No.121「軽量化」 – 菅原さんからの手紙 2013/02/15 17:54


letter_121_20130215_1754_01ラリーレイド・モンゴルに使っているジムニーも毎年、軽量化を進めておりますが、ダカール・ラリーのカミオン部門でも毎年、軽量化が進んでおります。

写真1のレンジャーですが、最初に作ったリアーボディは幌製でした(約20年前)。厚手の生地だったので、それは重い素材でした。少しでも軽くしようとしてその後は薄いアルミ板を使ったリアーボディを作り、更に軽くしようして、薄いカーボンの板で作り、今年は写真1で分かるように後ろ側は軽量な素材の幌製で全部で12Kgしかありません(幌の部分)。結局、最初の素材に戻った事になりますね。

東京から船に乗せる前に少しでもと思い、ステップ(乗員が乗る時に使う)を軽量化したのですが、両側で44Gしか軽量化が出来ませんでした。ラリー中それが原因で壊れないか確認しながら使っていましたが、終わる頃には曲がってしまい、ぎりぎりで機能してました。

相撲の横綱を軽量化して、マラソン選手までにしているので、これ以上の軽量化は壊れるぎりぎりまで来ていると思っていたら、敵は更なる手を使ってきました。写真の2と3です。

3はウニモグでイタリアから同じのを3台出して、1台には元F-1ドライバーがドライブ。幌はスケスケで我々よりも軽い素材かもしれません。

中の横のバーが段違いに組んでるのも意味があり、走行中の揺れからくる応力を分散させる構造になっているようです。

今年、我々チームは軽量化の為にベットレスのキャブ(乗員が乗る場所)を使ったのをご存知でしたか?

菅原 義正

letter_121_20130215_1754_02

letter_121_20130215_1754_03


著者紹介 菅原義正氏
Bookmark the permalink.

Comments are closed