ETAP-4 10 AUG. 2016


このページは過去に開催されたイベントの情報です。
This page is information on events held in the past.


DAY REPORT LINK: ET8  [JP]  [EN] |  ET7  [JP]  [EN] |  ET6  [JP]  [EN] |  ET5  [JP]  [EN] |  ET4  [JP]  [EN] |  ET3  [JP]  [EN] |  ET2  [JP]  [EN] |  ET1  [JP]  [EN] | 
 

wp-title_featured-1050x350-ETAP4

BAYANHONGOR⇒BAYANHONGOR

L:2.42km S:283.87km L:7.13km TOTAL:293.42km
休息日【SM_class】 

ETAP4 REPORT

ラリーの中ごろに、No-GPS Dayという設定がある。それが今回はEtap4だ。それでもスタート地点に帰ってくるループの設定でもあり、しかもSS1本のみなので、ちょうどハーフディスタンスのショートトリップだ。目指すはゴビに浮かぶ不思議な湖。ここでAUTO部門のトップ、総合3位を走るゼッケン105のランドローバーがストップ。修理に相当な時間を要し大きく後退。そのほかは順調に消化。ハイスピードでご機嫌なルートで、そのほかに大きな波乱は見られなかった。ただしGPSの使用を禁じられたクラシカルなルートブックとコンパスだけのステージは、思いのほか強いインプレッションを与えたようだ。

 


ROUTE INFORMATION

「ラリーモンゴリア詩を彩る、不思議な湖の話し」

今日は2つの湖に行く。過去にはそのナビゲーションのむずかしさから、なんとプリウスがステージウインをしたというルートだが、今回はそこまで難しくはない。それでも非常に複雑に入り組んだピストを行くと徐々にアベレージが上がって行く。大平原をどんどんと進むと、くだんの湖が見えてくるポイントでCP。ここで大きくCAPチェンジ、またハイスピードピストで町へ向かう。湿地帯あとのコブと砂が繰り返すタイトターンが続くエリアを進む。ループだが手ごわい1日となる。SMクラスは、休息日

 

 


Results

http://www.sser.org/hpp/2016_rm2016/res-pdf/RM2016_ETAP-4.pdf 

Photo 

一覧形式はこちら

SSER-RM2016-ETAP4

 
Latestnews  [JP]  [EN] |  Entrylist  [JP]  [EN] |  Routeinfromation  [JP]  [EN] |  Routedistination  [JP]  [EN] |  Outline  [JP]  [EN] | 
Bookmark the permalink.

Comments are closed