シリーズ戦表彰式 及びPRESENTATON2021についてお知らせ

シリーズ戦表彰式 及びPRESENTATON2021、懇親会は新型コロナウイルス対策のためリモートにて開催する予定です。と発表しておりましたが、現下の都内の感染状況の推移を見て、なんとか早い時期で都内で顔を合わせて開催又は、それが厳しい場合は来年に再度リモートでの開催を検討しますのでまたご案内いたします。

SSER 2021 SCHEDULE はこちら

 

 

SSER 2021 SCHEDULE

「九州に、浸る。」

矢継ぎ早に展開する最近の濃厚なSSは。まるでSSER 3DAYSの、あの時代を髣髴とさせる。しかし景観はたおやかな九州のそれだ。山々の姿は奇妙だがたおやかだ。美しい由布岳のふもと、久住山を越え阿蘇に至るルートは、初春の歓びに溢れている。さあ、2021も、ここから走りはじめよう

 

「GRAND RAIDの秘密」

「密なるものの語る声は静か」33年の歴史を刻むTBI、ここには不思議な世界観が広がっている。それは心理的なものであるというよりも、人々の暮らしの中にある精神性や、もちろん空海が開いた数多くの伝説と名刹からかもしれない。そうしたことから昨年の当初のルート計画である「四国巡礼の旅」をもう少し煮詰めて行きたい。また2020年の大会のように、宿泊施設の質を上げようと思う(Go toが終わってればエントリー費に若干反映される)まだまだ未発見のものやことがたっぷり残る四国の密かなるもの語る声に耳を傾けてグランドレイドな旅を。

 

「ラリーに過ごす日々。歓喜のラリー」

美しい季節の北の大地に集う歓びはまた格別だ。ラリーの中に身を置くと、次第に笑みがあふれ、歓びに心が震える。ラリーとはなにか。多くの先輩らがラリーに関する名言を残した「ラリーは人生だよ」とかに集約されるが、北の大地のラリーだと、日本の位置や考え方などもおのずと考えてしまい、わずかに複雑な思いにもなるけれど、それはかつてのアフリカやユーラシアのラリーでも、似たようなものを感じた。そして、この大地に集う日々こそ、この時代にラリーマシンに跨っているということに、熱い喜びを感じるだろう。

 

「Go To Rally、Go To GOBI」

世界がウイルスの拡散にボーダーを閉じている間に、GOBIの奥地は静かに静謐を保っていた。そこに再びラリーに集う、ラリーに会う、ラリーで出会う、そうした他では得られない極限の地での、新しい自分やたらしい友たちと共有する場である。
2021年のモンゴルは、そうした忘れてはいなかった僕たちの地を滾らせてくれるに違いない。ラリーモンゴリア27年目、われわれはいつまでもプリミティヴで冒険だ。

 

「日本の原風景は、東北にあった」

2020年10月、鳥海山に初冠雪のあった時にラリーはその麓を走り抜けた。蔵王の山々から見る景観は豊かな日本の田園風景そのものだった。まだまだ東北の魅力は数日間のラリーでは伝えきれないが、多くの旅人のそれとは違い、われわれは皮膚感覚としてそれを知ることができよう。東北の地は、秋が美しい。この季節こそ、この世界に浸りたい。

 

NPO-SSER

 

「ヨーロッパまで、走れ」

美しいモンゴルを2本の足で走る。ヨーロッパまで続く大地のうねりの中で、チンギス・ハーンが世界征服をにらんだように、わたしたちは自分の能力の限界に挑む。まだ見ぬ世界はあなたのイマジネーションを超えている。

 

SSER TV vol.12

 SSER TV vol.12 さて、少し遅くなりましたがTBIの後半戦の模様をレポートします。
懸案の映像不足をどのようにカバーしたか?まあ、そんな視点で見るのも面白いかも。

SSER TV
 https://sser.jp/sser-tv/

#SSER
#TBI
#オフロードバイク
#ラリーレイド
#ランクル100
#ランクル70

No.265「AERの中止を受けて 」- 菅原さんからの手紙

予定通り、順調に準備してましたが、フランスの9大都市に外出禁止令が発令されて、我々のガレージのあるルマン市は21番目に当たるので、11月末には現地に行き用意しようと思っていた矢先に大会中止の連絡を受けました。

ラリーが終わった1月下旬に帰国して、2月と3月に渡仏して後始末やら、今後の用意をしていたら、コロナの騒ぎが広まり、渡仏できずにいましたが、近所の古い友人たちが助けてくれて、新しくターボキットを取り付けたりタイヤを新しく29インチを組み付けてくれたりして、作業も終わりガレージで保管中で12月中頃に船出しして、1月初めにセネガルで車検があり、セネガルをスタートしてモーリタニアに入り、ダカールにゴールする予定でした。

約40年ぶりに日本で正月を過ごす事になります。

菅原 義正

写真1 オプションでヤマハから売り出されたターボキットを組み込みました。
写真2 整備をしてくれてるお嬢さんがバイクの耐久レースにシリーズで参戦中です。
写真3 30インチから29インチにダウンしたタイヤ。

 

 


著者紹介 菅原義正氏

 

TOUR DE NIPPON SERIES 2020 シリーズ戦ランキング

TDN2020 シリーズランキング 4戦分合計

Pos.Name第1戦第2戦第3戦第4戦合計   
1泉本 拓也10151540
2中島 幸広1561031
3岡本 薫121224
4島田 和幸81220
5福岡 秀之65819
6尾島 嘉男10515
7西森 裕一8311
8砂川 保史437
9松井 航66
10永長 紀明55
11土師 雅崇44
11加地 守44

TDN2020 第1戦 第6回湯布院ラリー3days 2020

Pos.NamePoint
1中島 幸広15
2岡本 薫12
3泉本 拓也10
4西森 裕一8
5福岡 秀之6
6永長 紀明5
7土師 雅崇4
8岡 義宏3
9袴田 真滋2
10足立 秀成1

TDN2020 第2戦 第32回ツールドブルーアイランド 2020

Pos.NamePoint 
1泉本 拓也15
2岡本 薫12
3尾島 嘉男10
4島田 和幸8
5中島 幸広6
6福岡 秀之5
7砂川 保史4
8西森 裕一3
9上西 康彦2
10新堀 晃教1

TDN2020 第3戦 第14回クロスカントリーラリー北海道4days 2020

Pos.NamePoint
-中止-

TDN2020 第4戦 第3回ラリー東北3days 2020

Pos.NamePoint 
1泉本 拓也15
2島田 和幸12
3中島 幸広10
4福岡 秀之8
5松井 航6
6尾島 嘉男5
7加地 守4
8砂川 保史3
9二杉 茂雄2
10児玉 啓1

ラリー東北2020総括

新型コロナウイルス対策として様々な取り組みを持って開催したラリー東北2020は、素晴らしい日々となりました。

素晴らしい参加者と、すばらしい景観、手に汗握る林道群で繰り広げられた秒差の戦い。そのどれもが記憶に残るものとなりました。

特に総合優勝の泉本選手の堂々たる戦いぶりや、僅差の福岡選手と松井選手の戦い、常勝を誇る尾島選手の出遅れなどと評すれば書ききれないほどのドラマがたくさんちりばめられていました。

今回は宿泊などにGo to Travel を利用して素敵な宿泊施設が用意できました、来年以降の大会でもこうしたフォーマットはキープしてまいりたいと思います。
ハードなコンペティションとリラックスしたスティ、これからのラリー東北の方向性は見えてまいりました。

山田 徹

ラリー東北ホームページはこちら

SSER TV Vol.11

秋に開催されたTBI、32回大会。 新型コロナウイルス感染対策で人数も制限して、距離も少し短くなったけど、中身の充実感はたっぷり。 テーマもグランツーリズム。。ってTBI-GTかな。まずはその始まりの部分と、全参加者の定点カメラによる走行シーンをご覧ください。

SSER TV
http://sser.jp/sser-tv/

#SSER
#TBI
#オフロードバイク
#ラリーレイド
#ランクル100
#ランクル70