No.0450 – Organisation Voice 2002/09/30

モンゴル高原は、もう晩秋の気配。少しシベリア寒気団が勢力を増すと、吹雪いたりします。そのさまは凄絶で、そう遠くない厳しい冬の事を意識させずにはおきません。今夏は、雨が少なく全国的に草原が茶色くて「今年の冬は厳しそう」と遊牧民は口々にこぼしています。世界的な洪水禍と、乾燥化が両極で蝕んでいます。1ヶ月におよんだ米津誠さんの捜索には、この夏RRMに参加された皆様から、たくさんの善意が寄せられました。本当にありがとうございました。本当に参加された皆様の熱い心が、捜索に冠する励ましになったことを感謝いたします。また、RRMの覇者ガントルガは、1人でロシアンジープに、米津さんの捜索のビラを貼って、広大なゴビを何日も「探したり、遊牧民に聞いて回ったり」しているところにバッタリ。「とても心配でじっとしていられない」と彼。われわれ捜索チームの心を打ちます。そんなガントルガは、いま11月に予定のガストンライエクラシックに参加を表明。日本にやってきます。

またラリーレイドモンゴル 2002の映像は、 11月 2.3日と開催予定の「ガストンライエ・ミーティング」にてご紹介を予定しております。晩秋の信州路を楽しく走りましょう。ルート設定とクイズ形式の設問は、大西英樹氏が担当。GSクラブの澤田さんたちも共催で、応援していただいております。「始めて林道を走る方にも」安心してご参加いただきたいと思います。もちろんBMW-Japanも後援いただいています。FLATさんもね?このスペースをお借りして協賛依頼です。ところで、このミーティングに参加する方は、オークション出展品をご用意くださいな。僕は「・・・」を出展するんだい。


OVバックナンバー

No.0449 – Organisation Voice 2002/09/10

連日寄せられます皆様からの熱い激励、ありがとうございます。心より御礼申し上げます。捜索も4週間目に入りました。いろいろとご心配をおかけしておりますが、最善の努力を傾けてまいります。こちらモンゴルはすっかり秋の気配です。特に主たる捜索エリアは、朝夕の冷え込みも厳しく、一段と危機感を募らせております。どうか、皆様の祈りの気持ちを背に、一刻も早く発見救出できますよう、さらに全力で取り組みます。