No.129「日野オートプラザ」– 菅原さんからの手紙 2013/06/06 13:30


letter_129_20130606_1330_01ご存知でしたか? 日野さんにも立派な自動車博物館があるんですよ。最近リニューアルされたので行って来ました。

内容が濃いので何回かに分けてご紹介します。

場所はJR横浜線の八王子みなみ野駅の近くで、出来た当時は周りが空き地だったのですが、その空き地は立派な住宅街になっており、博物館と研修センターが一つの建物に入ってます。

写真1はエントランスの場所でうっすらと奥に写真2のように表に2011年私が運転したレンジャーとボンネットトラックと昔の消防のハシゴ車が展示してあります。

写真3の指示通りに行くと博物館の入り口で、入場料は無料ですよ。

私が最初にご紹介したいのは写真の4です。

日野さんは1953年にフランスのルノー公団と技術提携してルノー4CVを作り、1957年には完全に国産化したのです。私は16歳。

当時はいすずさんがイギリスのヒルマン、日産さんはイギリスのオースチンと技術提携をしてました。

リアーエンジン、リアードライブで水冷の4気筒で748ccです。トランクはフロントボンネットの中でその中にスペアータイヤが入ってます。東京ではタクシーとして使われており、初乗りが70円か80円だったと思います。

大学生の頃、父が朱色のルノーを買ってくれ、小樽で登録して東京で乗っていたので、ナンバープレートが札(札幌の陸事)で始まっており、東京では良くお巡りさんに職務質問されました。

写真5はルノーを使ってエスビー食品が面白い企画をしてました。この格好の車を何十台か作り、1年間はこの格好のまま使ってもらいその後、格安でその人に買ってもらうという企画で、私の友人のお姉さんが抽選で当たり、乗せてもらった事があります。

当時の車はとても高く、今とは全然違いますね。

続く 

菅原 義正

letter_129_20130606_1330_02

letter_129_20130606_1330_03

letter_129_20130606_1330_04

letter_129_20130606_1330_05    

Bookmark the permalink.

Comments are closed