No.063 – 菅原さんからの手紙 2011/02/10 14:43


letter_063_20110210_1443_01先日、facebookを通じて1枚の写真が送られてきました。

1983年(初めて出た年)の1月2日の朝で、場所はニームの近くの軍の演習地を使ってのSSです。とても寒い年でコース内には凍結している場所もありました。

1月1日の朝、8時過ぎにコンコルド広場を出発してパリの近郊でSSが1本あり、更に国道20号線を約1000km南下し、このニームに着いたのが朝の7時頃で、一睡もしないでのスタートでした。

大きな荷物とスペアータイアを持ってないのは、ニームの駅のコインロッカーに預けてきたのですが、このSSを終わった後にニームの駅を探すのが、とても難しく困り果てた記憶があります。なにせコマ図はSSのゴール地点からニームのフェリー乗り場までしか書いてありません。

その話を続けると1週間くらい必要なので、置いておき車両を見て下さい。

ヘッドランプにはガードが付いています。補助灯としてシビエのランプがハンドルの右に付いていますね。そこには盗難防止のワイヤーロックが掛けてあり、ハンドルには風防があり、テールランプはレギュレーションで2ケ必要なので結構大型が付いています。リアーの両サイドには水のタンクが付いています。

私はコンタクトレンズを使用しているので、ゴーグルは必要不可欠なのですが、裸眼で走っているのは、温度差でゴーグルが曇って使えなかったのですね。

一枚の写真ですが、写してくれた人に感謝し、この年でもなんとか頑張ってパソコンと向かい合っている事で、良い意味有難い事です。
菅原 義正

[footer-sugawara]

Bookmark the permalink.

Comments are closed