ルートインフォメーション – 湯布院ラリー3デイズ 2017


ご覧になるには下のリンクをクリックしてください

DAY1 3/18 「美しき由布岳を愛でる 」
TOTAL 232.55km, DIRT 44.37km
SS-1: 4.05km, SS-2: 9.80km, SS-3: 4.96km, SS-4: 4.01km

 

いよいよ湯布院3デイズ2017のDAY-1だ。それにふさわしいとっておきのルートは、SS4本にCPはなし。そして232kmとやや物足りない走行距離なのだが、ダートは44.3km。
グランド・スタートをするとすぐにSS-1がある。湯布院の常連参加者にはおなじみのルートだが、今年は少し違う。地元の方々の協力により、少し距離が延長されている。登りの山道は、前半は整備されているが、後半はガレていて大きいマシンは少し苦労するかも。
SS-1の終了後には、もう一本のダートを走り、温泉、高原を越え、また山に入る。そして大昔の火山を一廻りする約10kmのSS-2。このSS-2は、高低差があり、コーナーは多いが、走りやすいダート。
そして、やまなみハイウェイでSS-3へ向う。SS-3のあとは、やまなみハイウェイに戻り、眼下に由布院の街並みと湯けむりを眺めながら山道に。高速道と併走しながら、由布岳、鶴見岳の裾野を走り、しばしその雄大な姿を愛でることに。
SS-4はゴールの近くだ。今夜は、星空の下でバーベキューパーティー!

 

DAY2 3/19「雄大な九重のグッド・ロケーションディ」
TOTAL 300.32km, DIRT 27.45km
SS-5: 6.79km, SS-6: 2.00km, SS-7: 2.74km, SS-8: 7.97km

 

行程300kmの最長ディスタンス。ロケーションは最高の一日、素晴らしいバランス感覚を愉しむ。スタート後は必ず燃料補給をすませ、SS-5。コーナーの多い登りで一部ガレている。SS-5を出て、38.15kmのゲートまで進む。このあとコースマークを追いかけてSS-6のスタートへ。
SS入口までの800m程の舗装路は、登山道で登山者も少なくない。特に注意すること。ここは「阿蘇くじゅう国立公園」内であり、湯布院2017の特別許可を受けて進入するエリア。九州本土では最高峰の山々の在る場所で、スタート地点の標高は1200m。
「下界を眺めれば悩みも何も吹っ飛んでしまう(カオル談)」ほどの素晴らしい景観。SSは、高低差の有るテクニカルなもの。SS終了後は先程のゲートで、0.00kmにメーターをリセットし、再スタート。
リエゾンの高原は空気も風景もグッド、そんなロケーションを楽しめる好天を祈るのみ。野焼きをしたばかりなのであたりは黒色ですが、4月になれば緑の絨毯となるよ。
しばらく走しり「東洋の〇〇〇〇〇*1」の上を通り、石のめがね橋を渡る。このあたりは肥後の石工で有名な古い石橋の多いところ。
次はSS-7。ここは数ヶ月前まではガレガレだったが、地元の人達が、このラリーのために整備して下さった。嬉しいような、残念なような「〇〇〇ベルグ*2」とは程遠くなった。
県道を登り詰めれば県境、宮崎県だ。10kmほどの下りのフラットダートを抜けていくと国道に出る。しばらくこの道を西へ進めば、また県境、熊本県。阿蘇の外輪山を下り、噴火している山の東側の峠1000m近くまで登る。正面の景色はこれまた絶景。
町に下り、やや上り、黒い高原のなかを走りぬけ、ここらで一休みコーヒータイム。一服したら湯煙を浴びながら山の温泉場を通過して、今日のラストSS-8へ。ここは今朝の逆走。最後に燃料を補給してビバークへ。今晩は、大分の郷土料理で、おもてなし。

 

DAY3 3/20「水ぬるむ、川床の道へ」
TOTAL 201.39km, DIRT 37.47km
SS-9: 4.99km, SS-10: 9.84km, SS-11: 11.53km

 

あっという間の3日間、最終日。燃料補給は確実に。国道を西へ温泉町を通り抜け、ゴルフ場を掠めてSS-9へ。フラットな走りやすいスピードコース。SS終了後は県道を経由してダート林道。国道へ出て、SS-10へ、やや高低差のある走りやすいスピードコース。
ここを抜け、山の舗装路、県道、国道を進む。
119km過ぎの左前方の眺めは「東洋の〇〇〇〇〇〇*3」と言われている。
そこを通過し、間もなく、待ちに待ったあの場所へ。春とはいえ、まだ水は冷たい。これを出れば国道。GSも道の駅もある。さあ最後のスペシャルステージSS-11。
これで750km、湯布院ラリー2017を走りきる。

 

 
注意
今回のSSの11本は、通常は閉鎖されている道です。
行政、国、特に村の人達の協力があって開催できました。
地域の人に会ったときは軽くでいいので、頭をさげて下さい。
田舎の人の受ける印象が、今後の開催に大きく響きます。

質問
以下の〇〇に入る言葉を選べ
設問1「東洋の〇〇〇〇〇*1」
(1.マチュピチュ 2.ナイアガラ 3.ナポリ)
設問2「〇〇〇ベルグ*2」
(1.エルツ 2.カオルズ 3.ザルツ)
設問3「東洋の〇〇〇〇〇〇*3」
(1..魔女 2.マチュピチュ 3.ナイアガラ)

Bookmark the permalink.

Comments are closed