No.288「アフリカエコレースに行ってきました。」- 菅原さんからの手紙 2022/11/28

10月16日にモナコを出て、380kmKM先のセッテ港からフェリーに乗り18日にモロッコのナドールに着き、そこからラリーが始まりました。
船上であったブリーフィングでは、40年ぶりの大雨が降ったので29日のSS1はキャンセルにするとの事でした。

2日目はあの有名なメルズーガで大きな砂丘が待っており、4輪で初めてのナビの増田まみちゃんは一生懸命頑張ってました。
私のヤマハYXZは1台だけの出場で、フロントウインドウは特別に付けてあるのですが走行中は埃が巻き込んできて大変です。
SSVクラスで出ていた選手でフルへイスのヘルメットの上の部分にホースでクリーナーを通して、綺麗な空気をモーターで強制的に送りこんでました。

これならヘルメット内は埃もなく、少しは涼しくなるでしょうが、視界が狭くなりますね。一番暑い日は50.5度もあったようです。
パンクは3回しましたが、ヤマハさんからこの車を開発した方が来てくれたおかげでメカトラブルは一切なしでゴール出来ました。

ゴールのラックロゼは増水して大くなり、前あったお茶さんは水没しており、湖の色もピンクが薄まり普通の湖になってました。
モンゴルからお手伝いに来てくれたバイラーさんはマイナス15度のウランバートルに帰って行きました。

来年は3月にあるので2月の航空券を予約したら7人待ちだそうです。

1枚目の写真:2022年の走りの写真
2枚目の写真:2022ゴール。主催者のシュレッサーさんがお祝いに来てくれました。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏
 

SSER 2023 SCHEDULE

 

大会名称:The 9th YUFUIN RALLY 3DAYS 2023 開催日:2023年4月7日(金)~4月9日(日)3日間

「悠々と、急げ」

いまや春の風物詩、山桜の頃の九重連山と阿蘇路は、悠々と走るのが良い。確かに多くのSSが畳み掛けるようにありはするが、それでも悠々と走れ。そして次のSSへ急げ。夜には肌寒いけれど仲間と楽しむ時間が期待できる(新型コロナ感染状況による)。
そして阿蘇の地球の鼓動を聞くのだ。湯布院はいつもの顔ぶれと新しい仲間を待っている。

■ 開催場所:九州 湯布院 ■ 受付開始予定:2023年1月16日~ ■ エントリー締切:2023年3月25日

 

The 35th TOUR DE BLUEISLAND 5DAYS 2023 開催日:2023年4月30日(日)~5月4日(木・祝日)5日間

「伝統のTBIを走れ」

まだ日本国内にマップホルダーなどない時代に、TBIははじまった。SSERが真っ先に取り組んだのは、そのマップホルダーの制作だった。それから35年の月日が流れた。毎日のように繰り返された試走とマップ制作の旅は、パリ・ダカールに足を延ばし、モンゴルのラリーにまで発展した。そんなSSERの原点、伝統のTBIを走れば、新しいなにかが見えてくる。

■ 開催場所:四国 ■ 受付開始予定:2023年1月23日~

 

大会名称:The 6th RALLY TOHOKU 3DAYS 2023 Rallye Gaston Rahier 2023 TOHOKU  開催日:2023年7月15日(土)~7月17日(月・祝日)3日間

「会津に残る濃厚な軌跡」

2023年のラリー東北は2戦。これはあの2019年の大会用に用意されたルートだ。あの台風の直撃を受け、ほとんど走行が叶わなかったルートが残されている。夏の、素晴らしい風の中を駆け抜けよう。ラリー・ガストンライエもシリーズになる。そして宿は温泉だ。

■ 開催場所:東北 ■ 受付開始:2023年4月20日~

 

FA-coat RALLY MONGOLIA 2023 INTERNATIONAL CROSS COUNTRY RALLY 開催日:2023年8月5日(土)~8月11日(金) 7etaps

「モンゴル、再び」

世界がウイルスの拡散にボーダーを閉じている間に、GOBIの奥地は静かに静謐を保っていた。怖ろしいほどの円安や物価の高騰、そしてロシアの軍事行動が落とす影は深刻だ。それでもあの無垢なモンゴルの大地、輝くような極限の日々。
わたしたちは自らのアイデンティティを賭して、再びモンゴルに向かう。
困難は道連れだが、それさえもまた喜びである。
2023年.モンゴル、再び。

■ 開催場所:モンゴル ■ 受付開始予定:2022年11月30日~

 

大会名称:SSER Raid Trek series Altai ADVENTURE 2023 開催期間:2023年8月19日(土)~28日(月)

「アルタイの氷河へ」

ロシア・アルタイ共和国/カザフスタン/中国/モンゴルの4か国が国境を接する秘境中の秘境。そこは氷河を擁するアルタイ山脈の高峰の麓。ウランバートルからモーターサイクルと4×4でアドベンチャーに旅立つ。そこにあなたは何を見るだろうか。その氷河に立てるかは、それはその人の持つ運だともいわれる、これまでにはないルートとアクティヴィティを交えて。再び訪れる。ただし冒険である。

■ 開催場所:モンゴル ■ 受付開始予定:2022年12月24日~

 

大会名称:The 7th RALLY TOHOKU 3DAYS 2023 Rallye Gaston Rahier 2023 TOHOKU  開催日:2023年10月13日(金)~10月15日(日)3日間

「北東北は、紅葉の中」

2022年、参加者たちが息をのんだ美しい景観とダートのウエルバランス。ラリー東北の美しさは筆舌に尽くしがたい。クロスカントリーラリーの至高のコンペティションにしてツールドニッポン・シリーズの最終戦だ。ここを戦えば全4戦のシリーズは5000キロの国際ラリーのボリウムになる。そして東京のシリーズ戦表彰式に向かうのだ。

■ 開催場所:東北 ■ 受付開始:2023年6月20日~

 

 

 

SSER ORGANISATION PRESENTATION 2023のご案内

 

「地平線を追って」

さまざまにわれわれを取り巻く環境は変化しています。この数年間は、さまざまに苦闘の日々でしたね。それでもわたしたちはまだ追い求める地平線があります。PRESENTATION 2023&PARTYで、存分に夢と思いを語り合おうではありませんか。

深い、充実のアドベンチャーラリー、プリミティヴであることを目指すラリーモンゴリアと国内のシリーズ戦など最新の情報と笑顔を準備してお待ちしております。ツールド・ニッポンシリーズ2022表彰式も併催いたします。

どうぞお誘いあわせの上、 以下の通り発表会場にお運びくださいませ。

 

■-説明会会場-■

日 時
12月10日(土)
開場 17:00
説明会 17:30~19:00

場 所
恵比寿ガーデンプレイス SPACE6
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号
恵比寿ガーデンプレイスタワー4階

定 員
完全予約制/70名
定員になり次第締め切ります。

 

■-懇親会会場-■

日 時 / 12月10日(土) 19:30~21:30
場 所 / アロハテーブル 代官山
会 費 / お一人様 8,000円
(会費はPRESENTATION受付にてお支払いをお願います。)

 

■-お申し込み-■

コチラのページからお申し込みいただけます