No.107「水没」- 菅原さんからの手紙 2012/08/31 12:00


letter_107_20120831_1200_01場所は8月18日のETAP-7の239.71Km地点です。

この日のスタートは尾上さんの7分前にスタートし、途中後ろを何回も気にしていたのですが尾上車はフロントハブに問題を抱えており2駆の状態なので追いかけて来ないと思い、ナビの高橋と世間話をしながら走っていたら、227.61Km地点に用意されたRCPの手前で追い越されて、殆んど同時にRCPに滑り込みです。

これで尾上さんに7分負けた事になります。

1時間後に2台並んでカウントダウンでのスタートです。(これで2回目)

私の車両は尾上車より軽いのでスタートで前に出て12Km走ったら、この川が出て来ました。結構深そうでしたがバイクが渡った跡を見つけて入ったらこの有様です。そうこうしている内に尾上車が来て、私の水没を横目に見て右側の浅い所を上手に渡って行くのでした。

焦ったのがあだになりました。

地元の人が長いスチールワイヤーを引きずって来てくれ対岸に居たランクルにひっかけて引きずりだしてくれました。

その後が大変でインタークーラーを外し、カバーや配線のカプラーを外しプラグを抜いてセルを回して水抜きをしたのですが、驚くほどの水がエンジンから吹き出て来ました。エアークリーナーも水切りをして走りだしましたが、全てが乾くまで本調子が出ないのでゆっくり走り、43Km先の村でエンジンオイルを買い交換しました。その後は夜になり雷と大雨と霧が出て4輪でも大変なのに私の後ろを走るバイクの人はヒョウにも降られ大変な一日でした。

尾上さんにやられた1日でした。写真はゼッケン21番の黒田さんが写してくれました。

菅原 義正

[footer-sugawara]

Bookmark the permalink.

Comments are closed