No.0622 – Organisation Voice 2004/04/02


※動画は掲載終了しました

「まいった。」

というのはTDNのコース制作のお話。北海道と東北ステージが残っているのです

が、いろいろな役場に電話をかけて、

「雪はどうですか?」

「いやあ、今も降っていますよ。除雪は、あきらめています。」

「・・・・・・・」

「まあ25日過ぎれば、除雪に入れるかなあ。今年はとんでもないですよ。」

「・・・・・・・・・」

「まあ国道だけだけど」

「あの県道は?」

「5月だね」

「・・・・・・」これが青森県のある役場。

北海道も「いつもはもうほとんど無いんですけど、今年はひどいねえ。ゴールデ

ンウイーク?ウーーン」だって。

試走隊は急遽「スノータイヤ、ハンドウインチ」などなどを調達に。

「それでも行くんですか?」

「ウン」「北海道とか、まだ無理なんじゃないですか」

「ウン」「じゃあ行っても無駄なんじゃないですか?」

「ウン」「どうするんですか?」

「ウン」「ウンウンって、運を天に任せるってことすか」

「それ面白い!八甲田山で言おう」「なんて?」

「ああ天は我を見離したか!!って」

というような朝、われわれは立ち往生に陥っている。もう残された時間は無い。

「助けてーっ」

きょうの一枚
3/27の1日目はタイムアタックです。ゼッケンの逆順にスタート。コースを2周、コレで翌日のトーナメントの枠組みが決定した。総合成績はSS1に該当します。

*きょうの一枚のリンク先は動画です(WMV形式 サイズ:11MB)

Bookmark the permalink.

Comments are closed