No.112「黒ちゃんありがとう」- 菅原さんからの手紙 2012/12/07 16:46


letter_112_20121207_1646_01ガストン・ライエーさんが亡くなってから毎年、私が乗る競技車両の室内に彼の写真を貼って出ています。

まもなく出発なので汚れた写真を取り替えようとパソコンからL版に出力したら容量が少ないのかボケボケになってしまい、黒ちゃんに電話して訳を話したら、早速3枚の写真が送られてきました。

最初の一枚は何と私が何時も貼っている写真でした。

送られて来た写真を見ていると、彼の事が次々と思い出してきます。

2004年の暮れに病院にお見舞いに行ったら、奥さんが今日まで面会謝絶だったので、貴方が最初ですよ。と言ってくれました。

ラリーの話をしていると、看護婦さんがどうしてそんなに元気になったのと驚いており、僕の分も走ってね!! 毎日テレビで応援してるよ!! と言ってくれ、ラリーが終わった18日後に亡くなりました。

ラリーが南米に移った最初の年にベルギーのテレビ局が私の所に取材に来て最後に「貴方とベルギーと何か繋がりがありますか?」と言われ、室内の写真を見せたら驚いておりました。

最近、山田さんが新しい事業を立ち上げて名前は「DC-3」となってました。山田さんに確認はしてないのですが、ガストンさんが関係していると思ってます。

彼は以前DC-3を持っており、スズキに乗り換えた時には事前にフランスからアガディスまで彼の飛行機にバイクと関係者を乗せて飛び、アガデイスからデルクーまでの砂のステージを何回も往復してスプロケットなどを合わせてました。その後、アフリカでエンジンが壊れてそのままになっていたようです。

彼の写真を貼って走ってきます。
菅原 義正

letter_112_20121207_1646_02

letter_112_20121207_1646_03

letter_112_20121207_1646_04

写真の説明

1 山田さんの企画(ガストン・ライエー・ミーティング)で来日した時の一枚。この写真を貼ってます。
2 2000年のラリー・モンゴリアの休息日だと思います。私は左手におにぎりを持って食べながら何か話してます。
3 2004年のツールドニッポンに来日した時、私の初孫と一緒に来たミハエル君
4 彼が持っていたのと同型のダクラスDC-3

[footer-sugawara]

Bookmark the permalink.

Comments are closed