SSER 2017 Schedule


01-011-1000px

各イベントHPへのリンクは昨年のイベントの内容の場合がございます。あらかじめご了承ください。

20160215_calendarbase_06_01

「雄大な九州を愛でる旅」

美しい九州の山々は、時にさまざまな顔を見せる。この1年には様々な自然災害にも見舞われて復興半ばでもある。だからぼくたちは、九州に行こう、そう思う。昨年より3デイズに拡大されたこのイベントは、そうした旅だ。[HP]

20160215_calendarbase_06_03

「濃厚で濃密な四国、密なるものの、語る声は静か」

あなたは本当にこのフォーマットを完遂することが出来るのか。半端な気持ちでは成し得ない1000kmのダート。海外ラリーの何よりもハードだと、ラリーの神様さえ語る。昨年のテーマはこう結んでいた。「過酷だが、そこにはあの時の夢が、まだ途中だったことが分かる。きっとゴールに向かう夕暮れに、あなたのゴーグルの中は曇る。」[HP]

20160215_calendarbase_06_05

北の大地の大会は、さらに豊穣の日々となった。妥協のないルート設定。素晴らしい景観。降臨するライディングハイの時間。新しい時間の概念。ラリーを超える自在で自由な感覚。北海道を、まさに堪能する。[HP]

20160215_calendarbase_06_07

「壮大な、思い」

大きく姿を変えたラリーモンゴリアそれはライディングの究極を突き詰める、壮大な思い。南の果て、北の果てへ。地理的好奇心を満たしてくれたこれまでのラリーモンゴリアもまた姿を現すだろう。奇跡のルート、そう呼ばれた2016年。そして2017年はさらに驚きが待っているだろう。[HP-2016] [HP-2017]

NPO-SSER

20160215_calendarbase_06_09

「Go beyond the Universe」

星の彼方へ、そういう意味でもありそういう意味ではない。宇宙とは、あなたの心と身体のことを言う。それを、超える。そこに震えるような感動と一生涯を共にする記憶が得られるという意味だ。壮大な、思いはここに極まる。砂丘部分のコースを大きく変更して2017年はさらに濃密になる。[HP]

 

Bookmark the permalink.

Comments are closed