No.212「菅原からの手紙」- 菅原さんからの手紙 2016/08/22 10:40

 今日(26日)の東京は雲一つない快晴でした。こんな大都会で青い空が見れるのは、東京位だと思っております。
 先日、ウランバートルで見た空は都心の上だけ埃で曇ってました。東京の道路の舗装率は、ほぼ100パーセントで車や人が移動しても埃が立たないのですね。その代り雨の吸水性が無いので、大雨が降ると大変です。渋谷の地下に一時的に雨水を溜める大きなタンクを作っているそうです。
北海道の川が氾濫したり、異常気象ですね。

4X4マガジン社さんが、動画をアップしてくれましたので見て下さい。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

パートナーショップ・FUTUREショップとは

パートナーショップとは


クロスカントリーラリーを中心とするSSERの各イベントへのエントリーの申し込みや、さまざまな情報の提供!さらに車両制作に関するアドバイスや車検などについても・・・お近くのSSERパートナーショップで・・・相談してみてください!!

FUTUREショップとは


クロスカントリーラリーを中心とするSSERの各イベントの情報の提供を行っています。

 

No.211「菅原からの手紙」- 菅原さんからの手紙 2016/08/22 10:40

letter_211_20160822_1040-01この写真を見てどんな事を感じますか?

場所はシャンゼ通りです。
私は自由と挑戦を強く感じました。

先に見える凱旋門にその後、軽飛行機が
縦になって 通過して警察にパイロットは拘束されます。
その後、同じパイロットがまた、凱旋門を飛行機で通過するのです。
私は偶然その場にいました。市民は大きな拍手をしてました。

日本では考えられない光景でした。

自己責任でやるのは危ないほど楽しいのです。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

 

Overall Look

DAY REPORT LINK: ET8  [JP]  [EN] |  ET7  [JP]  [EN] |  ET6  [JP]  [EN] |  ET5  [JP]  [EN] |  ET4  [JP]  [EN] |  ET3  [JP]  [EN] |  ET2  [JP]  [EN] |  ET1  [JP]  [EN] | 
 

This rally presented a “landscapes no one has ever seen” theme and the finding of new routes for it took over a year. The weather during the rally itself was extremely good however the heavy downpours in Hanggai just before the rally caused a huge rise in water levels in valleys and gullies leading to cancellation of the SS for Etap 5. Driving along paved roads in good weather was in one sense a fresh experience. The cancellation notice given the night before the SS allowed taking action such as moving up tire changing times. Anyway, the new trials and experiences encountered along the entire course were a huge success. The new course changes this year allowed us to enter areas that were difficult to include in the route up to now. During the drive, by the time we started thinking, “Okay, let’s go meet some moose and reindeer” and “back to dinosaur valley” the ZoonMod plan was already taking effect! The next rally may likely take a route in the form of a big circle joining the northernmost and southernmost areas. That feeling of “we’re going to find something we never saw before” is likely to continue. Finally, both the participants and rally officials felt the same thing, namely that the route this year helped us enjoy the real beauty our planet has to offer!

 


RESULTS

General Result

Group Standings

 


PHOTO

List View

RM2016-表彰式

 

 

 
Latestnews  [JP]  [EN] |  Entrylist  [JP]  [EN] |  Routeinfromation  [JP]  [EN] |  Routedistination  [JP]  [EN] |  Outline  [JP]  [EN] | 

総評

DAY REPORT LINK: ET8  [JP]  [EN] |  ET7  [JP]  [EN] |  ET6  [JP]  [EN] |  ET5  [JP]  [EN] |  ET4  [JP]  [EN] |  ET3  [JP]  [EN] |  ET2  [JP]  [EN] |  ET1  [JP]  [EN] | 
 

本大会は「まだ誰も見たことのない風景を」を標榜して、新たなルートファインディングを1年がかりで行った。大会期間中は非常に良好な天候に恵まれたが、その直前までハンガイに降った雨が涸川に大量の水を運び、直前までの調査でEtap5はSSの中止が決定された。快晴の舗装路は痴愚意味で新鮮だった。前夜の発表としたためタイヤ交換のタイミングをずらすなど対応ができたようだ。しかし全行程を通じて新しい試みはとてもうまく行った。

このことにより、これまでルートに組み込むことが難しかったエリアへも進入できる。「そうだ、トナカイやヘラジカに会いに行こう。」という思いと、「恐竜の谷へ再び」というゾーモット計画もすでに活発化。おそらく次は最北端と最南端をつなぐ0字ルートになる見込みだ。さらに「まだ見ぬ風景を目指して」は続きそうな予感だ。

最後に、本当に今回のルートは地球の美しさを堪能できた。それは選手も役員も同じ思いだ。

 


RESULTS

総合成績

グループ別成績

 


PHOTO

一覧形式はこちら

RM2016-表彰式

 

 

 
Latestnews  [JP]  [EN] |  Entrylist  [JP]  [EN] |  Routeinfromation  [JP]  [EN] |  Routedistination  [JP]  [EN] |  Outline  [JP]  [EN] | 

ETAP-8 14 AUG. 2016 (EN)

DAY REPORT LINK: ET8  [JP]  [EN] |  ET7  [JP]  [EN] |  ET6  [JP]  [EN] |  ET5  [JP]  [EN] |  ET4  [JP]  [EN] |  ET3  [JP]  [EN] |  ET2  [JP]  [EN] |  ET1  [JP]  [EN] | 
 

wp-title_featured-1050x350-ETAP8

BAYANGOBI⇒ULAANBAATAR

S:246.08km L:81.87km P:25.87km TOTAL:353.82km
L:260.28km P:25.87km TOTAL:286.15km【SM_class】

 ETAP8-REPORT

 We are now in the final stage of our long battle. Last year on this day the Hino Team had to retire and you can guess that today will bring a lot of trouble. Teruhito Sugawara and the Hino Ranger racing truck who didn’t arrive from the Silk Way Rally from Russia in time for this year’s Rally Mongolia, came in today in a show of support. A low morning fog rolls over the sand dunes creating a unique almost mystical scene.

All vehicles rush toward the dunes in a headlong attack.

Finally they reach their goal which is the afternoon victory parade in Ulan Bator (Ulaanbaatar). The KTM450 Rally bikes rank 1, 2, 3, 4 at the goal standing. Many cars however have had to retire but the Yoshimasa Sugawara/Yoko Wakayashi team in their Yamaha YXZ1000R held on to win their place on the victory stand. They are the only Japanese to participate in the champagne fight at the conclusion of this rally. The curtain finally closes quietly on this battle held over the Mongolian grasslands and all come for tonight’s closing ceremony.


ROUTE INFORMATION

 「Sunday—the day of our victorious return」

The rally SS starts from the bivouac. The cars take off and enter the dunes. After getting through the dunes they proceed along the riverside. The dunes and river and grass plain all overlap into an astounding visual frame. This splendid spectacle is very likely something you will only get to see in Mongolia. We make constant CAP adjustments during the drive and cross over pistes. We pass over a number of small smooth green hills and cross a bridge. There before us is the old main piste. The old main piste somehow has a sad desolate look to it because of the paved road built there. We gradually veer away from alongside the old main piste and the course reveals continual smoothly sloping beautiful green mountains. After passing over a number of mountains we see a small town right before our eyes. That is the SS finish point. We drive along the paved road to the regroupment point. There the SM class will join along with us for parade to the goal.


Results

  http://www.sser.org/hpp/2016_rm2016/res-pdf/RM2016_ETAP-8.pdf

Photo 

一覧形式はこちら

SSER-RM2016-ETAP8

 
Latestnews  [JP]  [EN] |  Entrylist  [JP]  [EN] |  Routeinfromation  [JP]  [EN] |  Routedistination  [JP]  [EN] |  Outline  [JP]  [EN] | 

ETAP-8 14 AUG. 2016

DAY REPORT LINK: ET8  [JP]  [EN] |  ET7  [JP]  [EN] |  ET6  [JP]  [EN] |  ET5  [JP]  [EN] |  ET4  [JP]  [EN] |  ET3  [JP]  [EN] |  ET2  [JP]  [EN] |  ET1  [JP]  [EN] | 
 

wp-title_featured-1050x350-ETAP8

BAYANGOBI⇒ULAANBAATAR

S:246.08km L:81.87km P:25.87km TOTAL:353.82km
L:260.28km P:25.87km TOTAL:286.15km【SM_class】

 ETAP8-REPORT

 長い戦いも最後のステージ。昨年はこの日に首位を走るHINOがリタイアした日。波乱が予見できる。シルクウェイから到着が遅れラリーに間に合わなかった菅原照仁とHINOレンジャーレーシングカミオンも応援に訪れた。砂丘には低い朝霧が流れて特別に神秘的な風景。そこに向かって全車アタックを開始。そして、午後にはウランバートルにパレードでゴールした。KTM450Rallyが1.2.3,4でゴール。AUTOは多くのリタイアを生み、菅原義正、若林洋子組YAMAHA YXZ1000Rが耐えに耐えて表彰台をゲットした。今大会シャンパンファイトに参加できた唯一の日本人となった。こうして静かに大草原の戦いは幕を下ろし、今夜の閉会式を迎えるに至った。


ROUTE INFORMATION

「凱旋は、日曜日。」

SMクラスはラリーのスタートを見学した後、舗装路でリグループメントのポイントまで移動。ラリーはビバークからSSがスタートする。スタートし、デューンに入る。デューンを抜けた後、川沿いに進む。デューンと川と草原がワンフレームに納まる、そんな素晴らしい光景はモンゴルだけでしか見られないのではないだろうか?何度かのCAP走行でピストを乗り換えて進む。穏やかな緑の丘を幾つか越え、橋を渡る。そこは古のメインピスト。舗装路が出来て寂れた様子が感じられる。その古いメインピストを脇に逸れると緩やかな緑の美しい山が続く。幾つかの山を越えると眼下に小さな町が見え、そこがSS FINISH。舗装路でリグループメントポイントに進む。そこからはSMクラスも一緒にゴールまでパレード。


Results

  http://www.sser.org/hpp/2016_rm2016/res-pdf/RM2016_ETAP-8.pdf

Photo 

一覧形式はこちら

SSER-RM2016-ETAP8

 


Latestnews  [JP]  [EN] |  Entrylist  [JP]  [EN] |  Routeinfromation  [JP]  [EN] |  Routedistination  [JP]  [EN] |  Outline  [JP]  [EN] |