No.0524 – Organisation Voice 2003/07/02


いよいよ7月です。梅雨も本格的で、自転車通勤の僕は、「雨に唄えば」を口ずさみながら走ってやってきました。「なかなか楽しいなあ、いいなあ。」と、何事も良いほうに考えることです。カッパのズボンと間違えて穿いてきたナイキのオーバーパンツったら、まったくの防水性ゼロで、下半身はびしょ濡れ!まあそんなことはいいのですが、今朝の日経のトップは「東ガス、シェルと火力発電。1000億円投資、 120万キロワット級、横浜に」だって。何事も良いほうに考えるという僕も、カリョクハツデン?!5年後?と考え込んでしまいました。いったい5年後のエネルギー市場をどのように読んだら、火力発電なんかに行き着くのでしょうか。そろそろ家庭用の燃料電池も発売され始めているってのになにを時代錯誤なことを!と思うのは僕だけでしょうか。首都圏の電力消費を低減させる工夫を、もっともっと考えなくてはいけないんじゃあないでしょうかねえ。自動車の排ガス規制も必要だけど。1000億使うなら、各家庭に家庭用燃料電池の設置と普及に費やしたら、排ガスはクリーンだし、技術的に現行では、水素直接充填ではなく、ガスを分解して水素を取り出すタイプだし、ガス需要は確保できるわけだし。このまま火力発電所なんてやっていたら、電力会社に価格対抗で、やられるのは分かっているし、CO2の問題だってやり玉に挙げられるのは自明の理なのになあ。僕は家庭用燃料電池を買うぞー!と思っています。まだ水素を直接充填するタイプのものではないのですが、TOYOTAが販売をはじめるそうですね。

さあ、いよいよTDN=NEモードです。「今年の北海道は、行っときなさいね。」です。ああ、7月。高山植物も咲き乱れ、十勝だけも大雪もお花畑だろーなあ。そうそう、知床半島にもイクデスヨ。カムイワッカの滝の温泉に外人さんがいっぱい入浴中だったですよ。へへ。


OVバックナンバー
Bookmark the permalink.

Comments are closed