No.036 – 菅原からの手紙 2010/06/29


letter_036_20100629-01フランスのストラスブールに来ております。この街には1993年にEUが統合した本会議場があります。

名前の通り、今はフランス領ですが以前はドイツ領だったりした経緯があるようです。

27年前に堀 ひろこさんがパリーアルジェーアビジャン間をバイクで縦走する
計画があり、私と浅賀 敏則氏と二人でパリから電車に乗ってミュンヘンのスズキ自動車さんへサポート用のジムニー(確か1000cc)を引き取りに行きました。そこには1981年か2年にパリダカに出たジムニーが置いてありました。800ccだったと思います。

電車を乗換変えたのがここの街、ストラスブールでした。時間があったので駅前のレストランに入って卵焼きを注文するのですが、通じません。

コケコッコーと言いながら手をパタパタしてもダメでした。結局は厨房に侵入して卵を見つけてお願いしたのですが、フランスの鶏はクックラキッキーと鳴くのだそうです。

写真は見ての通り、スキーをバイクで引いてます。それも大人がシャンゼリーゼ通りでです。以前もこの写真を目にしたのですかが、ホテルの近くのお土産やさんでポストカードとして売られてましたのでご紹介します。1930年に写された写真です。

菅原 義正

[footer-sugawara]

Bookmark the permalink.

Comments are closed