No.0067 2000/02/26(土曜日) 12:00

Pocket

モンゴルへ日本赤十字からの緊急援助が決まったという。ナンのコトだ?と思ったら、ヒドイ寒波で...-45度以下の日々が続いて家畜が何十万頭と凍死しているようだ。とても心配だ。ウランバートルから届くe-mailには、そのコトについてナニも触れていないではないか。いまさら過酷な大地だ、というコトを知らされる。私も冬のモンゴルには何度も訪れたことがあるが「もう、氷点下10度を超えれば -20度も -30度も同じ」なんてよく言ってたけどゴメン、これは全然違う。「今日は20度あるから暖かいよ」モンゴル人スタッフが僕のホテルの部屋にやって来ていうのである。 -20度のコトだ。地球温暖化にあってこの寒波。でも10年以上前は地球は氷河期にむかってるって言われてたこと知ってる?知ってるよね。ありゃどうなったんだろう。地球環境問題では、やはり東大の松井先生の理論をボクは支持したい。「人間の思い上がりだ」ってやつ。「人間の生存圏が危機に晒されているだけで、地球環境なんてのは何百万年かで循環・浄化されて、また元の美しい地球に戻るんだよ」って。そりゃそーだろ6千5百万年前、恐竜が絶滅した時はグジャグジャな地球だったんだから。

きょうの1枚
ホラ、ホントに冬のウランバートルでしょ。どっから撮ったんだろ?たぶん飛行機の中からだね。さぁ、モンゴルへのささやかな援助をどうするのか、ちょっと考えよ。

Bookmark the permalink.

Comments are closed