No.101「フレームが組上がりました」- 菅原さんからの手紙 2012/04/25 12:00


letter_101_20120425_1200_01日野自動車の入社式で社長が言ったのは「夢を持ちなさい、夢は逃げないけど逃げるのは自分だ」とのお話があったそうです。難しいお話ですね。

昔、私が教えてた整備学校(SSERの4DAYSでお世話になっている学校)で、ある学生が「ダカールラリーのメカになるにはどうしたら良いか?」との質問を受けました。

私は日野自動車の販社のメカになり、優秀だったら我々チームのメカさんに成れる可能性があるよ。とお話して10年後にダカールメカの応募に彼の名前がありました。

実はダカールのメカに応募するには日野自動車のHS-1と言うとても難しい資格を取った人だけが応募する権利があります。彼は札幌にある日野自動車に入り、結婚もし、自宅も自分の力で建てて、夢に向かって進んで応募し、ダカールのメカさんの審査に合格したのです。

私は夢に向かっている人、挫折する人を数多く見ているので、日野自動車の社長のお言葉は若い人に向けての素晴らしいお言葉だと思っております。

フレームのお話でしたね。

写真説明

1は弊社に届いたフレームとスプリングです。トラックのスプリングは後ろが太くなってます(荷物を積むので)が我々の競技車は逆で、フロントから凸凹に入るのでフロントが強くなってます。

2は白い塗装中です。

3はフレームになりましたが、借り組で、対角に寸法を測り、水平を出して本組みになります。

4は弊社社長の照がナビパネルのスイッチ類の配線をしております。

私はと言うと、ある部品を作り直して150グラムの軽量化をしましたよ。

letter_101_20120425_1200_02

letter_101_20120425_1200_03

letter_101_20120425_1200_04

菅原 義正

[footer-sugawara]

Bookmark the permalink.

Comments are closed