No.138「新しいエンジンが載りました」- 菅原さんからの手紙 2013/10/07 12:00


letter_138_20131007_1200_01私が今度乗る1号車は9月の末に焼津の工場から日野自動車本社の試作部の工場に移動しました。

この1号車には色々と新しい試みがされており、一番はエンジンでA09と呼ばれており、レースには初めて採用されます。馬力はまだ内緒で10月13日と14日にお台場で行われる「モータースポーツジャパン2013」で発表されます。

写真1は新しくフロントミッドに乗せられたA09のエンジンの前側です。

センターデフも装備されており、常時4駆で普段はフロント30%、リアー70%の駆動がかかっており、砂丘などでは50%、50%に固定も出来ます。更に4輪デフロックにもなり、鬼に金棒ですね。

写真2は後ろから見た荷台で軽量化の為に床がありません。ラリー中は急いで動き回るので、気を付けないと踏み外してしまいます。右の白いタンクは冷却水の補充用の水タンク。右上にあるのはインタークーラー。黒くて丸いのは巨大なエアークリーナで外側と内側とに2つ入っております。

写真3はエアータンクの上に固定されたスコップで、タンクをとめるベルトを利用して固定金具が付いており、ここまで考えられるのは何台もラリー車を作ってないと、このアイデアは出てきません。

写真4は特殊な積載車に後ろ向きに載せられた1号車です。

尚、10月14日の11時30分から12時30分まで上記のイベント会場で日野さんの社長も来られて次回ダカールの出場発表会があります。日野さんのホームページも10月1日から新しくなりましたので見て下さい。

菅原 義正

letter_138_20131007_1200_02

letter_138_20131007_1200_03

letter_138_20131007_1200_04

 

Bookmark the permalink.

Comments are closed