No.124「ダカールの用意が始まりました」– 菅原さんからの手紙 2013/03/28 14:37


letter_124_20130328_1437_012号車(照仁が乗ってクラス優勝をした車両) の運転席が外されて本日、恵比寿の会社に運び込まれました。

この運転席は来年の1号車に変身し、今年私が乗った1号車がそのまま2号車になります。

昨年のラリーレイドモンゴルでテストした車両はエンジンの排気量は一緒ですが、電子制御の燃料噴射装置を初めて搭載しました。今、販売されてるレンジャーはとっくに電子制御なのですが、ダカール・ラリーでは燃料の質や細かい埃など、精密な噴射装置には良くない事ばかりなので、慎重にテストを重ねて1号車となり今年は私が運転し改良され、来年は2号車と呼ばれ、クラス優勝を狙う照仁が運転します。

運転席の外観の違いは、1号車と2号車ではブッシュガードの色と補助灯位ですが、運転席の前の計器周りは、運転手の好みがあるので大きく違います。 明日からボディを細かくチェックし、クラックが入ってないか調査し、その後、次回用に各部の変更などの作業が続きます。(作業内容は超極秘です)

今年のラリーレイドモンゴルでデビューしますので、お楽しみに……

今年はサービスの大きなトラックも新調するので大忙しです。

追伸 会社の看板ですが以前はポールに取り付けてあったのですが、突風対策でポールをやめました。

菅原 義正


著者紹介 菅原義正氏
Bookmark the permalink.

Comments are closed