸送手段を検討して、一つの結論をだしました。それなりにリーズナブルになりました。間もなくお手許に届きますのでよろしくお願いします。

さあ、もう完全にカウントダウン状態に突入したTDNですが、お気づきの案件がありましたら、お早めにお問い合わせください。もちろんモンゴルもね。


OVバックナンバー

No.0431 – Organisation Voice 2002/03/12

なんだか最近、オンロードバイクが気になってると撮影用に事務所に、ニンジャ改のスンゴイノがやってきて、異様な存在感を放っているではありませんか。で、雑誌とか読んでると、結構ビッグバイクは盛り上がってる。おまけに檮原町の町長にお目にかかってご挨拶をしてると「最近大きいバイクのブームじゃないか」とのシャープなご質問。恐れ入りました。

ついでに事務所の中でもそんなバイクの話題が持ちっきりで、「なるほどなあ。」と思うことしきりです。もちろん本屋さんの店頭でも、そんなバイク雑誌が復権を遂げかけていて、代わりにパソコン雑誌が少し減ってるんじゃないかと思います。これは僕の私見で以前からよく言っていたんですが、「バイク雑誌とパソコン雑誌は、ライバルだ。」と。

さてツールドニッポン!困ったことにモンゴルへ行くので!とキャンセルされる方が何人か現れて困ってます。そう、今ドキッとしたあなたです。NHKの方が見えられて「ツールドニッポンの意義」のようなお話をしました。そうこれの意義ってなんなんだろうか。たとえばこのドラスティックな移動で見えてくるものはいったい。それは同じ時期の日本に流れる季節の違いや、風土や文化の違いを肌で感じることであったり、と言いようはいくらでもありますが。

こたえは「ただ連続した線で、日本を縦断すること。」受け止め方は、一人一人違うと思います。でも、その記憶は大会が終わってから、日々充実して参加する方の財産となることだ、とお思います。もちろんこうした考え方はラリーレイドモンゴルにも共通して貫かれています。ラリーレイドの魅力は、そのハードさゆえに留められる莫大な記憶!なんです。


OVバックナンバー

No.0430 – Organisation Voice 2002/02/27

ov020227.jpg (13715 バイト)

ツールドニッポンの本エントリーがどんどん始まっています、と同時に凄まじい量の質問、問い合わせが続いています。「一つ一つに丁寧に答えよう!」と頑張っていますが、それは毎日一日がかりです。

そこで少しばかりの総括的なオハナシ。

まず知って頂きたいのですが、レギュレーションと法令はあまり関係ありません。つまり法律の範囲より時によっては、レギュレーションの規制のほうがタイトであったリします。「法的に認められてるのだから、どうしていけないのか。」といわれます。また、逆にレギュレーションからはずした項目(TBI時代の)をご心配されてる方も多く、ドレンボルトのワイヤリングや、プロテクターをジャケットの上からつけても良いのか?ドライブスプロケットカバーははずしてはイカンと書いてないけど、はずしても良いのか?車検でだめだといわれてもパーツがないだとか。ヘルメットの製造年月日の規制も深刻なようです。安全で万が一の事故でも最小の損害で済むように、と考えたうえでいくつかのことを法規よりもタイトにお願いしてるだけです。いたずらに規制して困らせてやろうとか、車検で落っことしてやろう!などと全く考えてない訳です。

いかに楽しく快適で、愉快なたびが出来るのか!願いはそれだけです。ホームページ中のFAQも充実させていきます。もちろんこれからも質問はどんどん受け付けますが、またHP中に既掲載のお問い合わせなど今現在も届いていますので、ご質問される際は一度HP上のFAQコーナーをご覧になるなどのご協力をお願いいたします。

きょうの一枚
ちょっと気分を変えて、ダカールから1枚。


OVバックナンバー