No.132「モンゴルに向けて」– 菅原さんからの手紙 2013/07/03 13:38


letter_132_20130703_1338_01以前、会社にあった2号車のキャブ(運転席)は日野さんの関連会社でフレームに載せられ、エンジンもチューニングされて載せられて、焼津にあるボディ屋さんでリアーボディを手直しされて、弊社に運ばれてきました。

弊社ではモンゴルに送り出す前の最終整備を行っております。 写真1を見てもらうと分かりますがドライバーの位置が隣の軽トラと比較するととても高いのが良く分かります。普通の自動車のドライバー席は大体ホイルベースの真ん中にあるのですが、トラックは前輪の前側にあるのが良く分かりますね。ラリーレイドモンゴルではテストとして走るのでHINOさんのマークだけなのですっきりしてます。

写真2は後ろから荷台の中を写しました。右上にあるのは巨大なインタークーラーで左上にはエンジンオイルのオイルクーラーです。他にはミッション、トランスファー、ステアリング、燃料にもクーラーが付いてます。後ろには昨年から使っているアルミのホイールが写ってますが、今後タイヤが組み込まれて2本積まれます。

写真3の真ん中にある青いシリンダーはストロークセンサーでラリー中の動き量を計り記録します。

写真4はリアーのスタビライザーを室内からON、OFFする装置です。

写真5はモンゴルから応援に駆け付けてくれたバイラーさんが社内にある1号車のキャブを改造してくれてます。 7月13日に日野さんのテストコースで走行してからモンゴルまで運ばれます。お楽しみに….

菅原 義正

letter_132_20130703_1338_02

letter_132_20130703_1338_03

letter_132_20130703_1338_04

letter_132_20130703_1338_05


著者紹介 菅原義正氏
Bookmark the permalink.

Comments are closed