No.0129 モンゴルからの試走レポートです – Organisation Voice 2000/07/11

Pocket

モンゴルからの試走レポートです

無事ウランバートルに到着しました。この10日余りのモンゴルの大地を今、静かに振り返っているところです。このモンゴルの大地に立っていると、まずその静謐さに驚かされます。夜、星空を見上げれば、さまざまな思いがわいてきます。少し大げさに言えば自らの内なる声が聞こえる、というような事があります。たとえばヒマラヤなどの高山や、もちろん日本の山々にもある山岳信仰、あるいは極地、砂漠、無人の荒野というのは大小の違いはあれ人にさまざまなインスピレーションを与えます。このモンゴルの大地では、ただ風の音のみがするばかりです。なにもない、という贅沢、それは自身と語り合うことのできる少ない機会のひとつです。この7年間にもわたってくり返した私共のモンゴル試走。わたしたちの人生に、かけがえのない記憶として、はっきりと深く刻まれています。そんな人生を少しばかりかけたRally Raid MONGOL、もっと多くの方々に深く貴重な体験を、と心からそう願っております。


OVバックナンバー
ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。