No.126「もうすぐTBI」– 菅原さんからの手紙 2013/04/24 11:43

letter_126_20130424_1143_01気が付けば、もうすぐTBIですね。私は26日に自走で東京を出て、渥美半島を通り、鳥羽で一泊して27日はプラザ坂下の近くの宿に泊まります。

バイクはハスクバーナの250で、国産の250ccクラスより約35Kgも軽いので加速の違いが体感できます。

タイヤは公道を走れるトライアルタイヤを履きました。

以前、「ぴよこ隊」がダカール・ラリーに出た時、セローに同じタイヤを使ったのですが、アフリカに渡ってすぐにリタイヤしてしまい、うちのチームでスペアータイヤを大量に預かっていたのですが、会うことが出来なくで、彼達3人はタイヤ無交換でダカールまで走って来ました。

サービスで来られた麻生さんは隊員と自分が作ったセローに久し振りに会へ、嬉しくてタイヤの山が殆どなくなったセローに乗って、ぐるぐる回っていたのが懐かしく思い出します。

そんな訳で、今回はスペアーのタイヤは不要ですね。

先週は御殿場の工場にナビの高橋君と行き、モンゴル・ラリーに出るジムニーの整備をし、0-400のテストをしたら約27秒でした。(少し登り坂)。参考までにレンジャーのを調べたら約20秒だそうです。持って行く荷物も用意して、リストも作りました。

写真は今日(23日の夕方)写しました。ヘッドランプを角型から丸型に変更しました。

では、TBIでお会いしましょう。

No.125「ダカールの用意が始まりました」の続き。– 菅原さんからの手紙 2013/04/12 12:00

letter_125_20130412_1200_01運転席の中のダッシュボードや計器類や配線類など殆どの部品が外され、ナビ席のスティに沢山の穴を開けたら1Kgの軽量が出来ました。予定は100Kg位(車両全体で)軽量したいのですが、どうなりますかね。

写真でも分かりますが、ハンドルの向きに注目して下さい。ここまでにするにはパワーステアリングの容量を特別に大きくしないと出来ないのです。ハンドルの大きさも普通の自動車と同じサイズですが、これで両輪で約300Kgの重さ(高さは約140cm)のタイヤを自由に操舵するのです。

今年から主催者側から室内に張らされた「セーフティドライビングルール」のステッカーですが、絵だけで分かるのが良いですね。

アフリカでのリエゾンは150Km/H位で走れたのですが、今はとても厳しくなり、違反するとペナルティになります。

温度の記録シールを天井の内側に貼ったのですが、60度の色が変わっており、70度は変わって無いので、70度以下だと分かりますが結構な温度になってますね。

最後の写真は配線類の清掃をしている高橋君。今日はとても寒かったので30年前の作業着を着ての作業で歩道ぎりぎりですね。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

letter_125_20130412_1200_02

letter_125_20130412_1200_03

letter_125_20130412_1200_04

 

No.124「ダカールの用意が始まりました」– 菅原さんからの手紙 2013/03/28 14:37

letter_124_20130328_1437_012号車(照仁が乗ってクラス優勝をした車両) の運転席が外されて本日、恵比寿の会社に運び込まれました。

この運転席は来年の1号車に変身し、今年私が乗った1号車がそのまま2号車になります。

昨年のラリーレイドモンゴルでテストした車両はエンジンの排気量は一緒ですが、電子制御の燃料噴射装置を初めて搭載しました。今、販売されてるレンジャーはとっくに電子制御なのですが、ダカール・ラリーでは燃料の質や細かい埃など、精密な噴射装置には良くない事ばかりなので、慎重にテストを重ねて1号車となり今年は私が運転し改良され、来年は2号車と呼ばれ、クラス優勝を狙う照仁が運転します。

運転席の外観の違いは、1号車と2号車ではブッシュガードの色と補助灯位ですが、運転席の前の計器周りは、運転手の好みがあるので大きく違います。 明日からボディを細かくチェックし、クラックが入ってないか調査し、その後、次回用に各部の変更などの作業が続きます。(作業内容は超極秘です)

今年のラリーレイドモンゴルでデビューしますので、お楽しみに……

今年はサービスの大きなトラックも新調するので大忙しです。

追伸 会社の看板ですが以前はポールに取り付けてあったのですが、突風対策でポールをやめました。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

No.123「もうすぐTDR」– 菅原さんからの手紙 2013/03/12 20:57

letter_123_20130312_2057_01昨年の暮れにSSERの発表会(東京の恵比寿)で山田さんからテストの依頼を受けたラリーコンピューターと電動式マップホールダーを愛車のXR230に取り付けて、テストを兼ねてTDRに出場します。

この商品はラリーに出ている中村さんが作ったものですが、中々よく出来ています。ラリーコンピューターは距離とスピードと切り替えが出来、距離の減算モードも付いております。

初期設定はICOと同じでフロントタイヤの周長をセットします。

ICOは途中で周長を変更する場合、積算された距離を一回0にして新しい周長を入力して、積算された数値まで+ボタンを押し続けて合わせますが、このNRC-01は設定画面を出して周長を+と-ボタンを押すだけで設定できるので便利です。

減算モードはミスコースの多い私には便利ですね。

マップホールダーも軽量でしっかりとした作りなので、安心して使えそうです。

自走でTDRの会場まで行くので、色々といじりながら走るのが今から楽しみです。

晴れると良いですね。昨年は吹雪いてましたから………

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

letter_123_20130312_2057_02

 

No.122「トレーニング開始です」– 菅原さんからの手紙 2013/02/22 11:13

letter_122_20130222_1113_01今日の東京は朝から青空が広がりとても気持ちの良い朝でした。

そろそろと思いトレーニング用の自転車をアトレーワゴンに積んであったので多摩川を遡上しようと自宅を出ました。(アットレーで)

都内で自転車は車道を走らなければならず、走っていると大型トラックなどが止まっていて、外側に出ると自動車と絡んでとても危険です。空気も悪いしね。

そんな訳でアトレーワゴンで多摩川の川崎側の駐車場に車を止めて、自転車を出して土手の上のサイクリングロードを走ってきました。

往復6時間も走ったのですが、尾上さんのように距離が進みません。自転車専用のスパッツやらシャツも持っているのですが、尾上さんのように似合わないので、普通の格好でヘルメットとグローブだけは決めたのですが、お尻が痛くないか大変でした。

久し振りなので足もがくがくになり、会社に行かずに自宅に直行しました。お恥ずかしい次第です。

尾上さんのトレーニングには感服しました。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

No.121「軽量化」 – 菅原さんからの手紙 2013/02/15 17:54

letter_121_20130215_1754_01ラリーレイド・モンゴルに使っているジムニーも毎年、軽量化を進めておりますが、ダカール・ラリーのカミオン部門でも毎年、軽量化が進んでおります。

写真1のレンジャーですが、最初に作ったリアーボディは幌製でした(約20年前)。厚手の生地だったので、それは重い素材でした。少しでも軽くしようとしてその後は薄いアルミ板を使ったリアーボディを作り、更に軽くしようして、薄いカーボンの板で作り、今年は写真1で分かるように後ろ側は軽量な素材の幌製で全部で12Kgしかありません(幌の部分)。結局、最初の素材に戻った事になりますね。

東京から船に乗せる前に少しでもと思い、ステップ(乗員が乗る時に使う)を軽量化したのですが、両側で44Gしか軽量化が出来ませんでした。ラリー中それが原因で壊れないか確認しながら使っていましたが、終わる頃には曲がってしまい、ぎりぎりで機能してました。

相撲の横綱を軽量化して、マラソン選手までにしているので、これ以上の軽量化は壊れるぎりぎりまで来ていると思っていたら、敵は更なる手を使ってきました。写真の2と3です。

3はウニモグでイタリアから同じのを3台出して、1台には元F-1ドライバーがドライブ。幌はスケスケで我々よりも軽い素材かもしれません。

中の横のバーが段違いに組んでるのも意味があり、走行中の揺れからくる応力を分散させる構造になっているようです。

今年、我々チームは軽量化の為にベットレスのキャブ(乗員が乗る場所)を使ったのをご存知でしたか?

菅原 義正

letter_121_20130215_1754_02

letter_121_20130215_1754_03


著者紹介 菅原義正氏

No.120「暴れん坊のロビーゴードン」– 菅原さんからの手紙 2013/02/04 14:01

letter_120_20130204_1401_01現地でエントリリストを見ると彼の名前がありませんでしたが、不思議な事に315番は記載されているのですが

名無しです。

たまたま出発点のリマでホテルが真向かえでした。(ランクは大きく違いますが)

アメリカで車検も受けてないのに315番の偽のナンバーを付けて堂々の入国です。エントリーが遅れたのですね。

本人自身ステッカーを張ったり、TV取材を受けてました。

サービストラックは見たこともないほどの長いホイルベースのトラック2台を持ってきてました。

走ってくれば良いので我々チームよりお金は係らないはずです。

トラックの中には旋盤、フライス盤ね油圧プレスが見えます。

ある日ゴードンとカマズが向かい合ってのキャンプ地でした。

ゴードン側は綺麗な女性が2人もつき、さながらショータイムです。相反してロシアのカマズは粛々と整備してました。

平和って良いですね。素晴らしい光景でしたよ。

菅原 義正

letter_120_20130204_1401_02

letter_120_20130204_1401_03

 

No.119「びっくり」– 菅原さんからの手紙 2013/01/23 12:30

letter_119_20130123_1230_01ペルーのリマを出発して、パンアメリカンハイウエイを使いリエゾン中に私の運転しているそのままの姿のレンジャーが大きな看板でこちらを向いてました。嬉しさもあったのですが「ビックリ」しました。何枚もありましたよ。

下にKEIKOと書かれてますが2011に大統領選挙があり、フジモリケイコさんの日本でいう選挙ポスターが残ってました。

もう一枚の写真はパンアメリカンハイウエイで南は南米大陸の南端から始まり北はカナダまで約48,000Kmも続く世界一長い道だそうです。

昨日はチリ日野さんで記者会見があり、すべての行事が終わり、ホッとしております。

体はすっかり南半球に慣れて朝7時が目を覚ましますが、帰国したら時差ボケとの戦いが待っております。

照は150%の力を出して10000cc以下クラスを制覇してくれました。

選抜された全国販社メカさんも朝まで寝ないでの整備をしてくれました。(その割には痩せてない)

応援頂いた皆々様にこの場をお借りして心より、御礼申し上げます。ありがとうございました。

SSERのイベントで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

菅原 義正

letter_119_20130123_1230_02

 

No.118「テープカット」 – 菅原さんからの手紙 2013/01/04 15:00

letter_118_20130104_1500_01皆様、あけましておめでとうございます。

今朝(2日)から車検が始まりました。予定通りより早く着いたので交渉したら中に入れてくれ、人検と車検を終えてパルクフルメに入れたら2号車(照仁車)と私の1号車が最初でした。

人検ではナビゲーションの講習を受けないとスタンプをもらえない場所があるのですが、我々が教室に入っていったら、「君たちには講習は不要だね」と言われ顔パスでスタンプを押してくれました。ありがたいことです。

私のほうが2号車より遅れて車検を通過してパルクフルメに向かったら、照と私が主催者に呼ばれて、ポデュウムの上に上がったら、ペルーのウラマ大統領を紹介されて、彼がテープカットをしました。

写真の私の右2人目が大統領です。とても穏やかなお方でした。こちらも光栄な事ですね。

我々チームを同席させ、今大会のテープカットが行われた事に日本人として誇らしく思いました。

2-3日前の朝刊の一面にサッカーのミッシー氏と一緒に我々チームの紹介記事が載りました。

私はサッカーの事が判らないので、東京の娘にその事を話したら娘が「ジイジはサッカーのネッシーさんと新聞に載ったんだって」と小学生の長男に話したら「その人テレビで記者会見をしてたよ、ママ記者会見てなに?」と言ってたそうです。

まったく、サザエさん一家ですね。

写真は車検までの整備の場所を快く提供して頂いたグループパナさんの皆様との記念写真です。

もう1枚の写真はお正月のお飾りを付けて、ゼッケンも張られもう少しで車検終了です。

今年もよろしくお願いいたします。

菅原 義正

letter_118_20130104_1500_02

letter_118_20130104_1500_03


著者紹介 菅原義正氏

No.117 「カクテルパーティ」 – 菅原さんからの手紙 2012/12/31 12:00

letter_117_20121231_1200_0127日の夕方からペルートヨタさんが我々の為にパーティを開いてくれました。

場所は街の中心の一等地にある真新しいショールムを提供されて開かれました。普段はショールームですから新車が並んでいるはずの場所にスクリーンや 照明器具や音響機器が運ばれ床もピカピカに掃除されています。

我々の整備している場所からちょっと離れているのでパトカーの先導でこのショールムまで1号車を運び展示です。

我々チーム員の移動には写真のバスが用意されてました。なんと横には「ダカールのチャンピオンが乗っています。」と書かれてました。

テレビ局、ラジオ局、雑誌、新聞など沢山の取材を受け、会場には来場者で一杯です。

考えてみたら、我々の競技車両が一番先にリマに入ってます。その後にアルゼンチントヨタさんや南アのトヨタさんの車両がこちらに着き、ほとんどの車両は11月末にフランスのルアーブルで車検が終わり、主催者手配の船に一括して載せられ、こちらの港から引き取れるのは31日になっております。

そんな訳でカイザーさんはこちらに着いたのですがマチュピチュまで旅行に行き、我々のサポートカミオンのドライバーのバイラーさんは今日(29日)到着です。

経路はウランバートル、イスタンブール、ブエノスアイレス経由リマだそうです。

何時もは1月1日スタートなので5日となると今一つ調子が合わせづらいです。

菅原 義正

letter_117_20121231_1200_02

letter_117_20121231_1200_03

letter_117_20121231_1200_04

[footer-sugawara]

No.116「心のこもったサービスに感謝です。」 – 菅原さんからの手紙 2012/12/25 14:00

letter_116_20121225_1400_01予定より5時間ほど遅れましたが無事に車両と荷物が届きました。

こんな事は異例に早いことで日野さんの方が先入りして交渉した結果です。

ペルーの日野さんのディラーさんの一角に、我々のためにテントを立てて専用スペースを作ってくれており、とても有難い事です。

そばにはここがダカールのピットだと何枚もポスターを作り張ってくれました。

その午後には3番目の写真のように壁にデコレーションをしてくれました。

なんてこちらの人の心があたたかいのでしょう。

写真でも分かりますが半自動溶接機もレンタルで借りてくれてます。

お昼はは和食のお弁当まで用意してくれてます。

ラリーを通して人の温かみを感じ、これがラリーなんですね。

午後にはライト調整をしたくて空港のそばのペルートヨタさんの場所を借りにお邪魔したら今朝、日本から帰国された社長さんが自ら案内してくれとても感激しました。

4番目の写真は南ア、トヨタさんやアルゼンチントヨタさんなど20台ほどがラリーに向けて整備するためのテントが用意されてました。
いよいよです。

菅原 義正

letter_116_20121225_1400_02

letter_116_20121225_1400_03

letter_116_20121225_1400_04

[footer-sugawara]

No.115 「とても似た人と懇意になりました」– 菅原さんからの手紙 2012/12/23 10:00

letter_115_20121223_1000_015大陸の有名なシェフが招待されるマドリッド・フュージョウンに呼ばれ、年間600時間も全世界を飛行機に乗り移動しているシェフの神様で

リマでは「紀ろう」トシロウと言う日本料理店のオーナーです。

実は昨年、アルゼンチンの日本料理の「日本橋」のオーナー(私の大学の同期生)からリマがゴールならぜひ会って欲しいと言われて訪ねたのですが不在でお会いできませんでした。

今回、お尋ねしてお会いしたらとても喜んでくれ、お話を聞くうちにどこかの私の知り合いと同じ情熱を感じました。 奥さんへ びっくりでしょう。。。。。

次の写真は用意が進んでいる人検と車検とパルクフルメの会場です。

何もない海岸に施設を作ってます。

3番目の写真は弊社の高橋がメカさん達に今後の行動の流れを説明してます。

それにしても似てますね。

菅原 義正

letter_115_20121223_1000_02

letter_115_20121223_1000_03

[footer-sugawara]

No.114「マラソン大会」– 菅原さんからの手紙 2012/12/19 16:16

letter_114_20121219_1616_01リマに着いた翌日(16日の日曜日)に泊まっているホテルの前の広場をスタート&ゴールのマラソンの大会がありました。

会場の後ろ側は町の中心にあるゴルフ場で、ここを一周(8KM)する大会で2000人が参加したようです。

用意は着いた日から始まっていましたが、終わって撤収の早いのには驚きです。手際よさはイベント慣れをしているのですね。

写真は全部、私が泊まっているホテルの部屋から写しました。(11階)

更に驚いたのには20ケも簡易トイレが用意されている事です。上から見ていると多い時には結構、順番待ちで並んでました。

3番目と4番目の写真はその日の午後イベントが終了した後に写しました。何事もなかったかのようです。

思い出しました。ラリーが南米に移ってから山の中で警備の警察官が一人しか居ないのに、そばに簡易トイレが用意されていた事です。

やはり、スペインの良い意味での影響が伝統として残っているのですね。

5番目の写真はその広場の夜に写しましたが、真夏にサンタさんは似合いませんね。

明日、早朝からメカさんが来ます。頑張りますよ。

菅原 義正

letter_114_20121219_1616_02

letter_114_20121219_1616_03

letter_114_20121219_1616_04

letter_114_20121219_1616_05

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.113「無事に着きました。」- 菅原さんからの手紙 2012/12/17 13:31

letter_113_20121217_1331_01今回のルートは成田-ダラス-マイアミ-リマです。到着までの時間を計算してみました。成田-ダラスの搭乗時間は約10時間、4時間待って、2時間40分乗ってマイアミです。その後8時間待って、乗って5時間30分後に目的地のリマです。

搭乗時間の合計は18時間10分。乗り継ぎの待ち時間の合計は12時間。全部合計すると約30時間でした。時差はマイアミと一緒でした。マイアミよりもリマは西にあるような気がしますが・・・・・

まず空港で驚ろきです。写真のとおりダカールの看板が迎えてくれました。

先発していた日野さんの広報の方と夕食行ったら、トイレにいったら「こんなのが沢山置いてあったよ」と絵葉書を頂きました。現地の自動車雑誌の広告ですが、すごいですね。

搭乗中に暇なのでモンゴルで水没してくちゃくちゃになったパスポートを見ていたら、発見しました。

今年、チリから陸路でペルーに入ったスタンプを良く見てください。[パスポートの左側]

ラリー中は私が運転席に居て、ナビの人が私の分の入国手続きをしてくれるし、急いでいるのでスタンプを見ている暇がありません。

入国するスタンプまでダカールラリー専用に作り、使う、この国の人達にびっくりです。

日本では発想もないし、実行もされない事ですね。

パスポートの右側のスタンプは今回、空路で入国した時のです。

letter_113_20121217_1331_02

letter_113_20121217_1331_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.112「黒ちゃんありがとう」- 菅原さんからの手紙 2012/12/07 16:46

letter_112_20121207_1646_01ガストン・ライエーさんが亡くなってから毎年、私が乗る競技車両の室内に彼の写真を貼って出ています。

まもなく出発なので汚れた写真を取り替えようとパソコンからL版に出力したら容量が少ないのかボケボケになってしまい、黒ちゃんに電話して訳を話したら、早速3枚の写真が送られてきました。

最初の一枚は何と私が何時も貼っている写真でした。

送られて来た写真を見ていると、彼の事が次々と思い出してきます。

2004年の暮れに病院にお見舞いに行ったら、奥さんが今日まで面会謝絶だったので、貴方が最初ですよ。と言ってくれました。

ラリーの話をしていると、看護婦さんがどうしてそんなに元気になったのと驚いており、僕の分も走ってね!! 毎日テレビで応援してるよ!! と言ってくれ、ラリーが終わった18日後に亡くなりました。

ラリーが南米に移った最初の年にベルギーのテレビ局が私の所に取材に来て最後に「貴方とベルギーと何か繋がりがありますか?」と言われ、室内の写真を見せたら驚いておりました。

最近、山田さんが新しい事業を立ち上げて名前は「DC-3」となってました。山田さんに確認はしてないのですが、ガストンさんが関係していると思ってます。

彼は以前DC-3を持っており、スズキに乗り換えた時には事前にフランスからアガディスまで彼の飛行機にバイクと関係者を乗せて飛び、アガデイスからデルクーまでの砂のステージを何回も往復してスプロケットなどを合わせてました。その後、アフリカでエンジンが壊れてそのままになっていたようです。

彼の写真を貼って走ってきます。
菅原 義正

letter_112_20121207_1646_02

letter_112_20121207_1646_03

letter_112_20121207_1646_04

写真の説明

1 山田さんの企画(ガストン・ライエー・ミーティング)で来日した時の一枚。この写真を貼ってます。
2 2000年のラリー・モンゴリアの休息日だと思います。私は左手におにぎりを持って食べながら何か話してます。
3 2004年のツールドニッポンに来日した時、私の初孫と一緒に来たミハエル君
4 彼が持っていたのと同型のダクラスDC-3

[footer-sugawara]

No.111「2013モンゴルの用意」- 菅原さんからの手紙 2012/11/14 15:27

letter_111_20121114_1200_0110月末にダカールラリー参戦の2台のレンジャーが出発地のペルーに向けて船出し、ホットした束の間に2名の社員がルマンの工場に向かいました。

彼達はサポートカミオンの6輪駆動車の荷室の改造やサポート用のハイラックスの整備をして23日ルアーブルの車検と船出をして帰国します。

私は10月末から御殿場の工場へ通い、ジムニーの整備をしており、今年は初めての水没を経験したので慎重に作業を進めております。
水没を予測してたのでは無いのですが、今年から、床下にある前後デフ、トランスファー、ミッションなどのブリーザーは純正品ではなくホースで室内まで上げておりました。

先ずフロントデフオイルを抜いたら殆んど汚れや金属粉も入っておりませんでしたが、トランスファーはオイルが白濁して完全に水が入っておりました。

ミッションは奇麗なオイルが出て来たので、トランスファーのブリーザーを調べてみたら高さがシフトレバーの位置までしか上がってませんでした。

水は座った位置でひざ上まで来てたので長さが足りなかったようで、今度は室内の上まであげました。

ペルー出発まで一カ月しかないので、それまでに何とか整備を終わらせたいですね。

鬼の居ぬ間に(尾上さん)

追伸 TDR2013とTBI2013の用意は終わってますよ。

菅原 義正

letter_111_20121114_1200_02

letter_111_20121114_1200_03

letter_111_20121114_1200_04

写真
1 作業中の一枚

2 予備燃料タンクからのコックを移動して操作性を良くしました。{オレンジ色のレバーの付いてる部分} 右側の丸いスイッチは完全なOFF(+)と2ケのバッテリーのどちらかを選べるのと両方を並列で繋げるスイッチです。(バッテリーは2ケ積んでます)

3 リアードアーは操作性を選び、幌からファイバーのドアーに戻しました。スペアーの燃料タンクを下に移動して重心を低下させてます。今年からスペアータイヤの搭載位置を変更、重心を中心に移動。

4 水没したのでスペアーに持って行ったボルト類が御覧のように錆だらけです。

[footer-sugawara]

No.110「菅原さんからの手紙」- 菅原さんからの手紙 2012/10/25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA10月20日と21日に日野さんのテストコースで最終のテスト走行が行われました。私が乗る1号車のエンジンは新しく電子制御式が採用されてます。この車両は照仁が運転してラリーレイドモンゴルに出場して、走って出た問題点を改善されております。

この1号車には初めてブレンボーに特注したデイスクブーキが4輪に採用されており、フィーリングはドラムブレーキとは別物に感じました。

照仁が乗る2号車は今までどおりの仕様ですが色々と熟成されており、安定した走りを見せてました。

この2台のレンジャーは22日に港に運ばれ通関を終えて29日にペルーに向けて出発です。

サポートの6輪駆動のプロフィア1台とハイラックス2台はフランスのルアーブル港で11月22と23日に車検があり、弊社から3名のメカさんが11月7日にルマンの工場行きそちらの用意が始まります。

次回はペルーを1月5日に出発してアルゼンチンを通りチリのサンチァゴにゴールです。応援願いますね。

写真説明
1 直線のダートを走る1号車
2 アスファルトのコースを走る2台
3 フラットな広場での旋回テスト
注 フォッグランプの大きい方が1号車です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

letter_110_20121025_1200_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.109「CRF450 RALLY」- 菅原さんからの手紙 2012/10/10

letter_109_20121010_1200_01ホンダが次回のダカールラリーにワークスとして参戦する車両を見て来ました。

そのバイクは本社のショールームのウインドウに飾られており、なんとシートは野口製で前後のサスはショウワ製でMADE IN JAPANを感じ、とても嬉しい気分です。

24年振りの参加になるそうで、市販車(外国で)のCRF450Xをベースに開発されたそうです。

ライダーはポルトガル、ブラジル、イギリス、アルゼンチンからの4名が決まっており日本人が居ないのが残念ですね。

新たにアメリカからの選手が決まったとの事、その選手は「Baja 1000」で11回も優勝しているそうで役者が違い過ぎます。

日本人の選手を育てる環境が進まない限り、海外での活躍は無理ですね。たとえ私財を使っても限度があり、無理をして行っても空振りに終わるでしょう。

先輩として何とかしなくてはと思った次第です。

菅原 義正

写真の説明
1 九州4DAYSが終わった翌日です。
2 毎日のキャンプ地がディスブレーされてました。
3 燃料タンクは後ろの両側の他にエンジンを囲むように両サイドにも付いてました。

letter_109_20121010_1200_02

letter_109_20121010_1200_03

[footer-sugawara]

No.108「自主トレ中」- 菅原さんからの手紙 2012/09/26 12:00

letter_108_20120926_1200_01北海道4DAYS用に芦別に送っておいたXR230を引き取りがてら自主トレーニングの旅を続けております。

芦別を出て留萌経由で南下の予定でしたが、またもや雨に降られ急遽予定を変更して、新札幌駅近くのホテルに家内と孫が泊まって居るのを知っていたので逃げ込みました。

留萌のあたりはツールドニッポンで使ったコースの逆走でしたが、懐かしく当時を思い出しながら走りました。

翌日は小樽へ行き、高校生の頃、山岳部でロッククライミングをしていた赤岩に寄り、函館に着いたのが17時、タイミング良く予約もしてなかったのに17時30分発のフェリーに乗れました。自動車だったら満車で乗れなかったのにバイクは3台だけでした。

今日は宮古市にある「浄土ケ浜」に行ったら地震の影響で地盤が沈下して遊歩道が使えないとの事、展望台まで歩いていたら、思い出しました。SSERのイベントで歩いて山の上のチェックポイントまで行かされた事を・・・ バイクのブーツを履いてリュックを背負っての登山はとてもつらいものがありますが、これもトレーニングの内ですね。

知人に絵葉書を書き、カーナビで最寄りの郵便局を入力して行ったら何もありません。近所の人に聞いて行きましたが、全然違う場所で仮設の建物で営業してました。

今夜の宿は釜石です。

写真は展望台から見た「浄土ケ浜」です。

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.107「水没」- 菅原さんからの手紙 2012/08/31 12:00

letter_107_20120831_1200_01場所は8月18日のETAP-7の239.71Km地点です。

この日のスタートは尾上さんの7分前にスタートし、途中後ろを何回も気にしていたのですが尾上車はフロントハブに問題を抱えており2駆の状態なので追いかけて来ないと思い、ナビの高橋と世間話をしながら走っていたら、227.61Km地点に用意されたRCPの手前で追い越されて、殆んど同時にRCPに滑り込みです。

これで尾上さんに7分負けた事になります。

1時間後に2台並んでカウントダウンでのスタートです。(これで2回目)

私の車両は尾上車より軽いのでスタートで前に出て12Km走ったら、この川が出て来ました。結構深そうでしたがバイクが渡った跡を見つけて入ったらこの有様です。そうこうしている内に尾上車が来て、私の水没を横目に見て右側の浅い所を上手に渡って行くのでした。

焦ったのがあだになりました。

地元の人が長いスチールワイヤーを引きずって来てくれ対岸に居たランクルにひっかけて引きずりだしてくれました。

その後が大変でインタークーラーを外し、カバーや配線のカプラーを外しプラグを抜いてセルを回して水抜きをしたのですが、驚くほどの水がエンジンから吹き出て来ました。エアークリーナーも水切りをして走りだしましたが、全てが乾くまで本調子が出ないのでゆっくり走り、43Km先の村でエンジンオイルを買い交換しました。その後は夜になり雷と大雨と霧が出て4輪でも大変なのに私の後ろを走るバイクの人はヒョウにも降られ大変な一日でした。

尾上さんにやられた1日でした。写真はゼッケン21番の黒田さんが写してくれました。

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.106「シェイクダウン」- 菅原さんからの手紙 2012/07/18



letter_106_20120718_1200_01
14日の土曜日の早朝から終日、日野さんのテストコースで始まりました。午後からは報道の皆様に来て頂き、公開テストとナビ席に乗って頂き、体験同乗会もおこなわれました。

車両は今年のモンゴルで更にテストし、次回のダカールで私が乗る1号車です。この車両は8年ぶりにフレーム、足回り、エンジンが一新されキャブ(運転席)だけが(今年照仁が使用)今年の物を使ってます。

フレームは今後、大きなエンジンの搭載を見据えてサイズの大きい物を使用し足回りのホーシングはハブリダクションシステムを使うことでデフの径が小さくなり、デフの地上高が35ミリ上がりました。

更に、専用のブレンボーのデスクブレーキを4輪に採用し、エンジンは最新のコンピューター制御のコモンレール方式を初採用しました。初のアルミホイールの採用。

おもにテストは照仁がやってくれたのですが、私が乗った感想は加速が良くなった事とブレンボーのブレーキのフイーリングが思った通りの効果でした。

追伸 山田さんへ 北4に出場出来なくなりゴメンナサイ。

写真説明
1 次回のダカールの最高速度は140KM/Hに抑えられたので、デフの減速比を最適化にしての走行テストです。

2 次回のラリーレイドモンゴルでもテストドライブをする照仁と新型のレンジャー。フロントデフにも注目です。

3 リアービュー。荷台の柱の支持にAPIOのパーツが多用されてますよ。

4 テストも無事に終わり日野さんのワーキンググループの皆様と記念撮影。

letter_106_20120718_1200_02

letter_106_20120718_1200_03

letter_106_20120718_1200_04

[footer-sugawara]

No.105 HOKKAIDO 4 DAYS用の車両完成しました。- 菅原さんからの手紙 2012/06/28

letter_105_20120628_1200_01HOKKAIDO 4 DAYS用の車両完成しました。

最近発売になったHONDA CRF250も検討したのですがこのハスクは約40KGも軽いのです。前のXR230はスターターやハンドルのステムなど軽量なものに交換して、さらにフロントとリアーのアクスルシャフトやナットを中空のチタン製で作ってもらったり、軽量のマフラーにしてたのですが、なかなか40 KGの軽量化は難しいですね。

車両は気に入ったのですが、問題はシート高です。モトワークスの麻生さんに相談したら、特別に菅原仕様にしてくれるとの事で納車はモンゴルラリーの車検会場でした。弊社の高橋が雨の中、東京まで慣らし運転を兼ねて走ってくれました。

昨日、会社から自宅まで走ってみたのですがとても軽く感じました。

北海道も毎日雨が降っても良いように洋服類を用意してますよ。

写真説明
1 弊社に来てから後ろ姿は2気筒になりました。反射板のサイズも大きくしました。

2 ヘッドランプは50WのHIDとさらにLEDの補助灯が2ケついてます。ダウンフエンダー仕様にしました。

3 右側のマフラーは物入れになってます。内容物はカロリーメイト2000カロリー分、5ターのロープエマージェンシーブランケット、サイリュウム2本、北海道ツーリングマップル〔これが重い〕

letter_105_20120628_1200_02

letter_105_20120628_1200_03

[footer-sugawara]

No.104「ルマンに行ってきました」- 菅原さんからの手紙 2012/06/13

letter_104_20120613_1200_01私は久しぶりのルマンです。

主催者はフランスのルアーブル港に11月の末に参加者を集めて車検をして船積みをしますが、我々のレンジャー2台は日本で整備して直接、南米に送ります。
サポートカーの6輪駆動車とサポート車両はルマンを拠点にして整備をしており、メカさんは11月に行って事前の整備をしてルアーブルに搬入するのですが、この時期に行くのは珍しい事なのです。

モンゴルからバイラーさんとサンちゃんに来て頂き、6輪駆動車のライニングを貼り替えて交換したりしてもらいました。

この時期は夜の10時過ぎまで明るくて朝の4時過ぎに明るくなります。ルマン24時間は今年で80周年なのですが、必ずこの時期にやっております。

今年は中野選手、トヨタ、ニッサンさんが出るので必見ですよ。

現地時間の16日の午後4時からスタートして翌日の午後4時にゴールです。

トヨタのハイブリットはピットからモーターだけで走りだし、オンコースに出る手前でエンジンが掛ります。(エンジンがかかったらすごい音でした)

写真の説明
1 ルマンの駅です。45年ほど前に三栄書房のオートスポーツ誌から依頼を受けてルマンの駅の写真を写して持ち帰り掲載されました。この頃は現地のレポーターの記事を訳して掲載していたのです。今は、すっかり変わり石造りの駅はそのままですが、ガラスで覆われており、駅前の駐車場は地下になり、広場が出来てました。昨年、行ったストラスブールの駅もガラスで覆われました。

2 入場券です。この入場券は4ケ所の立ち見席で、6/3のテスト走行と6/13と6/14の予選が見れるキップで我々はMULSANNEで見ました。料金は10ユーロ(約1000円) でした。高いのか安いのか?

3 無理を言って中野選手に運転席に入ってもらいました。6/3は彼が良いタイムを出し安心したのか、我が家で夜中の2時まで飲みましたよ。
4 我々が借りて16年にもなる工場です。奥にはバイク専用の部屋もあります。

letter_104_20120613_1200_02

letter_104_20120613_1200_03

letter_104_20120613_1200_04

[footer-sugawara]

No.103 菅原さんからの手紙 – 2012/05/28

letter_103_20120528_1200_01北海道4DAYSや我々が出るイベントで大変お世話になった北日本自動車大学校の元校長、斎木達雄先生の一周忌が5月20日にありました。

あれ程までに、モータースポーツ発展の為に協力してくれた人は見た事がありません。皆で感謝ですね。

さて、我々チームの次回大会の概要が発表になりました。
次回も応援して下さい。

私は次回の用意も兼ねて6/1から6/9までフランスに出張してきます。

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.102「Rally Mongoliaの取材がありました」- 菅原さんからの手紙 2012/05/14 12:00

letter_102_20120514_1200_01今年の車の製作のテーマは更なる軽量化とホイルベースの間になるべく多くの重量物を積載する事です。

軽量化の為に快適性を犠牲にしてエアコンの装置全てを外しました。尾上号は昨年からやってました。

昨年、尾上号を苦しめたウオーターポンプは新品に交換です。ミッションも永く使っているのでリビルト品に交換しました。

川渡りの対策も考えてデフ、ミッション、トランスファーのブリーザーをパイプで新作して結構高くまで配管しております。

来月の今頃は松山で車検があるので、御殿場のオフロードで実践さながらのテストを何回も繰り返しております。

まだ、まだ秘密の改造や工夫が入っているのですが、内緒です。

写真1
フロントグリルに埋め込まれた小糸製のLEDのランブの位置にご注目下さい。

写真2
リアーサスのスブリングは1300のを流用しました。

写真3
車載の工具他、必要品(ミニマム)を広げてみました。真ん中にあるタイヤレンチは今年アルゼンチンで見つけた優れものです。

追伸 TBIで転んだ私のホンダXR230のフレームが曲がっており修正の為、入院中です。

菅原 義正

letter_102_20120514_1200_02

letter_102_20120514_1200_03

[footer-sugawara]

No.101「フレームが組上がりました」- 菅原さんからの手紙 2012/04/25 12:00

letter_101_20120425_1200_01日野自動車の入社式で社長が言ったのは「夢を持ちなさい、夢は逃げないけど逃げるのは自分だ」とのお話があったそうです。難しいお話ですね。

昔、私が教えてた整備学校(SSERの4DAYSでお世話になっている学校)で、ある学生が「ダカールラリーのメカになるにはどうしたら良いか?」との質問を受けました。

私は日野自動車の販社のメカになり、優秀だったら我々チームのメカさんに成れる可能性があるよ。とお話して10年後にダカールメカの応募に彼の名前がありました。

実はダカールのメカに応募するには日野自動車のHS-1と言うとても難しい資格を取った人だけが応募する権利があります。彼は札幌にある日野自動車に入り、結婚もし、自宅も自分の力で建てて、夢に向かって進んで応募し、ダカールのメカさんの審査に合格したのです。

私は夢に向かっている人、挫折する人を数多く見ているので、日野自動車の社長のお言葉は若い人に向けての素晴らしいお言葉だと思っております。

フレームのお話でしたね。

写真説明

1は弊社に届いたフレームとスプリングです。トラックのスプリングは後ろが太くなってます(荷物を積むので)が我々の競技車は逆で、フロントから凸凹に入るのでフロントが強くなってます。

2は白い塗装中です。

3はフレームになりましたが、借り組で、対角に寸法を測り、水平を出して本組みになります。

4は弊社社長の照がナビパネルのスイッチ類の配線をしております。

私はと言うと、ある部品を作り直して150グラムの軽量化をしましたよ。

letter_101_20120425_1200_02

letter_101_20120425_1200_03

letter_101_20120425_1200_04

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.100「2013ダカール用車両の改造開始」- 菅原さんからの手紙 2012/04/12 12:00

letter_100_20120412_1200_012012で使ったキャブ(運転席部分)が恵比寿の会社に運びこまれ改造が始まりました。室内の内装が全部外されて、掃除した後に塗装がされます。

塗装はクラックの発見や落とした品が分かりやすく白い色で塗装しており、フレームも普通は黒色ですが、我々のチームは白い塗装にしてあります。

各部品を外す事によって、取り付けたネジの強度(軽量化の為にアルミのボルトにした場所が強度不足だった事が判明しました)が適正かどうかも分かります。

人間で言うとマラソンランナーにまでに軽量化をしており、これ以上すると強度的に難しい範中に入っているのですが、人間の知恵は素晴らしく強度に関係無い場所を見つけて、軽量化をしております。

乗員がここまでやっているチームは世界でも珍しい事で、逆に言うとここまてやっているから、ラリー中に何処かが調子が悪くなっても自分達で直してキャンプ地まで戻れるのです。

エアコンの室内のラジェターも埃まみれです。(埃を嫌って外気導内のシステムを殺しています)これでは効率も悪くなり、1年ごとに新品に交換です。

このキャブが新しいフレームに載せられて、モンゴル・ラリーにテストとして出場します。ブレーキもブレンボーで特注のディスクです。

お楽しみに…..

letter_100_20120412_1200_02

letter_100_20120412_1200_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.099「投石」- 菅原さんからの手紙 2012/04/03 11:51

letter_099_20120403_1151_01ダカールラリーが始まって2日目(2012.1.3)はリエゾン273KM、SS208km、リエゾン3KM、トータル501KMのステージでした。

今年からリエゾンでの最高速度は105KMと新しい決まりが出来たので、リエゾンは約3時間位で走ったのですが、この時の外気温は50℃であいにく、昨日エアコンが壊れて修理が出来て無い状態です。

SSをスタートして37KM地点で投石を受けました。石の大きさは握りこぶし位で当たった場所はドライバーのまん前です。バイクからの飛び石に備えて、フロントガラスには特殊なフイルムを全面に貼ってあるのですが、こぶし大の石が飛んできたのは始めてです。写真でも分かるのですが、一瞬にして合わせガラスの内側部分が粉々になり、顔面に降り注いてきました。我々は今後の開発に備えて4画面の映像をスタートしてからゴールまで動画で記録しております。

1画面はドライバーとナビの動き、そして車からの主観のコース状況、そしてメーターパネルの状態、そしてリアーサスペンションの動きです。(真ん中の黒いのは左後輪の動きを見ています。

最初の写真で分かるようにガラスの破片が顔面に降り注いでも前を見ており、スワンさんから毎年、提供されているポリカーボのサングラスが無ければ、眼球にガラス片が刺さっていたでしょう。

その0.26秒後が写真の2になります。車速は時速90KM/H、エンジン回転は2400RPM、ドライバーは顔を避けてますが、もうガラスは飛んできてませんが、当たった石は跳ねて空中で写ってます。ナビさんはまだ、動きがありませんね。

写真の3は更に0.04秒後の写真で石が下に落ちております。

この前の映像には2名の男性が石を投げる一瞬が写ってました。この後の、464KMはイスの下やあちこちにガラスの破片があり、チクチクの運転でした。

翌日のキャンブ地には521が投石を受けたので、気を付けるようにと書き出しがありましたよ。

letter_099_20120403_1151_02

letter_099_20120403_1151_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.098「菅原流の自転車完成です」- 菅原さんからの手紙 2012/03/13 12:50

letter_098_20120313_1250_01私は北海道生まれなので、空気の悪い東京(今は大分良くなった)でランニングや自転車でのトレーニングはしない事にしてました。

数年前にはラリーのトレーニングの為に上野から汽車に乗り翌朝の6時に函館に着いて、自転車を組み立てて札幌まで走ったり、ある時は飛行機で先に自転車を千歳空港に送り、そこから芦別経由で帯広(日野のテストコースがあります)まで走りました。

昨年の暮れにはアメリカで自転車に乗ったのですが、寒くてあまり走れなかったので今回は温かくなったら北海道にでも行こうと思ってます。

私の友人で毎日、何百キロも走る人が居りますが(尾上さん)私の自転車はちょっと違ってますよ。

これにSONYの防水のGPSを付けました。

次回のダカールはリマを1月5日にスタートしてゴールはチリになりました。トレーニングの開始です。

写真の説明
1 前にはカバンでは無くカゴにしました。
2 後ろにもサスがあるのでバックが内側に入らないようにアルミでガードを自作。
3 夜間走行に備えてヘッドランプをヘルメットに付けました。

letter_098_20120313_1250_02

letter_098_20120313_1250_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.097「TBIで使うカールさんの車両完成」- 菅原さんからの手紙 2012/03/13 12:48

letter_097_20120313_1248_01昨年、カイザーさんの工場を見学に行った時には、カイザーさんが忙しくて、カールさんが空港へ迎えにきてくれ、そして帰りも、ホテルから空港までニコニコして送ってくれました。

バイクは何にしようか迷ったのですが体か大きいのでBMW1200GSに決定。タイヤはミィシュランのアナキー2からメッツラーのカルーにしてオフロード性能を上げて、マップケースとICOを付けて、いざ、試走にと思ったらクラッチがスカスカ。

オイルを見たら何も入っていません、驚いて床を見てもオイルがこぼれた跡も無いので、デイラーさんに電話したらレリーズシリンダーからオイルが漏れてクラッチまで廻って、乾式クラッチが湿式になっている可能性があるとの事、早速引きとりに来てもらい入院です。

クラッチのタッチと軽くなるから油圧にしているのだと推察しますが1200GSは道なき道を入るコンセプトが売りになっているのに、山田さんの西安-パリ旅行の時にもイモビが悪さして苦労をしていましたし。あの時も1台で走っていたら旅行は中止でしょう。

冒険を意識したらクラッチはワイヤーにすべきだと思いませんか。ワイヤーが切れたら針金でも作動します。

私が好きなのは水平対向で重心が低く、ドライブシャフトで駆動しているのと、リアーが片持だからです。

実際に作られたコンセプトは軍用でヘッドとシリンダーが両側に出ているので整備性が良いメリットがあります。

我々がやっているカミオンクラスの大きいのはV12気筒で20000ccで1気筒ずつヘッドが独立しているので、修理が簡単に出来るようになっています。

今の1200GSはファッションなんですね。
写真の説明
1はフロントビュー
2はカルーに履き換えた後輪
3はカウル内に収まったICOとマップホルダ

letter_097_20120313_1248_02

letter_097_20120313_1248_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.096「モンゴル用ジムニー完成です」- 菅原さんからの手紙 2012/03/05 20:33

letter_096_20120305_2033_01御殿場工場の隣のKEN FACTORYさんの協力を受け、3/3日に完成し、昨年末から入院していた隣の工場から我々の工場に入りました。

今年も尾上さんには負けられないので、各所に新しいアイデアが沢山盛り込まれております。

大きな部品ではミッションを新しくしたり、昨年、尾上さんが泣かされたウオーターポンプを新品に交換したり、まだまだ内緒の改造が施されておりますよ。

あまりにも上手に組み込まれており、分かりづらいのですが川渡り対策として左ピラーにシユノーケルが付いてます。

これ以上は超極秘事項なので松山の車検会場までお待ちください。

写真の説明
右後ろに写っているのは新しいナピの高橋くん。
バイクのテールレンズはHONDA SL230。運転席の後ろにシートをかけられているのはウラルサイドカー。401のゼッケンが付いているのは1996年にパリ・ダカに出た日野レンジャーです。

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.095「ファビアンさんのバイク完成」- 菅原さんからの手紙 2012/02/19 23:50

letter_095_20120219_2350_01今年のTBIにドイツから来る、ファビアンさんのバイクが本日、完成しました。

ベース車両は照の通勤車両のXR250Rをお借りして作り上げました。あまり手入れをしてなかったのでフロントフォークやリアーサスをオーバーホールしてホイールベアリングなどは新品に組み換えました。
チエーンも変えたのでフロントとリアーのスプロケも新品です。

テストを兼ねて私がこのバイクで3月に行われるTDR2012に参加を予定しております。
一緒に来るカイザーさんの車両は広島のモトワークスで作成中。

カールさんが乗るBMW1200GSは東京のフラットさんでお世話になっております。

この3名の先導は弊社の高橋が担当することになりましたが、高橋が一日目に崖落ちしたらどうしましょう?

揃って山田さんの自慢の「たぬき」で美味しいコーヒーが飲めたら良いですね。

私の乗るXR230Rはとっくに出来ており、今はモンゴル用の車両の整備中です。尾上さんが北海道に行ってる間に整備をします。

写真
1の説明 ライトは純正にしました。彼らは目が良いので明るさは十分です。
2の説明 ICOとマップケース
3の説明 タイヤは前後ミィシュランのT63で固めました。

letter_095_20120219_2350_02

letter_095_20120219_2350_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.094「トリッキーになったコース」- 菅原さんからの手紙 2012/02/01 12:00

letter_094_20120201_1200_01南米に移ってから、コースの製作は昔、三菱で活躍していたフォントネ氏が現地の人の協力を受けて製作しております。

昨年のカミオンクラスでは70台中15台もひっくり返っておりとても危険なコース設定でした。

ひっくり返ったチームからクレームが出たのか、毎年使っているファインバラの難しかった砂丘越えでは、覚悟して行ったのですが通過しなければならないGPSポイントは以前より優しい所に設定されていたので、フォントネ氏も反省したのだとばかり思っていたら、その後、特に始めてのチリではトラックで実際に試走したのか聞きたくなる位い難しいコースが待ち受けてました。

落差1000メーター位の峠(木が生えて無いので落ちたら一貫の終わり)でトラックがやっと通れる道でコーナーでは2回も切り返しが必要な位きついカーブです。トラックの内側の後輪は道から外れており、3輪でコーナーを走ってます。

!!!!(コーション4)の下り坂では後輪がはねて危うく裏返しになりそうになりました。もしそうなったら1000メーターは裏返しで落ちて行きます。

帰国してからデイリーで放映して頂いたJスポーツの番組を見ていたらバイクで出ていた選手が役員に噛みつき「我々は度胸試しに来てるのではなくモータースポーツをしに来ている」と言ってましたが、私もその通りだと思っております。

砂丘は得意なのですが、高い場所は大嫌い(山田さんと同じで昔は山岳部でヒルクライムもしていたのですが)で後ろの車がすぐに追いついて来てクラクションを鳴らすのですが、そんな場所なので追い越しをさせてあげる場所も無く、走る邪魔者状態です。

来年はペルースタートとも噂されており、いやですね。

letter_094_20120201_1200_02

letter_094_20120201_1200_03

letter_094_20120201_1200_04

写真の説明
1 砂丘を越える照号
2 急坂を降りる義正号
3 難しいバンク走りをする照号
4 急坂を登る照号

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

No.093「無事に終わりました」- 菅原さんからの手紙 2012/01/20 16:35

letter_093_20120120_1635_01沢山のスポンサーさんや沢山の仲間に支えられ、今年も無事に完走できました。応援くださった皆様に感謝申し上げます。

今回は、スタートのポデュウムで30回連続出場を祝っていただき記念の盾を頂きました。中止になった大会にもエントリーしていたので、あの大会もカウントしてくれたようです。

スタートして2日目のSSの37km地点でこぶし大の投石を受けました。フロントガラスには特殊なフイルムを張ってあるので、穴こそ開きませんでしたが場所が私の顔の真ん前なので、ガラスの破片が顔面に突き刺さり、血を吹き出しながらの走行です。外気温が60度もあり、クーラーも壊れた日だったのでつらい走行でした。おしりの下にもガラスの破片が沢山あり残り200kmのSSも大変でしたよ。

初めてペルーに入ったのですが、砂が柔らかかったり、風の関係で砂丘の頂上がねじれているのでとても難しく感じました。

びっくりマーク!!!!の下り坂が2回も出てきましよ。

リマの市内は昔のダカールのように各陸橋には溢れんばかりの人たちで歓迎してくれました。

モンゴルに来てくれたジョナストリートさんは早くにリタイアでしたが、レンジローバーで来たステファニーさんは初出場で完走しました。

照も頑張って総合9位、10000cc以下の優勝で私は3位です。

昨日、ペルーから日本と反対側のブエノスアイレスに来て、荷物を整理して明日、日本に向かいます。

letter_093_20120120_1635_02

letter_093_20120120_1635_03

letter_093_20120120_1635_04

写真の説明
1 我々チームを訪ねてくれたステファニーさん。
2 ペルーでの歓迎ぶり旧市街地です。
3 ホディウム前で表彰される順番を待ってます。
4 自分の仕事を無事に終え食事会場に向かう途中の幸せそうなお方。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏

No.092「人検、車検無事合格」- 菅原さんからの手紙 2012/01/01 11:30

letter_092_20120101_1130_0128日には我々がお世話になっているアルゼンチントヨタさんでトヨタ車で出るチーム(南アフリカから4台のプロトやもちろんトヨタオートボーディさんも)と我々チームの合同の記者発表がありました。

午後2時にレンジャー2台とランクル1台と6輪駆動のFUが1台の4台のコンボイでスタート地点である約500km先のマルデプラタに向かいました。

途中、親切な白バイが我々の前を走ってくれ、高速道路では白バイの指示で料金が無料でした。指定された道路を走るのですが数キロおきにパトカーが置いてあり我々を歓迎してくれてる様子がわかります。

予定より早めの午後8時に指定されたアシスタンスパークに入ったのですが場所が狭く一番遠くの灯台の下に停めました。

29日の人検は2号車が9時15分からなので全員そろって7時30分にはアシスタンスパークに入り準備です。

シートベルトが5点式でないとだめだと言われ、予備のベルトを使い5点式に現場で改造して、無事車検も通過です。

なんと、パルクフルメに入ったら照の2号車がカミオンの一番目で私は2番目でした。

今年大きく変わったことはリエゾンの最高速度です。今まで競技車は150km/hだったのがアルゼンチンとチリでは自動車とバイクは110km/hでカミオンは90km/hでペルは100km/hと80km/hです。

そんな事もあるのか、今年のコースのリエゾンは少な目に設定されてます。でも、1日目のリエゾンの合計は約800kmもあるんですよ。

最初のSSは海岸で高さ40メートルの砂丘越えから始まるようです。

letter_092_20120101_1130_02

letter_092_20120101_1130_03

letter_092_20120101_1130_04

写真
1 工場でチーム全員での記念撮影
2 どこからともなく現れて先導してくれる白バイ
3 マルデプラタに到着です。
4 車検場に置かれた2台のレンジャー

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.091「再会」- 菅原さんからの手紙 2011/12/24 20:00

letter_091_20111224_2000_01今朝8時にブエノスアイレスのホテルを出発して80KM北西にあるサラテのトヨタアルゼンチンさんを訪れました。

4年前からお世話になっているのですが、毎年ハイラックスを増産しており、4日ほど前にお祝いに大統領が訪れたそうです。(綺麗な女性大統領)

こちらのトヨタさんは全面的に我々チームを支援して頂くれ、我々のために工場の照明を高く移動して専用のブースを用意してくれて待っててくれてます。。

レンジャーとは10月18日に分かれて約2ケ月ぶりに再開しました。
先発のメカさん達が一生懸命仕上げてくれてたので、トヨタさんのテストコースをお借りしての走行テストをしました。

何時も以上の仕上がりをメカさん達と確認しあい、少しブレーキが焼けた匂いをコースに残し無事に終了です。

メカさん達にも同乗してもらい最高の仕上がりを共有しました。

次回は南のマルデプラタと言う街を出発します。
噂では海岸に人工的な砂丘をいくつも作ってあり、調子にのって走っていると初日にリタイアする人も出るといってまよ。

罠にはまらないように頑張りますね。

letter_091_20111224_2000_02

letter_091_20111224_2000_03

letter_091_20111224_2000_04

写真
1 トヨタさんの用意してくれた定位置に置かれたレンジャー2台。
2 アトリエを出る1号車。左には自動車ショーで寄せ書きをして頂いたこいのぼりが見送ってくれてます。
3 テスト中の1号車
4 メカさん達とテストの結果の打ち合わせです。

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.090 「サンタモニカに移動しました。」- 菅原さんからの手紙 2011/12/20 18:00

letter_090_20111220_1800_01サンタモニカに移動しました。

20日の早朝にロスからブエノスアイレスに移動するのでロスの空港の近くに移動しました。

ここはビーチか長く伸びいて自転車とランニングの専用のコースが作られております。

来て見て驚いたのですが、ルート66の始発点でもあるそうです。昨日は日曜日のせいもあり、いろいろな種類のバイクが走ってました。

尾上さんのような派手な洋服を着て細いタイヤで集団で走っている人や自作の2建てのような自転車や寝そべって走るバギータイプの3輪など見ているだけでも楽しい場所です。

時差も取れカゼも治り、万全で南米に渡りますので、応援してください。

写真の説明
1 ルート66の始発点のお店です。
2 海岸に作られているサイクリングとランニングコース。
3 市内バスのフロントに自転車のキャリアーが付いてます。
4 私のバイク JAMISのDAKARです。

菅原 義正

letter_090_20111220_1800_02

letter_090_20111220_1800_03

letter_090_20111220_1800_04

[footer-sugawara]

No.089「アリゾナ州から」 – 菅原さんからの手紙 2011/12/15 15:10

letter_089_20111215_1510_0112 月5日に渡米して長男に買っておいてもらったマウンテンバイクを引き取り、トレーニングと時差を治すのにラスベガスに移動してバイクで少し走りました。

ラスベガスには46年ぶりの訪問です。

この町は1941年に最初のホテルが出来て、非合法でカジノをやっていたそうです。なんと私の誕生した年ですよ。 なんでベガスでトレーニングかと言うと日本食のレストランが沢山あるからなのです。調べていると「戸越ラーメン」と言う店があり私の住んでいる戸越と同じ名前なので訪ねていったら、何年も前に店じまいをしたようです。

ベガスでは街が混んでない早朝に走ったのですが、動いてない手が冷たくなりました。

長男のお奨めのアスリートが集まると言うフラッグスタッフに移動したのですが、標高が高く、周りは雪景色でホテルには雪ダルマが作ってあり、一泊だけして南のフェニックスと言う街に来ました。

このあたりは景色が良くきれいな川もあったのでしょう、ホテルの廊下には1927年
に特別に仕立てたキャンピングカーでコックさんも同行してキャンプをしている写真が飾ってます。

明日からはこのホテル推薦の自転車のトレーニングコース図を手に入れたので頑張ります。
部屋にはモノクロの写真が飾ってありキャプションには「Clark Gable and Friends」と書いてあり、4人の友人と一緒にゴルフをしている長身のクラークゲーブルさんが写ってます。

写真の説明
1 長男の会社の受付に飾ってあったバイク(未発売)
2 ラスベガスの有名な噴水
3 あの有名なルート66を少しだけ走りました。
4 フェニックスで訓練中。

菅原 義正

letter_089_20111215_1510_02

letter_089_20111215_1510_03

letter_089_20111215_1510_04

[footer-sugawara]

 

No.088 – 菅原さんからの手紙 2011/12/01 15:10

letter_088_20111201_1510_01東京モーターショーが今日(11/30)から開催されました。24年ぶりに会場を東京ビックサイトに移しての開催です。

一般公開は12/3から12/11ですが12/2までは報道関係者に向けた発表で、日野さんのブースにはドーンとレンジャーを飾ってくれました。この車両は今年のダカールラリーに出た本物です。

次回大会用の車両はモンゴルでテストした新しい車両と照が乗った2号車をアルゼンチンに送ったので、私の乗った1号車を展示してもらっております。

照と朝から説明員としてレンジャーの傍におりましたが本物の迫力に皆さん驚いてくれております。

ちょっとだけ仕事をさぼって乗用車やバイクのブースを覗いて来ましたが、展示車両も多く勢いを感じる会場でした。

私と照とのトークショーが12/3の14時から14時30分まで日野さんのブースで行われます。

入場者に配られる「東京モーターショーニュース」は何とモンゴルラリーでナビをしてくれた若林 葉子さんの会社で製作しており、表紙は 松本 零士のイラストで毎日、日替わりで印刷されて12日間表紙も違うそうです。

写真の説明
1 ちょっと斜めになって展示されてるレンジャー。
2 インドネシアの鉱山で使われている超大型ダンブ。将来、我々チームのサポートカミオンになったら嬉しいですね。
3 テレビの取材も受けました。
4 尋ねてくれた若林 葉子さんと。彼女から腕を組んでくれるのに3年も掛りましたよ。

菅原 義正

letter_088_20111201_1510_02

letter_088_20111201_1510_03

letter_088_20111201_1510_04

[footer-sugawara]

No.087 – 菅原さんからの手紙 2011/11/15 14:40

letter_087_20111015_1440_01フランスのノレブ社から1/43のモデルが世界一斉に発売されました。毎年、私のカミオンだけ造ってくれるのですが、今回は照が乗るカミオンも作ってくれました。

日野自動車さんがダカール・ラリーに挑戦して20年目になるので2台も作ってくれたのだと思ってます。

今年のパッケージには「義」と「照」の漢字がデザインされて入っおり、「鯉のぼり」もそうですが、漢字が使われてるのがとても嬉しく思っております。

ちょっとでも日本の文化が世界に向けて発信出来るのが嬉しいですね。昨年から車のデザインも歌舞伎の「隈どり」にしたり、スタートの時はフロントバンバーに「しめ縄のお飾り」を付けてます。

次回のゼッケンNO.が決まりました。照の乗る2号車は508  私の1号車は521 です。

来年のカミオンの出場台数が増えて80台近いエントリーです。

私も古希になり、選手としては恥ずかしい年になってますが、日本魂ここにあり、と頑張りますので、応援お願いいたします。

写真の説明513は義正号、526は照仁号です。

letter_087_20111015_1440_02

letter_087_20111015_1440_03

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.086 「シェイクダウン」- 菅原さんからの手紙 2011/10/17 14:40

letter_086_20111017_1440_0115日の土曜日に日野さんのテストコースを借り切って、次回大会用の日野レンジャーのシェイクダウンを行いました。

報道の方にも来て頂き、公開テストです。

照仁が運転する2号車は今年のラリー・レイド・モンゴルでデビューしたのですが、フレーム幅を広げたり、新しい試みがあちこちに入っているので、ラリー終了後に補強の追加工事などをして、やっと出来あがりました。

全国の販売会社から選考されたメカさんも1ケ月前から本社の工場に来て頂き、毎日遅くまで作業をして頂きました。

朝から晩までのテストで、途中には報道の方や日野さんの技術の方や販社メカさん達にナビ席に乗ってもらい体験試乗もあり、無事に終了しました。

私の運転する車両は昨年まで照仁が乗っていた2号車の御下がりですが、荷台がカーボンになっていて軽量なせいか、以前の1号車より加速が早く ダートでスライドしてもそのまま加速してくれました。

良くある事ですが、こんな大事な時に転倒したり、壊したりする事があるので(我々のチームは1度もありませんよ)無事に終了して正直ホットしております。

今年のラリーに出た1号車は12月に始まる自動車ショーの日野さんのブースに展示が予定されております。ぜひ現物を見て下さい。
写真の説明です。
1 上から2号車の5月31日の状態です。フレームが組上がりました。その1ケ月後には今の状態まで作りあげて7月7日に同じコースでテストをしてそれからモンゴルに送りだしました。

2 2台が揃い、日野さんの技術屋さんがチェックしてくれてます。キャブ(運転席の長さの違いが判りますか?)

3 バンクを走る2台で、手前は照の2号車で補助灯が違います。2号車は全灯LEDを使い、1号車はHIDです。

4 軽くジャンプをする2号車です。

letter_086_20111017_1440_02

letter_086_20111017_1440_03

letter_086_20111017_1440_04

菅原 義正

[footer-sugawara]

No.085 – 菅原さんからの手紙 2011/10/06 10:38

letter_085_20111006_1038_019月29日(木)にバイクの世界選手権が行われるモテギに照と行ってきました。

前回の「菅原からの手紙」に写真を載せたペップさんに会う為です。彼とはダカールを通じて知り合い5年間位になります。今年はデュロイのチームのドライバーとして大活躍でカミオンクラス総合7位でした。

以前にもモテギに来てお会いしたのですが、彼はこの世界選手権のロジスティクスの最高責任者です。

今回は300トンの荷物(各チームのタイヤ他機材の全て)を3機のカーゴジャンボを借りて日本に来たのです。1機100トンの荷物を積むのですが、燃料も100トン必要で航続時間は最大9時間だそうですよ。旅客用のジャンボは12時間以上飛ぶので積載量が違うんですね。

初めて彼の経歴を聞きましたら驚きです。125ccのスペインでのエンデューロのチャンピオンを5年取ったそうです。他にISDE(6日間のエンデューロの世界選手権)に9回出て8回完走しているそうです。

SSERで有名なガストンさんも125㏄の世界チャンピンなので交流があったか質問してみたら、ガストンさんが主催する砂の走り方の勉強会がベルギーであり、2回程行ったと言ってました。

やはり、ダカールで活躍している人はとんでもない人達なんですね。

来年のデュロイのチーム体制は以前カミオン部門で総合優勝したスティシーさんとWRCのチャンピオンのミキ・ビアシオンさんとデュロイの息子さんの3台が優勝を狙い、彼は本コースを走るサポートの様です。

やはりダカールの情報を早く掴んでおり、今回のスタート地点のマル・デル・プラタの海岸に人口的な砂山を作り、プロローグをやるとか初のゴールになるペルーの砂丘は砂が柔らかいから注意が必要だとか、色々と教えてもらいました。

彼の自宅はバルセロナにあるのですが、580ヘクタールあり、一周63キロのオフロードコースを持ってるそうですよ。

追伸 先日私がサポート役で行ったウルトラ・トレイル・デュ・モンブランの放映がNHKのBS1で10月10日(体育の日)の午後10時から100分の番組で放映されます。時間があったら見て下さい。

写真1の説明 前回の写真に本人のサインを頂いて来ました。スペイン・バハの写真だそうです。
写真2の説明 コースを案内してくれてるペップさん。
写真3の説明 ピットで一瞬開いたホンダのブースの一枚です。
写真4の説明 バイクの収集の話になり彼は20台位のコレクションがあるとの事なので話をしていたらブルタコの話になり照に買ったコタ25の話題になりました。彼はこの新車を1台持っているそうです。

菅原 義正

letter_085_20111006_1038_02

letter_085_20111006_1038_03

letter_085_20111006_1038_04

[footer-sugawara]

No.084 2012のダカールラリーのメカさんがきまりました – 菅原さんからの手紙 2011/09/28 02:20

letter_084_20110928_0220_01各ディラーの優秀なメカさんが多数応募して頂けるのですが予算の関係もあり、全国から4名の優秀なメカさんを選考させて頂きました。

毎年ダカールは過激な戦いになっており、危険きわまりないのです。

次回の照の乗る車両をモンコルでテストしたのですが、一割位速くなっているのであちこちにクラックが入ったりして問題が発生します。
軽量化を徹底的にやり、300kgの軽量化に成功しました。

昨年は200kgなのでトータル500kg軽量化です。
軽量にすることにより、加速と制動に効果が顕著に表れます。

写真1は昨年の照のジャンプです。

写真2うえの砂丘からを降りるレンジャーです。

写真3は我々の仲間のペップさんジャンプです。

こまったものですね。

菅原 義正

letter_084_20110928_0220_02

letter_084_20110928_0220_03

[footer-sugawara]

No.083 KAUFBEUREN (カウフボーレン) – 菅原さんからの手紙 2011/09/21 21:47

letter_083_20110921_2147_01この町は我々チームのバイクのサポートをしてくれているカイザーさんの町の名前です。

彼は10年位前からダカールラリーで我々チームのバイクサポートをしてくれたり、ラリーレイドモンゴルでは私がホンダ パイロット(2サイクル単気筒400cc)で出た年とヤマハ ライノ(4サイクル単気筒650cc)で出た年に専属で私のメカをやってくれ、その後、ドイツの友人を連れて何回かラリーレイドモンゴルに出てくれたのでSSERの関係者は良くご存知ですよね。

実は彼の町を訪ねるのは初めてでした。ミュンヘンの空港に着いたら、彼の手配で空港の近くに住んでいるカールさん(彼もラリーレイドモンゴルに出ております)が迎えに来てくれ、彼のアウディでカウフボーレンまで連れて行ってくれました。空港から西南に1時間程走った所にカイザーさんのショップがありました。

そこから車で1時間も走らない範囲にあの有名な「ノイシュバインシュタイン城」があるのです。彼の手厚い招待を受け、幸せな時間と空間を感じてきました。

写真1 彼の町の名前のビールで後ろにはカイザーさんがぼんやりと写ってます。味は日本のビールを薄くした感じでした。
写真2 彼が予約してくれていたホテルです。花が奇麗でした。
写真3 ホテルの入り口にあった、昔使っていたリヤカーの様な台車です。
写真4 ここからが大変です。足回りとフレームが現在の車と同じにUボルトで固定されてます。この後に横にリーフスプリングが使われてサスペンションが付く事になります。長い事使ったのか、車輪の外側に巻かれた鉄板はすり減ってますね。

菅原 義正

letter_083_20110921_2147_02

letter_083_20110921_2147_03

letter_083_20110921_2147_04

[footer-sugawara]

No.082 ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 2011 「三好 礼子さん初出場で完走」- 菅原さんからの手紙 2011/08/30 16:09

letter_082_20110830_1609_01シャモニー(フランス)をスタートしてイタリアに入り、スイスを走り、シャモニーに戻ると言う超人的な競技でした。

世界中から2300人の選手が参加しており、166kmを46時間以内に走らねば失格です。

礼子さんは26日の23時30分にスタートして27日は丸一日走り、28日の20時に到着です。43時間と言う制限時間内で一睡もしないで2500メーターの山を5つも超えて走って来たのです。

我々サポート隊は事前にサービスポイント(エイドと呼ぶそうです)を廻りGPSに入力していたので、走る場所のすごさを覚えただけに、ゴールに入ってきた礼子ちゃんには感動です。

サポート隊も大変で選手しか走れない山があり、その先のエイドに行くには遠回りして行かなければならないので、43時間で寝たのは全部で2時間くらいで、こちらもウルトラです。

完走した選手とご家族が一緒に走ってゴールするなど感動的なシーンがいっぱいでした。

写真の説明
ゴール直後の礼子ちゃん
大会のロゴ
サポートに使ったハイラックス

菅原 義正

letter_082_20110830_1609_02

letter_082_20110830_1609_03

[footer-sugawara]

No.081 – 菅原さんからの手紙 2011/08/22 21:47

letter_081_20110822_2147_0143年ぶりに空路でミュンヘンに入りました。

何と荷物の引き取り所で仰天です。
こんな大きなBMWのラジェターグリルでお迎えされました。

三好 礼子さんが ULTRA-TRAIL DE MONT-BLANCと言う競技に参加
されるので、私はサポート員としてのドライバー役です。

シャモニーをスタートして2000メーター以上の山を5つも超え、167kmを走り46時間以内にシャモニーに戻ると言う大変な競技です。

空港にはモンゴル・ラリーに出場したKARL HEINZさんが迎えに来てくれて、礼子さんと130KM程離れたカイザーさんのガレージに向かいました。

ダカールのサポート用に昨年購入したハイラックスの中にはお願いしていた通りのキャンプ用品が新品で用意され、礼子さんはキャーキャー言って喜んでます。

今日は朝5時過ぎにカイザーさんが車で迎えに来てくれ、40分位の処の山へトレーニングに行きました。用意も終わったので明日スタート地点のシャモニーに移動します。

写真の説明

迎えてくれた巨大なグリル。

空港の入り口にあった波乗り

オシャレな空港のカフェ

菅原 義正

letter_081_20110822_2147_02

letter_081_20110822_2147_03

[footer-sugawara]

No.080 – 菅原さんからの手紙 2011/08/16 21:47

letter_080_20110816_2147_01無事に到着しました。

8/8にウランバートトルを出発して8/15に無事にウランバートルに戻ってきました。

尾上号は百戦錬磨の石原君をナビに起用し、挑戦してきましたが、私のナビをするのが初体験の若林嬢のしなやかなナビゲーションに、流石の石原君もまいったようです。

私の車はどこも壊れる所が無かったのですが、残念な事に尾上号のウオーターポンプのベアリングが不調になり、見える範囲内でのバトルは3回位でした。

お互いに、相手の車が視界に入ると俄然、元気が出て大人げない走りになってしまうようです。

それにしても「日本の名車ジムニ」ーは660ccなのに良く走ります。

今年は5台のジムニーが出場しましたが、来年はもっと台数が増える事を祈ってます。

ナビの若林 葉子さん ありがとう。

菅原 義正
写真の説明
ゴール後、パトカー先導で恒例の市内パレードの始まりです。

ゴールでの対決の二台の記念撮影。尾上号にはETCも付いており、エンジンを掛ける度に「カードが入ってません」とアナウンスされてるようです。

テストも兼ねての参戦だった日野レンジャーも無事に完走です。

letter_080_20110816_2147_02

letter_080_20110816_2147_03

[footer-sugawara]

No.079「モンゴルに着きました」- 菅原さんからの手紙 2011/08/03 23:46

letter_079_20110803_2346_01 昨日(8/2)日野レンジャーでの参加の照とナビの杉浦君を空港に迎えにいきました。街が混んでおり早めに出たら一時間も早く着いたのですが、携帯の調子が悪いので二階の出発口のテラスに出て携帯をいじっていたら、30代位の若者達が寄ってきて、急に彼たちが持っている携帯を私に渡すのでした。

電話に出てみたら「スガワラサン 私はジャルジャルでーす」と言われびっくりです。私がHINO TEAM SUGAWARAのTシャツを着ていたのでスガワラだと分ったようです。話の内容は会いたいとの事と新しい日野レンジャーを見たいとの事でした。

ジャルジャルさんは以前、ロシアン・ジープで何回もラリーに出ており、ある時に相談を受けました。内容はピストンリングが弱いので、強いのが出来ないか?   との事だったので、その為にはピストンとシリンダーが必要だと言ったら、翌日に4気筒あるシリンダーブロックの1気筒分だけをドリルだけを使って切り離し、ピストンと一緒に持ってきました。

日本に持ち帰り、我々のスポンサーさんでもある日本ピストンリングさんに持ち込み、ご説明をしたら快く、それも無料で10台分のスペシャルなピストンリングセットが出来上がり、彼に早速、送ったら大喜びでオフロードの大会で何回も優勝してました。

お礼にウラルのサイドカーを送ってくれました。古い物なのでレストアをして大切に乗っているのですが、よく壊れるのでモンゴルに来る度に買い物をしているうちにエンジンが3機とミッションが4機になってしまいました。

更に新車も買い、病気が伝染して尾上さんにも移ってしまいました。

菅原 義正

写真はウランバートルに着いた新型の日野レンジャーと街から5KMも離れたらこんな景色が続きます。空港の建物です。

letter_079_20110803_2346_02

letter_079_20110803_2346_03

[footer-sugawara]

 

No.078 – 菅原さんからの手紙 2011/07/26 12:00

letter_078_20110726_1200_01 北海道4DAYSは斎木校長先生の居ない寂しいラリーなりましたが、そんな中でも、殆んどが道外の参加者が集まってくれ意味のある大会になりましたね。

4日間むの殆んどが雨で、更に台風が来て、予定通りに帰宅出来ない状況になり、皆さん大変だったでしょう。

私も予約していた苫小牧-大洗のフェリーが欠航になり、表彰式の翌日の朝9時30分に芦別を出発して、青函連絡船を使い、品川の自宅に着いたのが翌日の朝の7時30分でした。

私は北海道の小樽生まれなので、あえて言わせてもらいますが、道内の参加者が居ない事に怒りを感じます。

聞くところによると夕張でエンデューロの大会があり、バッティングしているとの事ですが、ラリーレイドとエンデューロは違うので、要するにオフロードが好きなライダーが居ないと言う事なのです。

その後に更に驚きました。函館のフェリー乗り場に着いて時間があったのでホームセンターで買い物でもしようと、らしき施設に行ったらとんでもない広い駐車場に車がびっしりです。建物に入ったらなんとパチンコ屋さんでした。

パチンコは悪いとは言いませんが、あまりにも小さな賭けで、外人を案内したら信じられないと言われます。

外人だったら、その時間にはもっと意味のある趣味を楽しんでおります。

グギを一本も打てない借家住まいの日本のシステムにも問題がありますね。

北海道は「Boys be ambitious」なんですがね。

菅原 義正 

写真は赤松さんです。

[footer-sugawara]

letter_078_20110726_1200_02

No.077 – 菅原さんからの手紙 2011/07/11 15:11

letter_077_20110711_1511_01 会社の前で「隈どり」の模様が入れられ、日野さんから技術者の応援も頂き、最終調整も終わり、日野さんのテストコースで走行確認を一日して積載車に乗せられて神戸港に向かいました。

テストコースでは外周路(両側にバンクが付いた舗装路)を最初に走り水温やオイル温度やインタークーラーの入り口と出口の空気温度などを調べながらの走行のようでした。(私は見て居ただけなので)

その後、内側に作られたダートのコースを何周も走ってました。加速が速く、見ているだけで軽量化の効果が表れていました。

水温もインタークーラーを荷台に付けたので安定しており、効果が表れたようです。

テスト走行後には新しく担当になった若い技術者の皆様に助手席に乗って貰い、体験走行会です。

自分達の想像以上の走りだったらしく、皆さんかなりの興奮をしておられました。

モンゴルでの走りをお楽しみに。

菅原 義正

[footer-sugawara]

letter_077_20110711_1511_02

letter_077_20110711_1511_03